診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

専門研修プログラムのご案内

研修プログラムの目標としている医師像

「タフ」で「クローバル」な総合医を目指しています。

①内科専門研修プログラム(新専門医制度)
②総合診療専門研修プログラム(新専門医制度)
③老年病専門研修プログラム(新専門医制度)
④日本感染症学会認定研修施設
⑤日本病院会認定病院総合医育成プログラム
⑥日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医後期研修プログラムVer.2: SMC JMU大都市と地域で総合医を育てる後期研修プログラム(認定番号第015-087)(受け入れ終了)
約700KB
「SMC JMU大都市と地域で総合医を育てる後期研修プログラム」をご覧になりたい方は、PDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。
⑦自治医科大学附属さいたま医療センター「病院総合医(ホスピタリスト)」養成プログラム(認定番号第513-028)
約400KB
「自治医科大学附属さいたま医療センター「病院総合医(ホスピタリスト)」養成プログラム」をご覧になりたい方は、PDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。

カンファレンス・回診

1)チャート・ラウンド

日時 月曜日~木曜日 15時00分~または16時00分~
場所 南館6階カンファレンスルームまたは6B病棟カンファレンス室
内容 ① 新入院患者のフル・プレゼンテーションと回診
② 既入院患者のチャート・ラウンド
③ 治療方針の確認・検討
④ 病状説明内容の確認

2)Takeoverカンファレンス

日時 金曜日、15時00分~16時00分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 週末の治療方針の引き継ぎ
② 週末急変時対応の確認

3)病棟多職種カンファレンス

日時 金曜日、13時40分~14時30分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 看護師、MSW、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語治療士との症例検討
② Inter Professional Working (IPW)の実践
③ 問題点(特に、家族、社会的、経済的、心理的問題)の抽出
④ 治療方針の周知
⑤ 退院療養計画の立案(外来、介護、転院先、処方)

4)ミニ・レクチャーとACP Journal Club,MKSAP18

日時 火曜日、13時30分
場所 南館6階カンファレンス室
担当 福地、菅原
内容 ACP Journal Clubの輪読、MKSAP18、総合診療に関連したミニ・レクチャー
① EBM, ACP Journal Clubとは?埋没知とは?
② 総合医の役割、総合診療科の特徴
③ 検査前確率、尤度比、検査後確率
④ RR, RRR, ARR, NNT
⑤ 鑑別診断の考え方(System 1, 2, 3)
⑥ Epley法実技、Modified Valsalva実技
⑦ 文献検索の方法(MESH, Clinical Queries)
⑧ 文献管理(Mendeley, Google Scholar)
⑨ サルコペニア、ロコモティブ症候群、フレイル、老年症候群
⑩ ポリファーマシー
⑪ がん社会を診る、エンド・オブ・ライフケア

5)抗菌薬レクチャー

日時 毎週水曜日、午後
場所 南館6階カンファレンス室
担当 福地
内容 抗菌薬の使い方

6)外来カンファレンス

日時 水曜日、12時00~12時30分
場所 南館6B病棟カンファレンス室
担当 山下
内容 ① 外来対応スキルアップにつながる症例提示とディスカッション
② 臨床推論に適する症例のプレゼンテーションおよび推論
③ 外来症例の振り返り、コンサルテーション

6)ACP Journal Club

日時 火曜日、13時30分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① ACP Journal Clubの輪読
② 討議
③ 「Facebook(自治医大さいたま医療センター総合診療科)」に掲載

7)ミニレクチャー1

日時 火曜日、13時30分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 総合診療に関連したミニレクチャー
② EBM, ACP Journal Clubとは?、埋没知、総合医の役割、総合診療科の特徴、検査前確率、尤度比、検査後確率、RR、RRR、ARR、NNT、鑑別診断の考え方、Epley法実技、Modified Valsalva実技、文献検索の方法(MESH、Clinical Queries)、文献管理(Mendeley、Google Scholar)、サルコペニア、ロコモティブ症候群、フレイル、老年症候群、ポリファーマシー、がん社会を診る、エンド・オブ・ライフケア

8)MKSAP18 Club

日時 火曜日、14時15分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① ACP発行のMedical Knowledge Self-Assessment Program(MKSAP18)の勉強会

9)ミニレクチャー2

日時 水曜日不定期
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 抗菌薬の使い方
② 感染症治療の考え方

10)Journal Club

日時 月曜日、08時15分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 医学論文の抄読会
② 臨床推論
③ 「Facebook(自治医大さいたま医療センター総合診療科)」に掲載

11) 総合回診:総合医学1のGround Conference

日時 水曜日、16時00分
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 症例報告と討論
② 総合診療力を磨く「40」の症候・症例カンファレンス http://www.nankodo.co.jp/g/g9784524267378/
③ 「m3.com」の研修医最前線に掲載

12) 南館6階A・B病棟合同カンファレンス

日時 水曜日、08時00分(Fujimoto教授来学時)
場所 南館6階カンファレンス室
内容 ① 内科系病棟(血液内科、腎臓内科、リウマチ膠原病科、総合診療科、呼吸器科、内分泌代謝科)
合同症例検討会
② English presentation

研究実績

Case Reportを積極的に発表している。Case Report 15編がInternal Medicine、Journal of General and Family Medicine、International Journal of Infectious Disease、BMJ Case Reports、International Journal of Dermatology、Modern Rheumatology Case Reports、Clinical Case Reports、European Journal of Internal Medicineに掲載された。

臨床検査の極端値を示す症例の臨床像(菅原、石井、渡辺、福地)の研究「臨床検査での超極端値と短期的予後との関連性-横断的縦断的解析とその臨床的意義-」(科研費基盤研究(C)(菅原))の研究成果報告書を提出した。随時血糖 (≧500 mg/dL)と72時間後転帰に関する研究論文がMedicine、C-reactive protein (≧40 mg/dL)と72時間後転帰に関する研究論文がPLOS ONE、Aspartate aminotransferase (≧3,000 U/L)と72時間後転帰に関する研究論文がScientific Reportsに掲載された。

その他の研究成果を日本内科学会関東地方会、日本感染症学会西日本地方学術集会、ID week 2020において発表した。Letter to Editor 5編がInternal Medicineに掲載された。


学会活動

2022年

論文

  1. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Malar rash with pancytopenia. Eur J Intern Med. 2022 Jul 4:S0953-6205(22)00240-0. doi: 10.1016/j.ejim.2022.06.021. Epub ahead of print. PMID: 35798590
  2. Watanabe T, Yamashita T, Sugawara H. Epstein-Barr Virus Dacryoadenitis in a Young Woman. Intern Med. 2022;61(10):1629. doi: 10.2169/internalmedicine.8004-21. Epub 2022 May 15. PMID: 35569929; PMCID: PMC9177378.
  3. Yoshihara H, Kurihara I, Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Subcutaneous Chest Abscess Caused by Candida albicans Infection Following Laparoscopic Cholecystectomy in an Immunocompetent Patient: A Case Report. Cureus. 2022 Apr 28;14(4):e24573. doi: 10.7759/cureus.24573. PMID: 35664401; PMCID: PMC9148386.
  4. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Abdominal Muscle Fasciculations and Amyotrophic Lateral Sclerosis Diagnosis in a Patient Unable to Perform Sit-Ups. Cureus. 2022 Mar 25;14(3):e23498. doi: 10.7759/cureus.23498. PMID: 35494912; PMCID: PMC9038599.
  5. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Cerebral venous thrombosis: MRI for cerebral infarctions that cannot be diagnosed without doubt. Korean J Intern Med. 2022 May 6. doi: 10.3904/kjim.2022.091. Epub ahead of print. PMID: 35526857.
  6. Kitagawa K, Arima H, Yamamoto Y, Ueda S, Rakugi H, Kohro T, Yonemoto K, Matsumoto M, Saruta T, Shimada K; Recurrent Stroke Prevention Clinical Outcome (RESPECT) Study Group. Intensive or standard blood pressure control in patients with a history of ischemic stroke: RESPECT post hoc analysis. Hypertens Res. 2022 Apr;45(4):591-601. doi: 10.1038/s41440-022-00862-y. Epub 2022 Mar 4. PMID: 35241817.
  7. Hirata M, Fukuchi T, Sugawara H. Trajectory of SARS-CoV-2 anti-S IgG levels following transfusion and a third dose of BNT162b2 vaccine in a patient with massive postoperative bleeding: A case report. Int J Infect Dis. 2022 Feb 24;118:138-140. doi: 10.1016/j.ijid.2022.02.042. Epub ahead of print. PMID: 35219885; PMCID: PMC8866168
  8. Hori H, Sugawara H. Application of Point-of-Care Ultrasound Scanning for the Diagnosis of Perianal Abscess. Cureus. 2022 Jan 26;14(1):e21622. doi: 10.7759/cureus.21622. PMID: 35233306; PMCID: PMC8881235.
  9. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. A case of acute longus colli tendinitis: an inflammatory disease that causes sudden neck pain and backward neck bending difficulty. Oxf Med Case Reports. 2022 Feb 19;2022(2):omac009. doi: 10.1093/omcr/omac009. PMID: 35198229; PMCID: PMC8858386
  10. Kurihara I, Hirai K, Ookawara S, Tanaka A, Kenzaka T, Sugawara H. An Autopsy Case of Nonocclusive Mesenteric Ischemia with Bilateral Renal Artery Vasoconstriction. Am J Case Rep. 2022 Feb 2;23:e934688. doi: 10.12659/AJCR.934688. PMID: 35105849.

