1. HOME
  2. 病院のご案内

病院のご案内

病院長あいさつ

病院長 佐田尚宏

自治医科大学附属病院は、北関東圏の高度急性期医療のリーダーとして、患者中心に安全で質の高い医療を提供するとともに、地域医療に貢献する医療人の育成を行ない、地域の医療機関と連携しながら地域医療をしっかりと支える病院です。1974年の開設後、医療の高度化、専門化に伴い、徐々に診療科を追加してきました。2002年には外科系を中心とした8病棟と救命救急センター、ICU、中央手術部を擁する新棟を建設しました。2006年にとちぎ子ども医療センター、総合周産期母子医療センターを開設し、現在の許可病床数は1132床、診療科は46科を標榜しています。病院の母体である自治医科大学は、「医の倫理に徹し、かつ、高度な臨床的実力を有する医師を養成することを目的とし、併せて医学の進歩と、地域住民の福祉の向上を図ること」を理念として1972年に設立されました。大学に2年遅れて設立された当院は、この建学の理念を栃木県で実践します。

自治医科大学附属病院の理念は

  1. (1)患者中心の医療
  2. (2)安全で質の高い医療
  3. (3)地域と連携する医療
  4. (4)地域医療に貢献する医療人の育成

の4点です。2015年に理念の一部記載を変更し、「患者中心に安全確実な医療を提供する」ことを明確にしました。この理念に基づき、高度かつ先進的な医療を安全に提供すべく、開かれた病院運営を行っています。2016年3月に公表された栃木県の地域医療構想では、2025年問題を踏まえて、今後の医療提供体制整備には「医療機関の機能分担」と「連携」が強調されています。ひとつの医療機関で提供できる医療には限りがあります。そのため、当院では栃木県内を中心に多くの連携病院にスタッフを派遣し、手術連携病院を組織し、自治医科大学関連病院群として、より多くの患者さんに質の高い均一な医療を提供できる体制を整えてきました。

2016年の入院患者数は延べ317,834名、外来受診者数は延べ646,807名と、大変多くの方に受診いただきました。2016年の手術件数は8,982件、2015年と比較して335件増加しました。現在、2018年10月開設を目標に新館南棟(仮称)の建設工事を進めています。新館南棟の開設により、手術室の6部屋増室、ICU(集中治療室)6床増床、HCU(高度治療室)20床新設、IVR(血管内カテーテル治療)センター新設などにより、高度急性期・急性期医療をより多く提供できる体制が整います。工事のために駐車場が減少しているため、ご不便かけて申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。栃木県では2035年まで医療需要は増加すると予測されています。増加割合は、それぞれの疾患により異なりますが、疾患毎に診療機能の拡充を図り、栃木県と周辺医療圏における医療需要増加の受け皿となるように努力していきます。また、医療の高度化にも積極的に対応しています。当院では、2014年9月から手術支援ロボット(da Vinci Si)を導入し、ロボット支援前立腺全摘術を90例以上安全に実施し、2015年3月からは腎部分切除術でもロボット支援手術を行っています。2017年1月からは先進的な低侵襲治療である経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)も開始しました。

栃木県では、2018年に第7期保健医療計画の策定が予定されています。その中では「継ぎ目のない」予防医学、医療、福祉、介護の連携体制構築の取り組みが求められます。当院では、有機的な連携構築のため、他の急性期基幹病院を含めた病院、診療所、地区医師会、行政と協力して栃木県の地域医療に貢献していきたいと考えています。今後とも引き続きご支援いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。


基本理念

当院の理念・基本方針のご紹介。

患者の皆様の権利・お願い

自治医科大学附属病院は「患者さまの権利」を尊重した医療を行います。

病院概要

当院の概要・沿革・統計資料のご紹介。

病院組織

当院の組織図の掲載しています。

指定医療機関/施設基準

当院は様々な指定医療機関・施設基準に指定されています。

先進医療

最も進んだ医療技術と一般の保険診療との調整を図る制度です。

外来施設のご案内

施設・各階のフロアマップのご案内。

アニュアルレポート

自治医科大学附属病院のアニュアルレポートをご覧いただくことができます。

病院指標(DPCデータ)

DPC調査データを用いた病院指標をご覧いただくことができます。

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