自治医科大学ロゴ
自治医科大学整形外科
 Department of Orthopaedic Surgery,
 Jichi Medical University



〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL 0285-44-2111(代表)
FAX 0285-44-1301



【 主任教授 】 竹下 克志 / Katsushi Takeshita    【 出身大学 】 東京大学

主任教授:竹下 克志 【 経歴 】
1987年 東京大学医学部卒業
1987年 東京大学付属病院整形外科研修医
1999年 米国シンシナティ大学小児病院整形外科リサーチフェロー
2003年 米国ワシントン大学整形外科リサーチフェロー
2003年 米国コロラド大学ヘルスメディカルセンター整形外科リサーチフェロー
2004年 東京大学付属病院整形外科講師
2005年 JOA-AOA Traveling Fellow
2010年 SRS Traveling Fellow
2012年 東京大学医学部整形外科准教授
2014年 自治医科大学整形外科教授

【 専門分野(研究テーマ) 】
脊椎脊髄疾患、頚椎変性疾患、側弯症、運動器疼痛、アウトカム評価、画像解析

【 資格、所属学会など 】
Scoliosis Research Society、North American Spine Society、Cervical Spine Research Society、日本整形外科学会、 日本リハビリテーション医学会、日本脊椎脊髄病学会、東日本整形災害外科学会、関東整形災害外科学会、日本側弯症学会、 日本腰痛学会、日本運動器科学会、日本運動器疼痛学会、日本脊椎・脊髄神経手術手技学会、日本成人脊柱変形学会、 脊柱靭帯骨化症研究班 研究分担者、脳脊髄減少症の診断・治療法の確立に関する研究班 班長協力者、 一般財団法人運動器の10年・日本協会 理事、NPO法人いたみ医学研究情報センター 評議員、NPO日本脊柱変形協会 理事

▲ページTOPに戻る


【 自治医科大学とちぎ子ども医療センター 小児整形外科 教授 】 吉川 一郎 / Ichiro Kikkawa    【 出身大学 】 自治医科大学大学院

教授:吉川 一郎    整形外科という科は、人間の骨・筋・関節・神経(脊髄、末梢神経)・靭帯という体の大分を占める臓器障害の診療を担当しておりその守備範囲はかなり膨大であります。
ですからさまざまな個性、好みの医師に対応した魅力的な分野が必ず見つかるはずです。
北関東の医療を預かっている自治医科大学整形外科学教室は全国的規模からみますと小さな医局であります。
しかし、それゆえに若い一人一人の医師の力がそのまま医局の勢いとして反映されます。あなた方の存在がそのまま医局の力となります。
ぜひ、一緒にわれわれと仕事をしませんか?



【 経歴 】
自治医科大学卒業生として神奈川県の指定する県立の医療機関(厚木病院整形外科、煤ヶ谷診療所、中井やまゆり園、藤野診療所、三崎保健所、こども医療センター整形外科)で勤務し、卒業生としての義務を終了。
自治医科大学整形外科学教室入局(平成4年〜)
国際医療福祉大学准教授(平成10年〜14年)
自治医科大学整形外科学教室 講師(平成14年〜)
米国Emory University Spine Center, Atlanta Children’s Hospila に留学(平成15年から一年間)
同 准教授(平成19年)
自治医科大学とちぎ子ども医療センター 小児整形外科 学内教授(平成19年〜)
現在にいたる。

【 専門分野(研究テーマ) 】
小児脊椎疾患、小児股関節疾患、小児足部疾患、小児整形全般

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医、日本小児整形外科学会理事(2016〜2017)、日本小児整形外科学会監事(2018)、日本小児整形外科学会評議員、 日本小児整形外科学会 社会保険委員会委員長、日本小児整形外科学会 国際委員会委員、日本小児整形外科学会 学会ありかた委員会委員、 関東小児整形外科研究会幹事、日本側弯症学会 EOS(早期発症側弯症)委員会委員、日本小児股関節研究会 幹事、日本二分脊椎研究会 世話人、 日本運動器リハビリテーション学会 評議員