2021年

論文

  1. 吉原花子, 堀 博志, 福地貴彦, 菅原 斉. 新型コロナウイルス感染症診療でみえた急性期医療機関における高齢者医療の諸問題. 老年内科 2021;4(6):552-557
  2. Kawamura A, Sugawara H, Fukuchi T, Tanaka A. Multidrug Antibiotic Therapy for a Non-Human Immunodeficiency Virus-Infected Patient With Clarithromycin-Resistant Disseminated Mycobacterium avium Complex Disease. Cureus. 2021 Oct 22;13(10):e18967. doi: 10.7759/cureus.18967. PMID: 34815908; PMCID: PMC8606041.
  3. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. "Comb and Target signs" in abdominal CT in patients with purpura. Eur J Intern Med. 2021 Oct 21:S0953-6205(21)00341-1. doi: 10.1016/j.ejim.2021.10.011. Epub ahead of print. PMID: 34690056.
  4. Hori H, Fukuchi T, Sanui M, Moriya T, Sugawara H. Comprehensive infection control measures prevent hospital-acquired severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 infection: A single-center prospective cohort study and seroprevalence survey. PLoS One. 2021 Oct 11;16(10):e0257513. doi: 10.1371/journal.pone.0257513. PMID: 34634076; PMCID: PMC8504754.
  5. Kurihara I, Fukuchi T, Yoshihara H, Sakakura K, Sugawara H. Egg-shaped aortic thrombi associated with COVID-19. J Gen Fam Med. 2021 Aug 22:10.1002/jgf2.491. doi: 10.1002/jgf2.491. Epub ahead of print. PMID: 34909365; PMCID: PMC8657516.
  6. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Prolapse of the Urinary Bladder into the Groin: a Case of Inguinal Bladder Hernia. J Gen Intern Med. 2021 Oct;36(10):3224-3225. doi: 10.1007/s11606-021-07039-2. Epub 2021 Aug 2. PMID: 34341918; PMCID: PMC8481524.
  7. Kurihara I, Yoshida K, Fukuchi T, Sugawara H. Native mitral valve infective endocarditis caused by Staphylococcus warneri: A case-based review. Clin Case Rep. 2021 Jul 21;9(7):e04476. doi: 10.1002/ccr3.4476. PMID: 34306691; PMCID: PMC8294046.
  8. Fukuchi T, Sugawara H. Endocarditis Caused by Zoonotic Pathogens and Antiphospholipid Syndrome Are Possible Differential Diagnoses. Intern Med. 2021 Nov 15;60(22):3659. doi: 10.2169/internalmedicine.7344-21. Epub 2021 May 14. PMID: 33994441; PMCID: PMC8666204.
  9. Kubota Y, Hori H, Sugawara H. A Case of Wernicke Encephalopathy with Frozen Eyes. Intern Med. 2021 Sep 15;60(18):3053. doi: 10.2169/internalmedicine.6907-20. Epub 2021 Mar 29. PMID: 33776009; PMCID: PMC8502661.
  10. Saito K, Sugawara H, Ichihara K, Watanabe T, Ishii A, Fukuchi T. Prediction of 72-hour mortality in patients with extremely high serum C-reactive protein levels using a novel weighted average of risk scores. PLoS One. 2021 Feb 19;16(2):e0246259. doi: 10.1371/journal.pone.0246259. PMID: 33606735; PMCID: PMC7894915.
  11. Watanabe T, Sugawara H, Saito K, Ishii A, Fukuchi T, Omoto K. Predicting 72-h mortality in patients with extremely high random plasma glucose levels: A case-controlled cross-sectional study. Medicine (Baltimore). 2021 Jan 29;100(4):e24510. doi: 10.1097/MD.0000000000024510. PMID: 33530277; PMCID: PMC7850777.
  12. Saito K, Sugawara H, Watanabe T, Ishii A, Fukuchi T. A retrospective cross-sectional study for predicting 72-h mortality in patients with serum aspartate aminotransferase levels >3000 U/L. Sci Rep. 2021 Jan 12;11(1):800. doi: 10.1038/s41598-020-79435-3. PMID: 33436713; PMCID: PMC7804105.
  13. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Anticoagulant Therapy for Frail Patients with Atrial Fibrillation. Intern Med. 2021;60(4):495-506. doi: 10.2169/internalmedicine.6077-20. Epub 2021 Feb 15. PMID: 33583930; PMCID: PMC7946517.
  14. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Chronic urticaria with inflammation. Eur J Intern Med. 2021 Jan;83:84-85. doi: 10.1016/j.ejim.2020.11.006. Epub 2020 Nov 15. PMID: 33208298.
  15. Yukihira N, Hori H, Yamashita T, Kawamura A, Fukuchi T, Sugawara H. Spontaneous Pyogenic Spondylitis and Possible Infective Endocarditis Caused by Aggregatibacter actinomycetemcomitans. Intern Med. 2021 May 15;60(10):1621-1625. doi: 10.2169/internalmedicine.5103-20. Epub 2020 Dec 15. PMID: 33328398.
  16. Saito K, Sugawara H, Ichihara K, Watanabe T, Ishii A, Fukuchi T. Prediction of 72-hour mortality in patients with extremely high serum C-reactive protein levels using a novel weighted average of risk scores. PLoS One. 2021 Feb 19;16(2):e0246259. doi: 10.1371/journal.pone.0246259. PMID: 33606735; PMCID: PMC7894915.
  17. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Anticoagulant Therapy for Frail Patients with Atrial Fibrillation. Intern Med. 2021;60(4):495-506. doi: 10.2169/internalmedicine.6077-20. Epub 2021 Feb 15. PMID: 33583930.
  18. Watanabe T, Sugawara H, Saito K, Ishii A, Fukuchi T, Omoto K. Predicting 72-h mortality in patients with extremely high random plasma glucose levels: A case-controlled cross-sectional study. Medicine (Baltimore). 2021 Jan 29;100(4):e24510. doi: 10.1097/MD.0000000000024510. PMID: 33530277; PMCID: PMC7850777.
  19. Saito K, Sugawara H, Watanabe T, Ishii A, Fukuchi T. A retrospective cross-sectional study for predicting 72-h mortality in patients with serum aspartate aminotransferase levels >3000 U/L. Sci Rep. 2021 Jan 12;11(1):800. doi: 10.1038/s41598-020-79435-3. PMID: 33436713; PMCID: PMC7804105.

学会発表

  1. Haruka Fujioka, Keishiro Sueda, Hitoshi Sugawara: Diffuse alveolar hemorrhage associated with idiopathic pulmonary hemosiderosis. Society of General Internal Medicine (SGIM) 2021 Annual Meeting. Boston, April 21, 2021 (Virtual Meeting)
  2. Hiroki Shiba, Keishiro Sueda, Hitoshi Sugawara: Staphylococcus aureus bacteremia and systemic lupus erythematosus. Society of General Internal Medicine (SGIM) 2021 Annual Meeting. Boston, April 21, 2021 (Virtual Meeting)
  3. 渡辺珠美,山下武志,吉原花子,菅原 斉:急性涙腺炎で診断に至った伝染性単核球症の1例.第95回日本感染症学会学術講演会,横浜,2021年5月7日 (P-0131)
  4. Yoko Matsumoto, Ai Kawamura, Ibuki Kurihara, Hiroshi Hori, Michiko Adachi, Takeshi Yamashita, Tamami Watanabe, Hanako Yoshihara, Akira Ishii, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara. Home-visit nursing care to prevent the infectious diseases for an alcoholic patient living alone. 第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 International session, 福岡, 2021年5月22日 (Virtual Meeting)
  5. Ai Kawamura, Takeshi Yamashita, Hiroshi Hori, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara. Adult Still's Disease Diagnosed at Age 90. ACP Japan 2021, Kyoto, June 26, 2021 (Virtual Meeting)
  6. 吉原花子,堀 博志,福地貴彦.新型コロナウイルス感染症の急性期病院での対応と課題.委員会企画1(新型コロナウイルス対策チーム)コロナ禍における高齢者対策ー老年医学の役割ー第63回日本老年医学会学術集会講演抄録集p122,名古屋,2021年6月11日
  7. 平田 まりの,栗原 維吹,末田 敬志朗,石井 彰,福地 貴彦,菅原 斉.3回目のリンパ節生検で診断した播種性Mycobacterium abscessus subsp.massiliense感染症の1例.第671回日本内科学会関東地方会,東京、2021年9月12日(日本内科学会関東地方会671回演題要旨135, 2021)
  8. 栗原維吹, 吉原花子、福地貴彦、菅原 斉:COVID-19患者における高流量酸素療法および人工呼吸管理を要するリスク因子の検討. 第91回日本感染症学会西日本地方学術集会 第64回日本感染症学会中日本地方学術集会 第69回日本化学療法学会西日本支部総会 合同開催,岐阜長良川,2021年11月6日(プログラム・抄録集p254,演題O-123)
  9. 関口詩織,福地貴彦,菅原 斉,川村俊人,三崎柚季子:59.1,000/ μL以上のCD4 リンパ球細胞数のHIV 陽性ホジキンリンパ腫のBV 併用AVD 療法中に発症したニューモシスチス肺炎の1 例.第674回日本内科学会関東地方会,東京、2021年12月11日(日本内科学会関東地方会674回演題要旨59, 2021)
  10. 阪口百佳,平田まりの,青野仁美,栗原維吹,末田敬志朗,川村 愛,山下武志,福地貴彦,菅原 斉,新井優希:腎移植後で免疫抑制薬内服中に発症した播種性皮膚Mycobacterium chelonae 感染症の1 例.第674回日本内科学会関東地方会,東京、2021年12月11日(日本内科学会関東地方会674回演題要旨61, 2021):第674回関東地方会 奨励賞・指導医賞受賞

