病院のご案内
  1. トップページ
  2. 病院のご案内

病院のご案内

病院長あいさつ

病院長 佐田尚宏

自治医科大学附属病院は北関東・栃木県の基幹病院として、栃木県だけではなく茨城県西部、埼玉県北部を含む広い医療圏に質の高い高度急性期・急性期医療を提供しています。1974年設立の当院は医療の専門分化に伴い、徐々に診療科を追加し、高度医療を提供するセンターを設置してきました。2002年に新館、2006年とちぎ子ども医療センター、総合周産期母子医療センター、そして2018年には新館南棟を開設し、現在の許可病床数は1132床、診療科は46科を標榜しています。病院の母体である自治医科大学は、「医の倫理に徹し、かつ、高度な臨床的実力を有する医師を養成することを目的とし、併せて医学の進歩と、地域住民の福祉の向上を図ること」を理念として設立されました。その附属病院である当院は、

  1. 患者中心の医療
  2. 安全で質の高い医療
  3. 地域と連携する医療
  4. 地域医療に貢献する医療人の育成

の4点を理念として、地元栃木県の地域医療もしっかりと支えます。2016年3月に公表された栃木県の地域医療構想では、2025年問題を踏まえて、今後の医療提供体制整備には「医療機関の機能分担」と「連携」が強調されています。ひとつの医療機関で提供できる医療には限りがあります。そのため、当院では栃木県内を中心とした多くの連携病院にスタッフを派遣し、手術連携病院を組織し、自治医科大学関連病院群として、より多くの患者さんに質の高い均一な医療を提供できる体制を整えてきました。今後も「連携なくして機能分担はない」という信念の下、2016年9月に設置した患者サポートセンターを中心に地域医療連携の強化に努めます。

 2018年(1月~12月)の入院患者数は延べ318,450名、外来受診者数は延べ631,828名、手術件数は9,111件と、大変多くの方に受診いただきました。2018年4月に竣工しました新館南棟では、跡地利用も含め中央手術部手術室の6部屋増室、ICU(集中治療室)6床増床、HCU(高度治療室)16床新設、IVR(血管内カテーテル治療)センター新設、着実に高度急性期・急性期医療をより多く提供できる体制を整えつつあります。2017年1月からは先進的な低侵襲治療である経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)を実施しています。2018年12術式が追加保険収載されたロボット支援手術についても、従来実施している前立腺悪性腫瘍手術、腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術に加え、腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術、腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の2術式において県内他医療機関に先がけて施設基準を取得し、安全に実施しています。2019年度は外来化学療法センターの増床、救命救急センターハイブリッド初療室の設置などを行い、提供する医療の質の向上、拡充を図ります。

栃木県では、2018年に第7期保健医療計画が策定されました。その中では「継ぎ目のない」予防医学、医療、福祉、介護の連携体制構築の取り組みが求められます。当院では、より有効な連携構築のため、他の急性期基幹病院を含めた病院、診療所、地区医師会、行政と協力して栃木県の地域医療に貢献していきたいと考えています。今後とも引き続きご支援いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。