▲ページTOPに戻る



【 自治医科大学とちぎ子ども医療センター 小児整形外科 准教授 】 渡邉 英明 / Hideaki Watanabe    【 出身大学 】 自治医科大学

准教授:渡邉 英明    自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、日本では珍しく大学に併設しており、小児科、小児放射線科だけでなく、小児外科、小児心臓血管外科、小児泌尿器科、小児脳神経外科、小児耳鼻咽喉科、小児麻酔科など小児の内科系だけでなく外科系スタッフのほとんどがそろっているという特徴があります。
また、各科の壁がなく、各科にまたがった二分脊椎外来及びカンファなどがあり、各科が気軽に相談できるのも特徴です。
また当院の小児整形外科は、小児の股関節や足などの下肢だけでなく、肘などの上肢や脊椎など、小児の全身を診療するという全国的には珍しい特徴があります。
特に小児整形外科はなり手が少ないため、若手の育成に力を入れております。上下関係のあまりない、明るく元気な医局ですので、興味ある方は是非見学に来てください!
小児整形外科

【 経歴 】
1993年 国立仙台病院臨床研修(前期研修)
1995年 公立佐沼病院外科医員
1997年 自治医科大学整形外科臨床研修(後期研修)
1998年 涌谷町町民医療福祉センター整形外科医員
2002年 涌谷町町民医療福祉センター整形外科副科長
2003年 涌谷町町民医療福祉センター整形外科科長
2004年 神奈川県立こども医療センター整形外科研修医(国内留学)
2005年 自治医科大学整形外科臨床助手
2005年 自治医科大学整形外科病院助教
2005年 自治医科大学整形外科病院助教、自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科医員 兼務
2007年 自治医科大学整形外科助教、自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科医員 兼務
2009年 自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科助教、自治医科大学整形外科医員 兼務
2011年 自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科講師、自治医科大学整形外科医員 兼務
2015年 自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科講師、自治医科大学整形外科医員、自治医科大学付属病院リウマチセンター医員 兼務
2016年 自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科准教授、自治医科大学整形外科医員、自治医科大学付属病院リウマチセンター医員 兼務
2017年 自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科准教授、自治医科大学整形外科医員、自治医科大学付属病院リウマチセンター医員、自治医科大学とちぎ子ども医療センターリハビリテーション科医員 兼務

【 専門分野(研究テーマ) 】
小児整形外科、脊椎外科、微小血管外科、血液凝固線溶系

【 資格、所属学会など 】
資格:日本整形外科学会認定医、日本整形外科学会脊椎脊髄病認定医、温泉療法医、麻酔科標榜医
所属学会:日本整形外科学会、日本小児整形外科学会(評議員)、日本足の外科学会(評議員)、日本脊椎脊髄病学会、日本側弯症学会、日本マイクロサージャリー学会、日本バイオレオロジー学会、日本温泉気候物理学会、日本リハビリテーション学会、日本骨折治療学会、日本超音波医学会、関東整形災害外科学会、東日本整形災害学会(評議員)、日本小児股関節研究会、日本二分脊椎研究会、American Academy of Orthopaedis Surgeon (International member)、AO Spine member

▲ページTOPに戻る



【 准教授 】 木村 敦 / Atsushi Kimura    【 出身大学 】 自治医科大学

准教授:木村 敦    整形外科は専門領域が幅広く、様々な分野から最終的に自分に一番適した専門分野を選択することができます。
荷重やバランスといった人体の動きを最も考慮する診療科であり、基礎研究、臨床研究で解明すべき点が数多く残された分野でもあります。






【 経歴 】
1994年 自治医大卒業。自治医大と秋田大学で臨床研修
1996年−2002年 秋田県内の公的病院において整形外科医として勤務
2008年 カリフォルニア大学アーバイン校、神経外科、博士研究員
2009年 自治医大整形外科、助教
2012年 自治医大整形外科、講師
2015年 自治医大リハビリテーション科准教授
2018年 自治医大整形外科、准教授

【 専門分野(研究テーマ) 】
脊椎・脊髄外科、脊髄損傷の基礎的研究

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本脊椎脊髄病学会評議員、日本腰痛学会評議員、東日本整形災害外科学会評議員