2020年

論文

  1. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Chronic urticaria with inflammation. Eur J Intern Med. 2021 Jan;83:84-85. doi: 10.1016/j.ejim.2020.11.006. Epub 2020 Nov 15. PMID: 33208298.
  2. Yukihira N, Hori H, Yamashita T, Kawamura A, Fukuchi T, Sugawara H. Spontaneous Pyogenic Spondylitis and Possible Infective Endocarditis Caused by Aggregatibacter actinomycetemcomitans. Intern Med. 2020 Dec 15. doi: 10.2169/internalmedicine.5103-20. Epub ahead of print. PMID: 33328398.
  3. Hori H, Yabe H, Fukuchi T, Sugawara H. A woman with adult-onset Still's disease and acute intestinal pseudo-obstruction. Clin Case Rep. 2020 Nov 5;9(1):153-157. doi: 10.1002/ccr3.3488. PMID: 33489152; PMCID: PMC7813055.
  4. Mogi M, Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. "Tree-in-bud" opacities with false-positive Gaffky score and diffuse aspiration bronchiolitis. J Gen Fam Med. 2020 Sep 16;21(6):277-279. doi: 10.1002/jgf2.374. PMID: 33304728; PMCID: PMC7689222.
  5. Fukuchi T, Sugawara H. Additional Bacteriological Examinations Might be Required for the Correct Identification of Staphylococcus warneri. Intern Med. 2021 Mar 1;60(5):821. doi: 10.2169/internalmedicine.5675-20. Epub 2020 Sep 30. PMID: 32999236.
  6. Taniguchi J, Sugawara H, Yamada H, Yoshida K, Kurihara I, Yoshida M, Ishii A, Fukuchi T, Fujimoto WY. Adrenal crisis precipitated by influenza A led to the diagnosis of Sheehan's syndrome 18 years after postpartum hemorrhage. Clin Case Rep. 2020 Sep 18;8(12):3082-3087. doi: 10.1002/ccr3.3355. PMID: 33363885; PMCID: PMC7752366.
  7. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Point-of-care ultrasound for prompt diagnosis and treatment monitoring of acute epiglottitis. J Gen Fam Med. 2020 Sep 13;22(1):51-52. doi: 10.1002/jgf2.373. PMID: 33457158; PMCID: PMC7796791.
  8. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. The effectiveness of transcutaneous cervical ultrasonography for diagnosing peritonsillar abscess in a patient complaining of sore throat. J Gen Fam Med. 2020 Aug 27;22(1):47-48. doi: 10.1002/jgf2.364. PMID: 33457156; PMCID: PMC7796778.
  9. Hori H, Ozeki Y, Kobashigawa T, Futsuhara K, Tanaka A, Watanabe E, Yabe H, Yago T, Fukuchi T, Sugawara H, Kotake S. Presence of anti-transcriptional intermediary factor-1 gamma antibodies in a dermatomyositis patient with retroperitoneal cancer of unknown primary site. Mod Rheumatol Case Rep. 2021 Jan;5(1):62-68. doi: 10.1080/24725625.2020.1789302. Epub 2020 Jul 9. PMID: 33269651.
  10. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Refractory aphthae in the epiglottis and supraglottic area due to Crohn's disease. J Gen Fam Med. 2020 Jun 28;21(6):272-273. doi: 10.1002/jgf2.356. PMID: 33304726; PMCID: PMC7689220.
  11. Demitsu T, Jinbu Y, Yabe H, Yamada T, Kawase M, Kakurai M, Umemoto N, Tanaka A, Sugawara H. Verrucous lupus erythematosus localized to the oral mucosa and fingers rapidly progressed to systemic lupus erythematosus followed by fatal invasive aspergillosis. Int J Dermatol. 2020 Dec;59(12):e445-e447. doi: 10.1111/ijd.15016. Epub 2020 Jun 23. PMID: 32578193.
  12. Hori H, Kobashigawa T, Fukuchi T, Sugawara H. Giant cell arteritis manifested by chronic dry cough. BMJ Case Rep. 2020 Jun 21;13(6):e234734. doi: 10.1136/bcr-2020-234734. PMID: 32565438; PMCID: PMC7307544.
  13. Hori H, Yoshihara H, Fukuchi T, Sugawara H. Importance of actively suspecting intracranial hypotension with diagnostic imaging prior to lumbar puncture. J Gen Fam Med. 2020 May 14;21(5):195-196. doi: 10.1002/jgf2.329. PMID: 33014673; PMCID: PMC7521789.
  14. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. At-a-glance diagnosis of postherpetic abdominal pseudohernia. Int J Infect Dis. 2020 Jun;95:371-372. doi: 10.1016/j.ijid.2020.03.079. Epub 2020 Apr 9. PMID: 32278936.
  15. Kurihara I, Kashiura M, Moriya T, Sugawara H. Sternal osteomyelitis and infective endocarditis after old trivial chest trauma in untreated diabetes mellitus: A case report. J Gen Fam Med. 2020 Jun 7;21(5):188-190. doi: 10.1002/jgf2.347. PMID: 33014670; PMCID: PMC7521787.
  16. Hori H, Fukuchi T, Sugawara H. Fat ring sign and tumoral pseudocapsule sign in idiopathic mesenteric panniculitis complicated by protein-losing enteropathy. J Gen Fam Med. 2020 Apr 4;21(4):157-158. doi: 10.1002/jgf2.318. PMID: 32742909; PMCID: PMC7388662.
  17. Fukuchi T, Sugawara H. Were Additional Treatments Affecting the Pharmacokinetics Administered after Raltegravir Overdosing? Intern Med. 2020 May 15;59(10):1341. doi: 10.2169/internalmedicine.4246-19. Epub 2020 Feb 19. PMID: 32074580; PMCID: PMC7303457.
  18. Fukuchi T, Sugawara H. Praziquantel Could Be the Appropriate Choice for the Diagnostic Treatment of Schistosomiasis. Intern Med. 2020 Mar 15;59(6):881. doi: 10.2169/internalmedicine.3758-19. Epub 2019 Nov 22. PMID: 31761887; PMCID: PMC7118371.
  19. Fukuchi T, Sugawara H. Early Operation and Establishment of an Endocarditis Team. Intern Med. 2020 Feb 1;59(3):467. doi: 10.2169/internalmedicine.3664-19. Epub 2019 Sep 18. PMID: 31534093; PMCID: PMC7028399.
  20. Fukuchi T, Sugawara H. Initial Narrow- or Broad-spectrum Treatment for Meningoencephalitis. Intern Med. 2020 Feb 1;59(3):463. doi: 10.2169/internalmedicine.3249-19. Epub 2019 Sep 18. PMID: 31534085; PMCID: PMC7028416.
  21. Fukuchi T, Sugawara H. Rapid Progression of Cardiobacterium Endocarditis. Intern Med. 2020 Jan 1;59(1):149. doi: 10.2169/internalmedicine.3077-19. Epub 2019 Sep 3. PMID: 31484906; PMCID: PMC6995724.

学会発表

  1. 菅原 ⻫, ⻫藤 開,渡辺 珠美,中村 ⾹代⼦,⽯井 彰,福地 貴彦.:臨床検査データベースの⼆次利⽤による極端外れ⾼値と72時間転帰に関する研究. 第57回埼玉県医学会総会,さいたま,2020年2月23日
  2. 吉原花子, 髙嶋紗衣, 堀博 志, 渡辺珠美, 菅原 斉.:前立腺癌多発転移に感染性動脈瘤を併発したが,高度急性期病院 からすみやかに在宅看取りへ退院調整した高齢者の1例.第71回日本老年医学会関東甲信越地方会, 東京, 2020年3月7日(演題番号32)
  3. 福地貴彦, 吉原花子, 栗原維吹, 菅原 斉:スコアリングは個室隔離およびRT-PCR提出のふるい分けに関して有用である.第69回日本感染症学会東日本地方学術集会 第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2020,東京,2020年10月26日(プログラム・抄録集p152,演題22)
  4. 川村 愛,渡辺珠美, 菅原 斉:ひきこもりが背景にあるStreptococcus sanguisによる感染性心内膜炎の1例.第69回日本感染症学会東日本地方学術集会 第67回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2020,東京,2020年10月26日(プログラム・抄録集p154,演題27)
  5. Hanako Yoshihara, Ibuki Kurihara, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: Association of the predictive risk scores of CALL points and COVID-GRAM with IL-6, duration of oxygen therapy, D-dimer among patients with COVID-19. Open Forum Infectious Diseases 7 (Supple 1) S324, 2020 (IDWeek2020), Virtual Meeting, October 21, 2020 (Poster Session 517)
  6. 南 亮悟,栗原 維吹,川村 愛,福地 貴彦,菅原 斉:腎膿瘍を合併した気腫性膀胱炎の1例.第664回日本内科学会関東地方会,東京,2020年11月14日(日本内科学会関東地方会664回演題要旨41, 2020)
  7. 齊藤 亜実,福岡 なつみ,川村 愛,福地 貴彦,菅原 斉:骨髄癌腫症が疑われ、急速な転帰で死亡に至った肺癌の剖検例.第664回日本内科学会関東地方会,東京,2020年11月14日(日本内科学会関東地方会664回演題要旨78, 2020)
  8. 川村愛, 菅原 斉:齲歯の自己処置を契機にPrevotella buccaeによる口腔底・下顎蜂巣炎に至った一例.スケーリング歯肉炎. 第90回日本感染症学会西日本地方学術集会 第63回日本感染症学会中日本地方学術集会 第68回日本化学療法学会西日本支部総会 合同開催,福岡,2020年11月6日
  9. 栗原維吹, 吉原花子, 福地貴彦, 坂倉建一, 菅原 斉:多発動静脈血栓で発症したCOVID-19の1例.第90回日本感染症学会西日本地方学術集会 第63回日本感染症学会中日本地方学術集会 第68回日本化学療法学会西日本支部総会 合同開催,福岡,2020年11月6日

