臨床薬理センター[アニュアルレポート]

1.スタッフ(平成29年4月1日現在)

センター長 (教授) 今井  靖(兼)
室長 (講 師) 牛島健太郎
医員 (准教授) 相澤 健一(兼)
星出  聡(兼)

2.臨床薬理センター特徴

臨床薬理センター薬物治療支援室は、平成13年4月から専任医員1名および兼任医員4名(医学部薬理学講座臨床薬理学部門)で活動を開始し、臨床薬理学的知識に基づいた適正な薬物療法について、臨床各科からのコンサルテーションを受け、これに対し助言を与えている。主な内容は以下のものである。

  1. 臓器移植後の免疫抑制薬に関する治療薬物モニタリング(TDM)
  2. 妊婦・授乳婦に対する薬物情報の提供(主に産婦人科・精神科)
  3. 薬を用いた臨床研究計画申請書の事前審査
  4. 治験申請案件の事前審査

施設認定

認定医

日本内科学会総合内科専門医 今井  靖、他1名
日本循環器学会循環器専門医 今井  靖、他1名
日本不整脈学会不整脈専門医 今井  靖
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医 今井  靖

3.実績・クリニカルインディケーター

1)臓器移植後の免疫抑制薬に関するTDM

生体肝移植患者に対する免疫抑制薬のTDMコンサルテーションを行った。
32症例 280件

2) 妊婦・授乳婦に対する薬物情報の提供(産婦人科・精神科)

産婦人科および精神科からの妊産婦・授乳婦への薬物療法に関するコンサルテーションに対し助言を与えた。
54症例 129薬

3)薬を用いた臨床研究計画申請書の事前審査

大学疫学研究倫理審査委員会申請書のうち、薬に関する臨床研究申請書の事前審査を行った。
申請書数:16件

4)治験申請案件の事前審査

本院で行われる治験のヒアリングに参加し、臨床薬理学的立場から治験依頼者に対する質問等を行った。
プロトコール数:31件

4.2017年の目標・事業計画等

院内の薬物療法適正化のために適切な助言を与える。また、適正な薬物療法に関する初期研修医向け教育プログラムの構築に取り組む。

5.過去実績

2015年アニュアルレポート

2014年アニュアルレポート

2013年アニュアルレポート

2012年アニュアルレポート

2011年アニュアルレポート

2010年アニュアルレポート

2009年アニュアルレポート

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