▲ページTOPに戻る


【 講師 】 松村 福広 / Tomohiro Matsumura    【 出身大学 】 自治医科大学

講師:松村 福広    当院には多くの救急外傷患者さんが運ばれてきますので、骨盤寛骨臼骨折、開放骨折など大学ならではの骨折治療に携わる機会が多くあります。
また偽関節や粉砕が高度な関節内骨折などの難治骨折症例も積極的に受け入れ治療にあたっています。
そして治療方針としましては、難治骨折や重症骨折だけでなく一般的な骨折も含めすべての症例に対して、骨折治療の基本と言えるAO法をベースにした治療戦略で一貫してのぞんでいます。





【 経歴 】
1993年 香川県立中央病院
2004年 自治医科大学 整形外科
2014年 湘南鎌倉綜合病院 外傷センター
2016年 東京西徳洲会病院 外傷センター
2017年 自治医科大学 整形外科

【 専門分野(研究テーマ) 】
骨折治療

【 資格、所属学会など 】
AOTrauma Japan 理事、日本骨折治療学会 評議員、超音波骨折治療研究会 世話人、JABO 世話人、整形救急外傷シンポジウム(EOTS) 世話人、エンダー法セミナー 世話人

▲ページTOPに戻る


【 講師 】 遠藤 照顕 / Yuki Iijima    【 出身大学 】 自治医科大学

講師:遠藤 照顕 【 経歴 】
1995年 自治医科大学卒業

【 専門分野(研究テーマ) 】
脊椎外科

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医、医学博士


▲ページTOPに戻る


【 講師 】 井上 泰一 / Hirokazu Inoue    【 出身大学 】 山形大学

講師:井上 泰一 【 経歴 】
2000年 山形大学卒業
2008年 自治医科大学大学院卒業
2011年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学
2012年 新上三川病院勤務
2014年 自治医科大学リハビリテーション科 病院助教
2015年 稲波脊椎・関節病院 国内留学
2016年 自治医科大学講師


【 専門分野(研究テーマ) 】
脊椎・脊髄外科、脊椎内視鏡

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、医学博士

▲ページTOPに戻る


【 講師 】 菅原 亮 / Tomohiro Matsumura    【 出身大学 】 自治医科大学

講師:菅原 亮    主に脊椎疾患の診療を担当しております。
これまで行なってきた側弯症の臨床研究に加え、今後は様々な脊椎疾患の臨床研究を行っていきたいと思います。
皆様のお役に立てるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。







【 経歴 】
2003年 自治医科大学卒業
2014年 自治医大とちぎ子ども医療センター小児整形外科 病院助教

【 専門分野(研究テーマ) 】
脊椎外科、脊柱変形、小児整形

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会(専門医、脊椎脊髄病医)、日本脊椎脊髄病学会(指導医)、日本側弯症学会、日本小児整形外科学会

▲ページTOPに戻る


【 病院助教 】 飯島 裕生 / Yuki Iijima    【 出身大学 】 山形大学

病院助教:飯島 裕生    大学では主に肩肘疾患を扱っています。
肩や肘の障害では、スポーツ障害から加齢による変性疾患まで幅広い年齢層の患者さんが対象になります。
手術は関節鏡を用いたものが多くなっていますが、近隣の病院と連携してリハビリテーションによる保存治療に力を入れております。
学外活動では野球肘検診を2013年より開始しています。
栃木県高校野球連盟と提携して、病院の垣根を越えて県内の先生方と検診活動を行っています。
興味のある学生さんや研修医の先生方も是非とも検診で現場の声を直に聴いて貰えると大変勉強になると思います。


【 経歴 】
2004年 自治医科大学さいたま医療センター 初期研修
2014年 自治医科大学大学院卒業
2014年 自治医科大学附属病院整形外科
2015年 船橋整形外科病院 肩肘フェロー(平成28年3月まで)

【 専門分野(研究テーマ) 】
肩関節疾患(腱板断裂、変形性関節症、凍結肩、反復性肩関節脱臼、野球肩、RAなど)
肘関節疾患(野球肘、テニス肘、変形性関節症、RAなど)
凍結肩に対するDynamic MRIを用いた診断や関節授動術での治療などに力を入れております。また野球検診より県内広域に野球障害の予防や啓発活動を行っています。