2019年

論文

  1. Fukuchi, T., Sugawara, H. Praziquantel Could be the Appropriate Choice for Diagnostic Treatment of Schistosomiasis. Internal Medicine 2020 [Advance publication] Released: November 22, 2019 DOI
    https://doi.org/10.2169/internalmedicine.3758-19
  2. Fukuchi, T., Sugawara, H. Early Operation and Establishment of an Endocarditis Team. Internal Med 2020 Volume 59 Issue 3 467 doi.org/10.2169/internalmedicine.3664-19
  3. Fukuchi, T., Sugawara, H. Initial Narrow- or Broad-Spectrum Treatment for Meningoencephalitis. Internal Med 2020 Volume 59 Issue 3 463 doi.org/10.2169/internalmedicine.3249-19
  4. Fukuchi, T., Sugawara, H. Rapid Progression of Cardiobacterium Endocarditis. Internal Med 2020 Volume 59 Issue 1 149 doi.org/10.2169/internalmedicine.3077-19
  5. Takahiko Fukuchi, Nobue Yanagihara, Koichi Imaoka, Hitoshi Sugawara. Imported brucellosis in the era of dramatically increasing immigrants and foreign travelers from endemic areas: occupational hazards of secondary infection among laboratory technicians in a nonendemic country. International Medical Case Reports Journal 2019;12:313-317, DOI 10.2147/IMCRJ.S224831
  6. Fukuchi, T., Sugawara, H. Why Did the Patient not Show any Neurological Symptoms on the Day of the Higher Serum Concentration of Ceftriaxone? Intern Med 2019 Volume 58 Issue 24 3615 doi.org/10.2169/internalmedicine.3293-19
  7. Fukuchi, T., Sugawara, H. Cooperation among Gastroenterological, Pathological and Microbiological Departments is Needed to Avoid the Misdiagnosis of Intestinal Tuberculosis as Inflammatory Bowel Disease. Intern Med. 2019, [Advance publication] doi.org/10.2169/internalmedicine.3363-19, Internal Medicine Vol.58, No. 23, 2019
  8. Fukuchi, T., Sugawara, H. Did Acute Kidney Injury and/or Tuberculosis Kill the Patients? Intern Med. 2019 doi.org/10.2169/internalmedicine.3195-19, Internal Medicine Vol.58, No. 23, 2019
  9. Yoshida, K., Kurihara I., Fukuchi, T., and Sugawara, H. Acute splenic infarction presenting as an unusual manifestation of essential thrombocythemia with normal platelet count. BMJ Case Reports 2019;12:e229387. doi:10. 1136/bcr-2019-229387
  10. Watanabe, E., Tanaka, A., Sugawara, H., Nishina, K., Yaba, H., Gono, T., and Terai, C. Unclassified Vasculitis with Episcleritis, Thrombophlebitis, Deep Vein Thrombosis, Pulmonary Vasculitis, and Intracranial Vasculitis: An Autopsy Case Report. American Journal of Case Reports 2019; 20:886-895, DOI: 10.12659/AJCR.915527
  11. Fukuchi, T., Sugawara, H. Should Less Invasive Treatment Options, Such as Vitrectomy, Be Considered for Endogenous Bacterial Endophthalmitis? Intern Med 58, 2775, 2019, PMID: 31178518
  12. Fukuchi, T., Sugawara, H. Infection of Helicobacter cinaedi Should Be Treated for an Adequate Duration with Combined Antibiotic Therapy. Intern Med 58: 2589, 2019, PMID: 31118404
  13. Fukuchi, T., Sugawara, H. The Addition of Prophylactic Antibiotics Can Achieve a Favorable Outcome. Intern Med 58: 2419, 2019, PMID: 30996192
  14. Fukuchi, T., Sugawara, H. Both Macro and Micro Filarial Treatment May Be Necessary to Treat Hydrocele Due to a Wuchereria bancrofti Infection. Intern Med 58: 2423, 2019, PMID: 30996188
  15. Watanabe, T., Yamashita, T., Sugawara, H., Fukuchi, T., Ishii, A., Nagai, Y., Oyanagi, F., Koyama, S., Ushijima J., Takagi, K., and Tanaka, A.. Rapid progression of lung cancer following emergency cesarean section led to postpartum acute respiratory failure. Internal Medicine 2019; 58(7): 991-997, PMID: 30449778
  16. Saori Minato, Takeshi Yamashita, Katsuyuki Yoshida, Ai Kawamura, Tamami Watanabe, Akira Ishii, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara, Masaaki Kawase, Toshio Demitsu. Acute syphilitic meningitis in an HIV-negative patient. Jichi Medical University Journal 2019;41:29-33

学会発表

  1. 栗原維吹,吉田克之,川村愛,山下武志,松本葉子,福地貴彦,菅原 斉,玉置雅治,遠藤裕平,田中亨:眼瞼下垂と複視で発症した脾原発B細胞辺縁帯リンパ腫(SMZL)の一例.第116回日本内科学会講演会、名古屋、2019年4月27日(演題307)
  2. 渡辺晶子,吉田克之,栗原維吹,菅原 斉:突然の大量喀血で発症した特発性肺胞出血のステロイド治療による救命例.第116回日本内科学会講演会,名古屋,2019年4月27日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019名古屋プログラム・抄録集:282, 2019)
  3. 中村侑平,吉田望,吉原花子,玉置雅治,松本葉子,福地貴彦,菅原 斉 :渡航後の汎血球減少の精査でT細胞リンパ腫が診断された一例.第116回日本内科学会講演会,名古屋,2019年4月27日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019名古屋プログラム・抄録集:317, 2019):優秀演題賞,指導教官賞受賞
  4. 関口 麦,吉原花子,松本葉子,福地貴彦,菅原 斉:変動する脳局所症状が血管内リンパ腫診断の参考になった一例.第116回日本内科学会講演会,名古屋,2019年4月27日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019名古屋プログラム・抄録集:321, 2019)
  5. 多田有紀子,吉田克之,栗原維吹,安達迪子,菅原 斉:ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)の治療中にヒトヘルペスウイルス(HHV-6)再活性化による薬剤過敏症症候群(DIHS)を合併した一例.第116回日本内科学会講演会,名古屋,2019年4月27日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019名古屋プログラム・抄録集:405, 2019)
  6. 斉藤 開,福地貴彦,渡辺珠美,菅原 斉: C反応性タンパク(CRP)が基準値を大きく外れた極端高値を呈した患者の短期的転帰に関する患者対照研究型横断的研究.第116回日本内科学会講演会,名古屋,2019年4月27日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019名古屋プログラム・抄録集:458, 2019):プレナリーセッション選出演題,優秀演題賞,指導教官賞受賞
  7. 出光俊郎,加倉井真樹,矢部寛樹,菅原 斉,野首光弘,田中亨,神部芳則:口蓋および手指のDLEで発症、急速にSLEに移行し、侵襲性アスペルギルス症により死亡した1例.第31回東北真菌懇話会,仙台,2019年6月23日
  8. 安達 迪子, 菅原 斉, 福地 貴彦, 石井 彰, 渡辺 珠美, 山下 武志, 松本 葉子, 吉田 克之, 川村 愛, 栗原 維吹, 吉原 花子:適切な診断は在宅医療でも重要~在宅中心静脈栄養とcollagenous colitisによる蛋白漏出性胃腸症~.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,京都,2019年5月19日(第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム・抄録集:P-症-130)
  9. Yoko Matsumoto, Yuhei Nakamura, Hanako Yoshihara, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara. Multiple intramuscular abscesses caused by urethral laceration due to pelvic ring fractures by several falls off a bicycle. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019, Kyoto, May 16, 2019 [PP-5][(W)P-093]
  10. Ai Kawamura, Akira Ishii, Hirokazu Kiyozaki, Hitoshi Sugawara. Nutrition management after multiple gastrointestinal tract resection surgeries. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019, Kyoto, May 16, 2019 [PP-18][(W)P-205]
  11. Ibuki Kurihara, Hitoshi Sugawara. An autopsy case of nonocclusive mesenteric ischemia with renal artery vasoconstriction. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019, Kyoto, May 16, 2019 [PP-2][(W)P-42]
  12. Takahiko FUKUCHI, Tadashi Shinozuka, Norifumi Bekki. Medical practice in an international clinic: Rapid tests are important tools for foreign travelers. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019, Kyoto, May 17, 2019 [PP-24][(W)P-279]
  13. Katsuyuki Yoshida, Ibuki Kurihara, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara, Hanako Yoshihara, Ayumi Gomyo. Acute splenic infarction presenting as an unusual manifestation of essential thrombocythemia with normal platelet count. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019, Kyoto, May 16, 2019 [PP-2][(W)P-038]
  14. Hanako Yoshihara, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara. A case of vitamin B6 deficiency diagnosed by low alanine aminotransferase levels. WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019, Kyoto, May 16, 2019 [PP-5][(W)P-101]
  15. Kai Saito, Takahiko Fukuchi, Tamami Watanabe, Hitoshi Sugawara. Creation of a novel 72-hour outcome prognosis prediction model for patients with high critical levels of aspartic aminotransferase: Cross-sectional study, Case-control design. ACPJC 2019, Kyoto, June 8, 2019, P-17
  16. 高谷拓武,望月美岐,川村 愛,渡辺珠美,福地貴彦,菅原 斉,三崎柚季子:TAFRO症候群との鑑別を要したAITLの1例.第653回日本内科学会関東地方会,東京,2019年9月14日(日本内科学会関東地方会653回演題要旨11, 2019)
  17. 四宮田悠,吉原花子,松本葉子,福地貴彦,菅原 斉:高次機能障害を来した特発性上矢状静脈洞血栓症の1例.第653回日本内科学会関東地方会,東京,2019年9月14日(日本内科学会関東地方会653回演題要旨11, 2019)
  18. Takahiko Fukuchi. Two Cases of Corynebacterium striatum Prosthetic Valve Endocarditis Resulting in Opposing Outcomes. ID week 2019, Washington DC, USA 2019/10/2-6
  19. 山下武志, 吉原花子, 吉田克之, 福地貴彦, 菅原 斉:神経性食思不振症による低血糖、ショックの治療中にカテーテル関連血流感染による感染性心内膜炎および真菌症を併発した1例.第68回日本感染症学会東日本地方学術集会 第66回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2019,仙台,2019年10月17日(演題番号035)
  20. 南 亮悟, 吉原花子, 福地貴彦, 菅原 斉:毒素性ショック症候群(TSS) の経過中に重篤なICU-acquired weakness(ICUAW)を認めたものの、軽快に向かった一例. 第68回日本感染症学会東日本地方学術集会 第66回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2019,仙台,2019年10月18日(演題番号181)
  21. Miki Mochiduki, Takahiko Fukuchi, Shuji Hatakeyama, Hitoshi Sugawara: Immune reconstruction inflammatory syndrome associated with granulomatous Pneumocystis pneumonia co-infected with Mycobacterium-avium complex in HIV-infected patient. 31th International Congress of Antimicrobial Chemotherapy, Dubai, 6-9 November 2019
  22. Naoko Yukihira, Takshi Yamashita, Michiko Adachi, Ai Kawamura, Hiroshi Hori, Yushitaka Gunji, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: A rare case of pyogenic spondylitis caused by Aggregatibacter actinomycetemconitans. 31th International Congress of Antimicrobial Chemotherapy, Dubai, 6-9 November 2019
  23. Michiko Adachi, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: A retrospective observational study of 11 patients infected with Pasteurella multocida during ten years at a single center in Japan. 31th International Congress of Antimicrobial Chemotherapy, Dubai, 6-9 November 2019

