とちぎ臨床試験推進

センター長挨拶

2007年度より我が国の施策として 「治験活性化5ヶ年計画」が開始され、 自治医科大学附属病院は全国30治験拠点医療機関の1つに採択されました。それに基づいて治験を含めた臨床試験を更に円滑に進めていくために 2008年4月より治験推進室を発展させる形で臨床試験センターを設立しました。

病気で苦しんでいる患者様が治癒するためには医薬品による治療を受ける必要が有ります。その医薬品は治験で有効性・安全性が確認され、国の承認を受けた後でないと使用出来ません。その治験を担っているのが患者様自身です。患者様の協力無くして治験は進みせん。患者様の協力があってこそ、新しい医薬品が世に送り出され、多くの患者様がその新しい医薬品の恩恵を受けることになります。我が国では治験の際に遵守すべきルールである「医薬品の臨床試験の実施に関する基準 (Good Clinical Practice、以下GCPと略)」により治験に参加している患者様の安全とプライバシーは厳格に守られています。

現在、臨床試験センターは総勢20名のスタッフで業務に当たっています。自治医科大学附属病院では治験推進室の時代から GCPに基づいた治験を行ってまいり、その実施率は年々上昇し、内容・質共に向上しています。そして2006年度からは医師主導による治験のサポート体制も始まっています。

今後さらに一層の発展を図り、患者様が一刻も早く、新しい薬の治療を受けられるように、治験の向上に貢献したいと考えております。

患者様にはこのホームページから先進的な治療の機会に関する情報を得て頂ければ嬉しく思います。ご興味をお持ちの治験がございましたら、是非とも、私どもにお気軽にご連絡下さい。

臨床試験センターを積極的にご利用頂けますようよろしくお願い申し上げます。

とちぎ臨床試験推進
(兼)アレルギー・リウマチ科 教授 吉尾 卓

  • 病院のご案内
  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科のご案内
  • 特殊有床診療部門のご案内
  • 中央施設部門のご案内
  • 各種部門のご案内

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