【 資格、所属学会など 】
資格:日本整形外科専門医、医学博士、日本体育協会公認ドクター
所属学会:日本整形外科学会、日本肩関節学会、日本肘関節学会、日本膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS)、日本整形外科スポーツ医学会 (JOSSM)、日本運動器疼痛学会
その他:NPO法人 野球医療サポート栃木(MSBP-Tochigi) 理事長、栃木県サッカー協会 医事 副委員長

▲ページTOPに戻る


【 病院助教 】 高橋 恒存 / Tsuneari Takahashi    【 出身大学 】 自治医科大学

病院助教:高橋 恒存    今年度から膝・スポーツ整形外科を担当いたします。
自治医科大学を卒業後9年間地域医療に従事し、その後、膝関節スポーツ整形外科の修練のため4年間栃木県を離れて勉強してきました。
また、昨年度は膝関節外科に関する手術研修、画像解析研究、統計学的分析、生体力学的研究に従事してきました。
高齢化社会に伴う変性疾患の増加とスポーツ参画率の上昇という両面から膝関節外科、膝関節スポーツ整形外科診療を行っていきたいと考えております。



【 経歴 】
2004年 自治医科大学附属病院 臨床研修医
2006年 芳賀赤十字病院 整形外科
2008年 佐野市立氷室診療所
2009年 (公)地域医療振興協会 日光市民病院 整形外科
2013年 北海道大学大学院医学研究科 スポーツ医学分野
2016年 善衆会病院群馬スポーツ医学研究所 整形外科
2017年 Leeds Institute of Rheumatic and Musculoskeletal Medicine, University of Leeds. Visiting research fellow

【 専門分野(研究テーマ) 】
専門分野:膝関節外科、膝関節スポーツ整形外科
研究テーマ:@膝関節靭帯損傷に関する手術治療の生体力学的、組織学的研究、
               A膝関節靭帯再建術、人工膝関節置換術術後の画像解析

【 資格、所属学会など 】
資格:医学博士、日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会認定スポーツ医
所属学会:日本整形外科学会、日本膝・関節鏡・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS)、日本整形外科スポーツ医学会 (JOSSM)、日本運動器疼痛学会、Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society (APKASS)、European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy (ESSKA)、Orthopaedic Research Society (ORS)
その他:しもつけ膝を語る会世話人、白鴎大学ラグビー部メディカルスタッフ

▲ページTOPに戻る


【 病院助教 】 白石 康幸 / Yasuyuki Shiraishi    【 出身大学 】 浜松医科大学

病院助教:白石 康幸    自治医科大学の社会人大学院に在籍中です。
脊髄損傷治療の基礎研究を行いながら、大学病院では脊椎外科を専門に診療させていただいております。
臨床を行いながら研究する環境が整っており、充実した大学院生活を送っています。







【 経歴 】
2007年 浜松医科大学卒業
2009年 自治医科大学初期臨床研修終了
2009年 自治医科大学整形外科入局

【 専門分野(研究テーマ) 】
専門分野:脊椎外科
研究テーマ:脊髄損傷治療の基礎研究

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医

▲ページTOPに戻る


【 病院助教 】 西頭 知宏 / Tomohiro Saito    【 出身大学 】 自治医科大学

病院助教:西頭 知宏    肩・肘関節外科をメインに診療しております。
現在は、肩痛を起こす頻度の高い凍結肩や腱板断裂の診療とともに、痛みを起こすメカニズムについても研究をすすめています。
また、それぞれの関節専門医師と関節チームを作り、スポーツ障害についても障害予防を含め地域に出向いての活動も行っています。
よろしくお願い致します。




【 経歴 】
2007年 自治医科大学医学部卒業
2017年 自治医科大学整形外科入局

【 専門分野(研究テーマ) 】
肩・肘関節外科・スポーツ整形外科

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医、日本肩関節学会、JOSKAS、日本骨折治療学会、日本整形外科超音波学会