2018年

論文

  1.   Yoshino N, Kawamura A, Ishii A, Yoshida K, Watanabe T, Yamashita T, Fukuchi T, Toyoda F, Kakehashi A, Sugawara H: Vogt-Koyanagi-Harada disease associated with influenza A virus infection: A case report. Internal Medicine 57(11): 1661-1665, 2018
  2. 福地 貴彦.海水への曝露歴 特集 プロブレムから学ぶ感染症診療 すぐに役立つ厳選シナリオ30選.Medicina 55: 901-904, 2018
  3. 福地 貴彦:性行為感染症とヘルペス属-性器ヘルペスからカポジ肉腫まで jmedmook58 あなたも名医!外来でどう診る?性行為感染症-プライマリケア医の悩み・疑問に答えます-,93-98, 2018, 日本医事新報社
  4. 福地 貴彦:先進国では稀な性行為感染症 jmedmook58 あなたも名医!外来でどう診る?性行為感染症-プライマリケア医の悩み・疑問に答えます-,99-102, 2018, 日本医事新報社
  5. 福地 貴彦:血液培養.改訂版ICU実践ハンドブック 病態ごとの治療・管理の進め方 清水敬樹編,443-444, 2018, 羊土社
  6. 福地 貴彦:感受性の結果.改訂版ICU実践ハンドブック 病態ごとの治療・管理の進め方 清水敬樹編,445-447, 2018,羊土社
  7. 福地 貴彦:抗菌薬.改訂版ICU実践ハンドブック 病態ごとの治療・管理の進め方 清水敬樹編,493-496, 2018, 羊土社

学会発表

  1. 菅原 斉,大河原 晋,桑田 知之,市橋 光,讃井 將満,遠山 信幸,力山 敏樹,小山 信一郎,百村 伸一: 当医療センター医師臨床研修マッチング成否要因分析ー2016年医師臨床研修マッチング成否との比較ー.第55回埼玉県医学会総会,2018年2月25日,さいたま
  2. 中村 香代子,望月 美岐,吉田 克之,安達 迪子,川村 愛,福地 貴彦,菅原 斉,仲矢 丈雄,田中 亨,鈴木 貴之:剖検で確定診断できた食道原発大細胞神経内分泌癌の1例.第636回日本内科学会関東地方会,2018年3月10日,東京
  3. 中村 香代子,菅原 斉: D-dimerが基準値を大きく外れた極端な高値を呈した患者の短期的転帰に関するケース・コントロール研究.第115回日本内科学会総会,2018年4月15日,京都
  4. 福井 伶奈,中村 晃久,菅原 斉,田中 亨:オロバタジン頓用で加療し得た好酸球性胃腸炎の1例.第115回日本内科学会総会・講演会,2018年4月14日,京都
  5. 谷口 順平,山本 祥子,吉田 克之,菅原 斉:右片麻痺を契機に偽性アルドステロン症と診断された1例.第115回日本内科学会総会・講演会,2018年4月14日,京都
  6. 利根澤 しおり,中村 晃久,渡辺 珠美,菅原 斉:開腹術後1年後の遅発性合併症と考えられる左横隔膜下膿瘍の一例.第115回日本内科学会総会・講演会,2018年4月14日,京都
  7. 吉原 花子,福地 貴彦,菅原 斉:セフトリアキソン(CTRX)投与による偽性胆石症の二例 .第92回日本感染症学会学術講演会,2018年5月31日,岡山
  8. 福地 貴彦,柳原 伸江,野瀬 和彦,今岡 浩一:ブルセラ輸入症例からの教訓.第92回日本感染症学会学術講演会,2018年5月31日,岡山,
  9. Jumpei Taniguchi, Hitoshi Sugawara, Katsuyuki Yoshida, Hodaka Yamada, Ibuki Kurihara, Shoko Yamamoto, Shunsuke Funazaki, Rika Saikawa, Akira Ishii, Kazuo Hara: Untreated Sheehan's syndrome case with adrenal crisis and influenza A virus infection. ACPJC 2018, June 2, 2018, Kyoto
  10. Takeshi Yamashita, Ai Kawamura, Katsuyuki Yoshida, Tamami Watanabe, Akira Ishii, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara. A Case of Acute Syphilitic Meningitis Diagnosed from Syphilis Blood Tests as Pre-exam for the Screening of Bloody Stools by Colonoscopy. ACPJC 2018, June 2, 2018, Kyoto
  11. 中村 晃久,安達 迪子,渡辺 珠美,菅原 斉:筋肉内血腫で死亡したアルコール性肝硬変の1例.第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2018年6月16日,三重
  12. 石井 彰,菅原 斉,福地 貴彦,渡辺 珠美,山下 武志,川村 愛,吉田 克之,中村 晃久,中村 香代子:結核感染症が原因での球後視神経炎の治療について.第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2018年6月16日,三重
  13. Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara, Kodai Takahashi, Eiji Kanehira, Katsuhiko Matsuura: Severe paraesophageal hiatal hernia occasionally require surgery. The 9th Annual Conference of Japan Primary Care Association,June 16, 2018, Mie
  14. 寺師 義英,山下 武志,石井 彰,松本 葉子,栗原 維吹,川村 愛,吉田 克之,渡辺 珠美,菅原 斉:高齢発症の腸リンパ管拡張症による蛋白漏出性胃腸症の1例.第643回日本内科学会関東地方会,2018年7月15日, 東京
  15. Takahiko FUKUCHI, Nobue Yanagihara, Kazuhiko Nose, Koichi Imaoka. Brucellosis: An anecdotal experience in a nonendemic country. 17th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection, August 30, 2018, Hong Kong
  16. Ibuki Kurihara, Takahiko Fukuchi: A case of native valve endocarditis caused by Staphylococcus warneri in a immunocompetent patient without a medical device. 17th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection, August 30, 2018, Hong Kong
  17. Hanako Yoshihara, Shunsuke Amagasa, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: Two cases of developing meningitis or cerebral abscess under administration of prophylactic antibiotics. 17th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection, September 1, 2018, Hong Kong
  18. Miki Mochizuki, Takahiko Fukuchi: AMPICILLIN/CLOXACILLIN COMPOUND COULD TREAT INFECTIVE ENDOCARDITIS WITH CNS COMPLICATIONS CAUSED BY MSSA IN JAPAN. 17th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection, September 1, 2018, Hong Kong
  19. 渡辺 珠美,菅原 斉:基準値を大きく外れた極端な血糖高値を呈した患者の短期的予後とリスク因子に関するケース・コントロール研究.第17回自治医科大学シンポジウム,2018年9月5日,自治医科大学,
  20. 吉田 克之,福地 貴彦,栗原 維吹,山下 武志,菅原 斉:カンジダ心内膜炎の1例.第67回日本感染症学会東日本地方学術集会 第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2018,2018年10月26日,東京
  21. 山下 武志,吉田 克之,福地 貴彦,菅原 斉:副鼻腔炎から生じた肺炎球菌性髄膜炎、心内膜炎の一例.第67回日本感染症学会東日本地方学術集会 第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2018,2018年10月26日,東京

その他

  1. 菅原 斉:ミニ診療室-「風邪」、インフルエンザと休養.災害補償 556:, 2018, p57-58
  2. 菅原 斉:当医療センターの総合診療科の役割,南埼玉郡市医師会学術講演会,2018年1月25日, 久喜
  3. 菅原 斉:総合診療科の診療・教育・研究-当医療センターの場合-. 第26回道北臨床心臓研究会,2018年7月4日,旭川
  4. 菅原 斉:書評:皮膚症状と口腔粘膜症状が知らせる内科疾患:デルマドロームの集大成.日本医事新報 2018(No. 4929):66

