1. HOME
  2. とちぎ臨床試験推進
  3. 患者さまへ
  4. 「くすり」は未来に受け継がれていく財産

臨床試験センター

「くすり」は未来に受け継がれていく財産

  • 私たちはケガをしたり病気になると、「くすり」を飲んだり、使ったりします。
    「くすり」のお世話になったことのない人はおそらくいないでしょう。
  • 「くすり」による病気の治療や予防は、20世紀後半からめざましい進歩をとげており、それまで治らなかった病気も治るようになってきました。現在もたくさんの「くすり」が開発され、さまざまな病気の治療に使われています。
  • それでも、全ての病気が治るようになったわけではありません。病気を治すために、新しい「くすり」の誕生を待ち望んでいる患者さんたちがたくさんいます。
  • 今、あなたが使っている「くすり」は多くの過去の人たちの協力によって誕生したもので、いわば「先人からの贈り物」といえます。これから誕生する「くすり」は未来の(次の)世代へ受け継がれていく貴重な財産です。

「くすり」は私たちの生命、健康に直接かかわるものだから...。
一生おつきあいをしていくものだから...。

「くすり」についてもっと知ろうではありませんか? !

  • 病院のご案内
  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科のご案内
  • 特殊有床診療部門のご案内
  • 中央施設部門のご案内
  • 各種部門のご案内

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