▲ページTOPに戻る


【 臨床助教 】 山村 麻由 / Mayu Yamamura

臨床助教:山村 麻由    ママさん整形外科医です。よろしくお願いします。

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会専門医、日本小児整形外科学会




▲ページTOPに戻る


【 シニアレジデント 】 中島 光晴 / Mitsuharu Nakashima    【 出身大学 】 自治医科大学

シニアレジデント:中島 光晴    大学卒業後9年間地域医療に従事し、H30年4月に入局させて頂きました。
外傷チームに所属しており、大学ならではの骨盤骨折などの重傷外傷を経験しています。
脊椎、関節、小児の専門の先生にも相談しやすく、充実した教育環境の中で診療しています。
大学病院ですが、地域医療のように患者さんに近い存在の医師を目指して日々努力して行こうと思います。






【 経歴 】
2009年 愛媛県立中央病院
2011年 西予市立野村病院
2013年 大洲市国民健康保険河辺診療所
2014年 愛媛県立中央病院
2015年 西予市民病院
2018年 自治医科大学整形外科入局

【 専門分野(研究テーマ) 】
外傷、一般整形

【 資格、所属学会など 】
資格:整形外科専門医
所属学会:日本整形外科学会、骨折治療学会

▲ページTOPに戻る


【 後期研修医 】 石原 和明 / Kazuaki Ishihara    【 出身大学 】 自治医科大学

後期研修医:石原 和明    もともと興味もありましたが、地域でも整形外科の患者さんは多く、総合診療科をしていても整形外科的主訴を見る機会は多数あり地域医療を通してさらに興味を持つようになった分野です。
ニーズも非常にあり、やりがいのある科だと思います。特に、きた時は動けない患者さんが、しっかり歩けるようになって帰してあげることは整形外科ではないとできないことです。
整形外科に進む方はもちろん総合診療科や地域医療に興味のある方もぜひ一度は研修をしてみてはどうでしょうか。





【 経歴 】
2013年3月 医学部卒業
2013年4月 県立宮崎病院 初期研修医
2015年4月 杵築市立山香病院 総合診療科
2016年4月 豊後大野市民病院 総合診療科
2018年4月 自治医科大学 整形外科 後期研修

【 専門分野(研究テーマ) 】
外傷チームで研修中

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会、骨粗鬆症学会

▲ページTOPに戻る


【 後期研修医 】 安藤 治朗 / Jiro Ando    【 出身大学 】 自治医科大学

後期研修医:安藤 治朗    皆さんこんにちは。北海道と栃木の地域での診療を経て、この度自治医科大学で研修させていただくこととなりました。
僻地では腰痛、膝痛、肩痛などの整形外科と関連した症状で受診する患者が最も多く、最もニーズの高い診療科であると自覚しました。
親身な診療を心がけ、患者様のニーズに少しでも答えられるよう努力してまいります。
よろしくお願いいたします。




【 経歴 】
2013年3月 自治医科大学卒
2013年4月 市立函館病院 初期研修医
2015年4月 芳賀赤十字病院 整形外科
2016年4月 上都賀総合病院 整形外科
2017年4月 町立厚岸病院 総合診療医
2018年4月 自治医科大学附属病院 整形外科

【 専門分野(研究テーマ) 】
整形外科一般、外傷

【 資格、所属学会など 】
BLSプロバイダー, PALS プロバイダー、JATEC プロバイダー、骨折治療学会、JOSKASなど

▲ページTOPに戻る


【 シニアレジデント 】 鈴木 貴大 / Takahiro Suzuki    【 出身大学 】 佐賀大学

シニアレジデント:鈴木 貴大    今年入局させていただきました鈴木貴大です。
実家が整骨院ということもあり、整形外科にはもともと興味がありました。
また自治医大には指導熱心な先生方がおり県外からの先生が来るような勉強会が開かれています。
他にも様々なイベント(BBQやヨガ、マラソンなど)があり日本全国の先生方、他職種の方と交流することが多くとても魅力的でした。
ぜひ整形外科を考えている学生や研修医の先生がいらしたら一度見学にきて、魅力を感じてください!




【 経歴 】
2016年 佐賀大学卒
2016年 自治医科大学初期研修
2018年 自治医科大学整形外科

【 専門分野(研究テーマ) 】
整形外科全般を学んでいます

【 資格、所属学会など 】
日本整形外科学会

▲ページTOPに戻る


Copyright Jichi Medical University All rights reserved.