2017年

論文

  1. Ishikawa M, Sugawara H, Nagai M, Kusaka G Tanaka Y, Naritaka H: Collateral flow and white matter disease in patients with internal carotid artery occlusion. European Neurology 77: 56-65, 2017
  2. 福地 貴彦 診療所に常備したい薬剤 診療所での抗菌薬 月刊地域医学31:267-70, 2017
  3. Sugawara H, Matsuura K, Ishii A, Yamashita T: Iliac Vein Compression (Cockett’s) Syndrome in an Elderly Patient. Journal of General and Family Medicine 18: 88-89, 2017
  4. Saito Y, Ookawara S, Uchiyama H, Ishida T, Kakei M, Sugawara H: Anaphylactoid purpura associated with streptococcal cellulitis: A case report and literature review. Case Reports in Medicine 2017: 5960898, 2017
  5. Ishikawa M, Sugawara H, Tsuji T, Nagai M, Kusaka G, Naritaka H: Clinical significance of the coexistence of carotid artery plaque and white matter disease in patients with symptomatic cerebral infarction. Clinical Neurology and Neurosurgery 163:179–185, 2017
  6. Yoshida K, Fukuchi T, Sugawara H: Dysosmia and dysgeusia associated with duloxetine. BMJ Case Reports doi:10.1136/bcr-2017-222470, 2017

学会発表

  1. 織田 恭子,山下 武志,渡辺 珠美,石井 彰,菅原 斉,春名 佑美,近澤 研郎,今野 良,野首 光弘,田中 亨:下腹部痛と水様便を主訴に来院し、腹水セルブロックの免疫染色パネルで腹膜癌と考えられた1例。第54回埼玉県医学会総会, 2017年2月26日、さいたま
  2. 山下 武志,吉田 克之,川村 愛,安達 迪子,渡辺 珠美,石井 彰,福地 貴彦,菅原 斉:高齢発症の抗内因子抗体陽性ビタミンB12欠乏症性神経障害をビタミンB12経口薬で治療し得た2例.第113回日本内科学会総会、2017年4月14日、東京
  3. 湊 さおり,山下 武志,渡辺 珠美,吉田 克之,川村 愛,石井 彰,福地 貴彦,菅原 斉:第2期梅毒に髄膜炎を合併したと考えられる1例.第114回日本内科学会総会医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2017東京, 2017年4月15日、東京、プレナリーセッション選出演題,優秀演題賞,指導教官賞受賞
  4. 吉野 望,川村 愛,石井 彰,吉田 克之,山下 武志,渡辺 珠美,福地 貴彦,菅原 斉,豊田 文彦,梯 彰弘:インフルエンザA(FluA)がフォークト・小柳・原田病(VKH)の発症契機と考えられた1例.第114回日本内科学会総会医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2017東京,2017年4月15日、東京
  5. 福地 貴彦,岩田 健太郎:感染性心内膜炎の診断に関する後ろ向き研究と研究結果から見えること.第91回日本感染症学会総会・学術講演会 第65回日本化学療法学会学術集会合同学会、2017年4月6日、東京
  6. 石井 彰:教育病院におけるシニアレジデントの教育法.第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月13日、高松
  7. 福地 貴彦:プライマリケア診療所に常備しておく点滴抗菌薬はセフトリアキソン1剤で良いか?第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2017年5月13日、高松
  8. 渡辺 珠美,山下 武志,吉田 克之,川村 愛,石井 彰,福地 貴彦,長井 良昭,小山 信一郎,堀内 功,高木 健次郎,岡島 美朗,山田 茂樹,田中 亨,菅原 斉:出産を契機に急性増悪した妊娠合併肺癌に対してgefinitibが奏功した1例.第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2017年5月14日、高松
  9. Katsuyuki Yoshida, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: Dysosmia and dysgeusia associated with duloxetine. The 8th Annual Conference of Japan Primary Care Association, May 13, 2017、Takamatus
  10. Ai Kamamura, Akira Ishii, Ryunosuke Shioya, Hitoshi Sugawara, Naonori Harada, Mitsuhiko Nokubi, Naoka Umemoto: A case of paraneoplastic pemphigus associated with follicular lymphoma. The 8th Annual Conference of Japan Primary Care Association,May 13, 2017、Takamatus
  11. 吉原 花子,山下 武志,渡辺 珠美,中村 晃久,野口 友里,吉田 泰徳,福地 貴彦,石井 彰,菅原 斉:プロトンポンプ阻害薬(PPI)内服とチーズ・スモークサーモン頻回摂食が原因と考えられたリステリア感染症の高齢男性例.第634回日本内科学会関東地方会,2017年7月9日,東京
  12. 中村 晃久,山下 武志,渡辺 珠美,吉原 花子,菅原 斉,豊田 文彦, 梯 彰弘,田中 享:4か月の短期間で弱視聾となり嚥下障害のため胃瘻造設に至った2型糖尿病合併Cogan症候群の1例.第634回日本内科学会関東地方会, 2017年7月9日,東京
  13. 渡邉 萠理,菅原 斉,田中 亨,寺井 千尋:発熱、呼吸不全、意識障害、腎機能障害を呈し、治療抵抗性であった67歳男性.日本内科学会関東支部教育セミナー第2回CPC,2017年7月9日,東京
  14. 望月 美岐,鈴木 貴之,福地 貴彦,菅原 斉:古典的不明熱の精査で判明したHaemophilus parainfluenzae菌血症の1例.第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会,2017年10月27日,長崎
  15. 吉原 花子,山下 武志,中村 晃久,野口 友里,藤原 純一,山中 健一,眞嶋 浩聡,石井 彰,福地 貴彦,菅原 斉:化膿性脊椎炎と感染性心内膜炎に対する セフトリアキソン(CTRX)長期間治療が 原因となったと考えられる 急性胆嚢・胆管炎の一例.第636回日本内科学会関東地方会, 2017年10月14日,東京,
  16. 野口 友里,山下 武志,川村 愛,中村 香代子,吉原 花子,福地 貴彦,石井 彰,菅原 斉:黄疸、大球性貧血、血小板減少が バセドウ病加療のみで改善した一例.第636回日本内科学会関東地方会,2017年10月14日(日本内科学会関東地方会636回演題要旨90, 2017),東京
  17. Takahiko Fukuchi: Comparative assessment of guidelines for individuals with a risk of infective endocarditis. 30th International Congress of Chemotherapy and Infection 2017, 24-27 November 2017, Taipei
  18. Akihisa Nakamura, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: Treatment Strategy against MSSA in our Hospital.30th International Congress of Chemotherapy and Infection 2017, Taipei, Taiwan, 24-27 November 2017, Taipei
  19. Hanako Yoshihara, Takahiko Fukuchi, Hitoshi Sugawara: A case of using ampicillin plus ceftriaxone for infective endocarditis caused by Enterococcus faecalis. 30th International Congress of Chemotherapy and Infection 2017, 24-27 November 2017, Taipei
  20. Yukiko Misaki, Katsuyuki Yoshida, Takahiko Fukuchi, Ryunosuke Shioya, Chiaki Kodama, Miho Yokota, Hitoshi Sugawara: Primary intracranial Diffuse Large B-cell Lymphoma in acquired immune deficiency syndrome with previously treated cryptococcal meningitis. 30th International Congress of Chemotherapy and Infection 2017, 24-27 November 2017, Taipei
  21. 渡辺 珠美,菅原 斉,上羽 洋人,尾本 きよか:基準値を大きく外れた極端な血糖高値を呈した 患者の短期的転帰とそのリスク要因に関するケース・コントロール研究.第64回日本臨床検査医学会学術集会,2017年11月17日,京都
  22. 菅原 斉,大河原晋,百村伸一:医師臨床研修マッチング成否の要因分析ー当医療センター2016年面接試験結果解析ー.第6回日本プライマリ・ケア連合学会関東甲信越ブロック地方会, 2017年11月19日,さいたま
  23. 山下 武志,吉田 克之,川村 愛,渡辺 珠美,石井 彰,福地 貴彦,菅原 斉:副鼻腔炎から細菌性髄膜炎を発症し,左外転神経麻痺を生じた一例.第6回日本プライマリ・ケア連合学会関東甲信越ブロック地方会,2017年11月19日,さいたま
  24. 川村 愛,山下 武志,吉原 花子,吉田 克之,中村 香代子,中村 晃久,渡辺 珠美,石井 彰,福地 貴彦,菅原 斉,田中 亨:肺Mycobacteriumu avium complex症の治療中に播種性脊椎炎を来した一例.第6回日本プライマリ・ケア連合学会関東甲信越ブロック地方会,2017年11月19日,さいたま

2016年

論文

  1. 飯島 健太,松沢 迪子,川村 愛,渡辺 珠美,石井 彰,菅原 斉:適切な抗菌薬治療で再置換を回避した術後長期遠隔期発症の胸部下行大動脈人工血管感染症例-管後型大動脈縮窄症治療に使用した人工血管のメチシリン感受性ブドウ球菌感染症―.自治医科大学紀要 2015;38:53-58
  2. Kuroda H, Sugawara H, Ishii A, Funasaki S: Nocardia Intramuscular Abscess in an Elderly Patient. Internal Medicine 2016; 55:2743-2744
  3. Watanabe E, Sugawara H, Yamashita T, Ishii1 A, Oda A, Terai C: Successful tocilizumab therapy for macrophage activation syndrome associated with adult-onset Still’s disease: a case-based review. Case Reports in Medicine vol. 2016, Article ID 5656320, 7 pages, 2016. doi:10.1155/2016/5656320
  4. Sugawara H: Regarding the ambiguity of “biologic agents” and “biologics” medical terms. Internal Medicine 2016; 55: 2327
  5. Sugawara H, Matsuura K: Is May and Thurner’s Original Article Appropriate for Characterizing the Iliac Vein Compression Syndrome? Internal Medicine 2016;55: 2127
  6. Sugawara H, Ishii A, Watanabe T: D-shaped left ventricle in a smoker with fatal pulmonary Langerhans cell histiocytosis. Journal of General and Family Medicine 2016;17: 164-167
  7. Kakei M, Yoshida M, Dezaki K, Ito K, Yamada H, Funasaki S, Kawakami M, Sugawara H, Yada T: Glucose and GTP-binding protein-coupled receptor cooperatively regulate transient receptor potential-channels to stimulate insulin secretion. Endocrine Journal 2016; (doi: 10.1507/endocrj.EJ16-0262)
  8. Ishii A, Sugawara H, Nokubi M, Taniguchi Y, Matsuzawa M, Watanabe T, Okochi T, Kakei M, Fujimoto YW, Momomura S: Aortic intimal sarcoma causes renovascular hypertension: an autopsy case report and review of the literature. Internal Medicine 2016;55:755-764
  9. Fukuchi T, Iwata K, Kobayashi S, Nakamura T, Ohji G: Cefmetazole for bacteremia caused by ESBL-producing enterobacteriaceae comparing with carbapenems. BMC Infect Dis. 2016;16(1):427(doi: 10.1186/s12879-016-1770-1)
  10. Fukuchi T, Kawasaki S, Hayashi H, Koreeda D, Ashikawa T: Mycotic Aneurysm Caused by Bacteroides fragilis in an Elderly Immunosuppressed Patient. Intern Med. 2016;55(23):3535-3538.

学会発表

  1. 菊地 望,石井 洋輝,松沢 迪子,池田 奈保子,眞山 英徳,山下 武志,石井 彰,菅原 斉:異時性に心筋梗塞、脳塞栓、急性門脈・上腸間膜静脈血栓症を順次併発した睡眠時無呼吸症候群の1例.第618回日本内科学会関東地方会,東京,2016年3月12日(日本内科学会関東地方会6 回演題要旨:, 2016)
  2. 山下 武志,菅原 斉,吉田 克之,松沢 迪子,渡辺 珠美,石井 彰,加計 正文:急性肺炎による呼吸不全が筋緊張性ジストロフィーの診断契機となった2例.第113回日本内科学会総会、東京、2016年4月16日
  3. 松本 圭太,山下 武志,成田 昌隆,菅原 斉,松沢 迪子,石井 彰,加計 正文:保存的に治療できたアルコール性神経障害によると考えられる偽性腸閉塞症の一例.第112回日本内科学会総会,京都,2016年4月16日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2016東京プログラム・抄録集:, 2016)
  4. Katsuyuki Yoshida, Hitoshi Sugawara, Satoshi Nakamura, Mitsuhiro Nokubi, Takeshi Yamashita, Akira Ishii, Ai Kawamura, Naoka Umemoto, Toshio Demitsu, Shigeki Yamada, Akira Tanaka; Both low serum ferritin level and high erythrocyte sedimentation rate were significant in the positive for random skin biopsy in patients with clinically suspected intravascular large B-cell lymphoma: a case-control study. ACP Japan 2016, Kyoto
  5. 瀬戸 那由太,小林 千夏,山下 武志,渡辺 珠美,吉田 克之,川村 愛,石井 彰,福地 貴彦,岡島 美朗,菅原 斉:摂食障害により心肺停止をきたした警鐘的症例.第627回日本内科学会関東地方会,東京,2016年10月8日(日本内科学会関東地方会627回演題要旨:9, 2016)
  6. 塩谷 竜之介,川村 愛,森野 諄記,石井 彰,菅原 斉,杉谷 直大,渡辺 晋二,渡邉 萠理,寺井 千尋,飯塚 悠祐:急性漿膜炎で発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の一例.第627回日本内科学会関東地方会,東京,2016年10月8日(日本内科学会関東地方会627回演題要旨:97, 2016)
  7. 吉田 克之,福地 貴彦,菅原 斉:当院における感染性心内膜炎2例を含むG群溶連菌菌血症の解析.第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会,沖縄,2016年11月24日
  8. 栗原 維吹,吉田 克之,福地 貴彦,菅原 斉:Inoculum effectを実感した多発膿瘍を伴うKlebsiella pneumoniae感染症の一例.第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会,沖縄,2016年11月25日
  9. 木村 恭彰,吉田 克之,福地 貴彦,石井 彰,浅野 岳晴,秋山 達,蛭田 昌宏,野首 光弘,田中 亨,菅原 斉:短期間で多彩な症状が異時性に出現したサルコイドーシスの一例.第62 回日本内科学会関東地方会,東京,2016年12月10日(日本内科学会関東地方会62 回演題要旨:, 2016)

その他

  1. 菅原 斉:埋没知、人工知能、症例報告、セルフ・アーカイブ、デジタル・アーカイブ.In: 自治医科大学医学部同窓会報「研究・論文こぼれ話」その23 同窓会報第77号(2016年10月1日発行)
  2. 菅原 斉:特集にあたって「同効薬の使い分けを語ることが出来る」研修医をめざして!In: レジデントノート(菅原 斉編),東京,羊土社,2016,p1032-1034
  3. 菅原 斉:総合診療科.In: 自治医科大学附属さいたま医療センター・自治医科大学附属さいたま医療センターアニュアルレポート2014,さいたま,2016,p23-30
  4. 菅原 斉:ミニ診療室-膵臓癌と劇的寛解.In: 地方公務員災害補償基金・月刊災害補償547,東京,地方公務員災害補償基金,2016,p59-60
  5. 福地 貴彦:渡航外来のススメ.地方公務員災害補償基金・月刊災害補償548,東京,地方公務員災害補償基金,2016,p89-90
  6. 石井 彰:解熱鎮痛薬の使い分け.In: レジデントノート,東京,羊土社,2016,p1085-1090,羊土社、東京、2016

2015年

論文

  1. 青木 厚,菅原 斉,石井 彰,渡辺 珠美,出光 俊郎,税田 和夫,讃井 将満,加計 正文,石川 三衛,川上 正舒: 総合診療科がコーディネートした医療チーム連携の集学的治療によって救命と救肢ができた糖尿病患者のStreptococcal Toxic Shock‐like Syndrome.自治医科大学紀要 2014;37(1):35-42
  2. 眞山 英徳, 崎山 快夫, 平松 綾子, 石井 彰, 菅原 斉: 記銘力低下を伴う高齢者に発症した街並失認の1例. 自治医科大学紀要 2014;37(1):43-46
  3. 高山 千幸,石井 彰,菅原 斉:症例を俯瞰する総合診療医の眼.10日間の経過で下腿浮腫と体重増加が進行した32歳男性.診断と治療 2015;103(7):845, 970-973
  4. 渡辺 珠美,石井 彰,菅原 斉:症例を俯瞰する総合診療医の眼.1週間以上発熱、咽頭痛が続く41歳女性.診断と治療 2015;103(12):1537-1538, 1652-1655
  5. Suzuki R, Kuroda H, Matsubayashi H, Ishii A, Toyoda F, Lefor AK, Sugawara H: Candidemia from an upper urinary tract infection complicated by candida endophthalmitis. Internal Medicine 2015;54(20):2693-2698

学会発表

  1. 飯島 健太, 松沢 迪子, 川村 愛, 渡辺 珠美, 石井 彰, 菅原 斉: 大動脈縮窄症の大動脈弓部置換術後27年目に発症した人工血管MSSA感染症に対し、抗菌薬による保存的治療で軽快した一例.第112回日本内科学会総会,京都,2015年4月11日(医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2015京都プログラム・抄録集:254, 2015)優秀演題賞、指導教官賞受賞
  2. 後明 晃由美, 菅原 斉, 渡辺 珠美, 石井 彰, 松沢 迪子, 川村 愛, 松林 洋志, 山下 武志, 山田 茂樹, 野首 光弘:亜急性壊死性リンパ節炎に 無菌性髄膜炎を合併した1症例.第618回日本内科学会関東地方会,東京,2015年10月10日(日本内科学会関東地方会618回演題要旨:20, 2015) 山下 武志,菅原 斉,松沢 迪子,石井 彰,石川 三衛,加計 正文:腰椎圧迫骨折を契機に診断し得たKlinefelter症候群の一例.第618回日本内科学会関東地方会,東京,2015年10月10日(日本内科学会関東地方会618回演題要旨:39, 2015)

その他

  1. 石井 彰, 菅原 斉:総合診療科.自治医科大学附属さいたま医療センターアニュアルレポート2013,自治医科大学附属さいたま医療センター,さいたま,2015,P23-30
  2. 菅原 斉:G Interview 総合診療 十人十色 病気の本質を知りたい!総合医として患者を診たい!Gノート 2015;2(3):3-6

2014年

論文

  1. Matsuzawa M.、 Ishii A.、 Demitsu T. and Sugawara H.: Coxsackie A16 Virus-associated Atypical Hand-foot-and-mouth Disease. Internal Medicine 2014;53(6):643-644 (DOI: 10.2169/internalmedicine.53.1835)
  2. Yabe H.、 Kimura M.、 Ishii A.、 Sakane H.、 Iwamoto K.、 Watanabe T. and Sugawara H.: Parsonage-Turner syndrome initially suspected of being orthopedic diseases in a primary care setting: A case report. Journal of Medical Cases 2014;5(4):197-201 (doi:10.1470/jmc1696w)
  3. 石井 彰、菅原 斉:生化学検査の考え方③LDHの解釈(重要疾患の入り口)LDH 9、600!えっ、なにこれ? レジジデントノート2014;16(7):1098-1104
  4. Yoshida M.、 Dezaki K.、 Uchida K.、 Kodera S.、 Lam Nien.、 Ito K.、 Rita R.、 Yamada H.、 Shimomura K.、 Ishikawa S.、 Sugawara H.、 Kawakami M.、 Tominaga M.、 Yada T. and Kakei M.: Involvement of cAMP-EPAC-TRPM2 activation in glucose- and incretin-induced insulin secretion. Diabetes 2014;63(10):3394–3403 (DOI: 10.2337/db13-1868)
  5. 松林 洋志、菅原 斉:シリーズ:患者の言葉・身体所見を読み解く「帯状疱疹罹患後から持続した倦怠感」.日本内科学会雑誌 2014;103(11):2835-2840
  6. 青木 厚、菅原 斉、石井 彰、渡辺 珠美、出光 俊郎、税田 和夫、讃井 將満、加計 正文、石川 三衛、川上正舒: 総合診療科がコーディネートした医療チーム連携の集学的治療によって救命と救肢ができた糖尿病患者のStreptococcal Toxic Shock‐like Syndrome.自治医科大学紀要 2014;37(1):35-42
  7. 眞山 英徳、崎山 快夫、平松 綾子、石井 彰、菅原 斉: 記銘力低下を伴う高齢者に発症した街並失認の1例. 自治医科大学紀要 2014;37(1):43-46

学会発表

  1. 石井 彰,真山 英徳,松沢 迪子,松林 洋志,渡辺 珠美,黒田 仁,菅原 斉:抗凝固療法と抗血栓療法中に生じた十二指腸粘膜下血腫.第604回日本内科学会関東地方会、東京、2014年3月8日(日本内科学会関東地方会604回演題要旨:70、2014)
  2. 鈴木 怜奈、高山 千幸、黒田 仁、菅原 斉、山田 容子、片山 卓志、田島 泰、安達 秀雄、野首 光弘、百村 伸一:結核暴露の10年後に結核性心膜炎から収縮性心膜炎に至り心膜剥離術で治癒した一例.第111回日本内科学会総会・講演会サテライトシンポジウム、東京、2014年4月12日(医学生・研修医の内科学サミット2014プログラム・抄録集:24、2014)
  3. 河野 妙子、松浦 未紗、松林 洋志、松沢 迪子、黒田 仁、石井 彰、大河内 知久、崎山 快夫、菅原 斉、加計 正文:頸部マッサージを契機に血管原性塞栓を起こしたと考えられる脳梗塞の2例.第111回日本内科学会総会・講演会サテライトシンポジウム、東京、2014年4月12日(医学生・研修医の内科学サミット2014プログラム・抄録集:51、2014)
  4. 吉田 克之、松林 洋志、山下 武志、渡邉 萌理、石井 彰、黒田 仁、渡辺 珠美、出光 俊郎、江藤 宏之、菅原 斉:イオパミドール(IPD)蕁麻疹の既往があるにも関わらず、造影CT検査時に偶然投与されたIPDによると考えられる一過性血小板減少をきたした一例.第111回日本内科学会総会・講演会サテライトシンポジウム、東京、2014年4月12日(医学生・研修医の内科学サミット2014プログラム・抄録集:135、2014)
  5. 永井 康平、小林 瑠美子、小糸 雄大、江藤 宏幸、山下 武志、黒田 仁、菅原 斉、生駒 亜希、草鹿 育代、石川 三衛:肺炎、意識障害を契機に判明したACTH単独欠損症の1例.第605回日本内科学会関東地方会、東京、2014年5月10日(日本内科学会関東地方会605回演題要旨:39、2014)
  6. 川村 愛、伊藤 みゆき、山下 武志、眞山 英徳、松林 洋志、石井 彰、黒田 仁、菅原 斉、小野澤 裕昌、丹野 啓介:脾静脈-腎静脈シャントによる門脈体循環シャントから高アンモニア血症をきたし意識障害を呈した1例.第605回日本内科学会関東地方会、東京、2014年5月10日(日本内科学会関東地方会605回演題要旨:29、2014)
  7. 井上 公太、川村 愛、渡辺 珠美、石井 彰、松林 洋志、松沢 迪子、山下 武志、菅原 斉、加計 正文、百村 伸一:関節リウマチ加療中に生じたリステリア敗血症の1例.第611回日本内科学会関東地方会、東京、2014年12月13日(日本内科学会関東地方会611回演題要旨:104、2014)

その他

  1. 菅原 斉:総合診療科.In: 自治医科大学附属さいたま医療センターアニュアルレポート2012、自治医科大学附属さいたま医療センター、さいたま、2014、P23-30
  2. 宮澤 晴久、菅原 斉:不明熱:みえない疣贅.In: 総合診療力を磨く40の症候・症例カンファレンス(百村伸一 監修)、南江堂、2014、p2-9
  3. 小林 瑠美子、菅原 斉:えーっ! BMIが11.5!!!. In: 総合診療力を磨く40の症候・症例カンファレンス(百村伸一 監修)、南江堂、2014、p82-85
  4. 菅原 斉:リンパ浮腫.In:循環器ケアビジュアルナーシング(百村伸一 監修)、学研メディカル秀潤社、2014、p348-354
  5. 菅原 斉:総合医の育成.埼玉県医師会勤務医部会「専門医制度について」パネルディスカッション、さいたま、2014年3月13日

2013年

論文

  1. Fujiwara、N.、 Sugawara、H.、 Yabe、H.、 Ishii、A.、 Matsubayashi、H.、 Watanabe、T.、 Kakei、M.、 Kobayashi、Y.、 and Dobashi、Y.: Value of the measurement of prostate specific antigen in transudative pleural effusion for the diagnosis of paramalignant effusion due to prostate cancer. J Med Cases 2013; 4(7):507-510 (doi:10.4021/jmc1322w)
  2. Muneyuki、T.、 Sugawara、H.、 Suwa、K.、 Oshida、H.、 Saito、M.、 Hori、Y.、 Seta、S.、 Ishida、T.、 Kakei、M.、 Momomura、S. and Nakajima、K.: A community-based cross-sectional and longitudinal study uncovered asymptomatic proteinuria in Japanese adults with low body weight. Kidney International 2013; 84(6):1254-1261 (doi:10.1038/ki.2013.222)
  3. 中村 潤、菅原 斉、石井 彰、塚原 理恵子、出光 俊郎、眞山 英徳、渡辺 珠美、野首 光弘:(今月の症例)発熱、筋痛、下肢の紅斑・硬結を主症状としたミノサイクリン誘発性結節性多発動脈炎の1例.日本内科学会雑誌 2013; 102:2053-2056
  4. Suzuki、J.、 Sugawara、H.、 Ishii、A.、 Maki、M.、 Sanayama、H.、 Matsubayashi、 H.、 Watanabe、T.、 Fujimoto、W.F.、 Kakei、M.、 Yamada、S.: Featured Article: Hypercalcemia and peripheral T-cell lymphoma-type lymphoproliferative disorder associated with methotrexate in a rheumatoid arthritis patient. J Med Cases 2013;4(9):627-632 (doi:10.4021/jmc1432w)
  5. 藤本 由貴、中村 考伸、塚原 理恵子、飯田 絵里、山田 朋子、増田 麻里亜、渡邉 萌理、小山 尚俊、中村 哲史、出光 俊郎、白石 守、崎山 快夫、大塚 美恵子、菅原 斉、加計 正文:薬剤過敏症症候群(Drug-induced Hypersensitivity Syndrome、 DIHS)と診断した3例.埼玉県医学会雑誌 2013;48:344-350
  6. Hamasaki H、 Yanai H、 Kakei M、 Ezaki O、 Noda M: Non-exercise activity thermogenesis is associated with markers for diabetic microangiopathy in Japanese female patients with type 2 diabetes. Int J Cardiol 2013;168:4836-4837
  7. Hamasaki H、 Yanai H、 Mishima S、 Mineyama T、 Yamamoto-Honda R、 Kakei M、 Ezaki O、 Noda M: Correlations of non-exercise activity thermogenesis to metabolic parameters in Japanese patients with type 2 diabetes. Diabetology & metabolic syndrome 2013;5:26
  8. Iwasaki Y、 Kakei M、 Nakabayashi H、 Ayush EA、 Hirano-Kodaira M、 Maejima Y、 Yada T: Pancreatic polypeptide and peptide YY3-36 induce Ca2+ signaling in nodose ganglion neurons. Neuropeptides 2013;47:19-23
  9. Iwasaki Y、 Shimomura K、 Kohno D、 Dezaki K、 Ayush EA、 Nakabayashi H、 Kubota N、 Kadowaki T、 Kakei M、 Nakata M、 Yada T: Insulin Activates Vagal Afferent Neurons Including those Innervating Pancreas via Insulin Cascade and Ca Influx: Its Dysfunction in IRS2-KO Mice with Hyperphagic Obesity. PLoS ONE 2013;8:e67198
  10. Kodera S、 Yoshida M、 Dezaki K、 Yada T、 Murayama T、 Kawakami M、 Kakei M: Inhibition of insulin secretion from rat pancreatic islets by dexmedetomidine and medetomidine、 two sedatives frequently used in clinical settings. Endocr J 2013;60:337-346
  11. Kumazaki M、 Ando H、 Kakei M、 Ushijima K、 Taniguchi Y、 Yoshida M、 Yamato S、 Washino S、 Koshimizu TA、 Fujimura A: alpha-Lipoic acid protects against arsenic trioxide-induced acute QT prolongation in anesthetized guinea pigs. Eur J Pharmacol 2013;705:1-10
  12. Nakajima K、 Oshida H、 Muneyuki T、 Saito M、 Hori Y、 Fuchigami H、 Kakei M、 Munakata H: Independent association between low serum amylase and non-alcoholic fatty liver disease in asymptomatic adults: a cross-sectional observational study. BMJ open 2013;3
  13. Ohara-Imaizumi M、 Kim H、 Yoshida M、 Fujiwara T、 Aoyagi K、 Toyofuku Y、 Nakamichi Y、 Nishiwaki C、 Okamura T、 Uchida T、 Fujitani Y、 Akagawa K、 Kakei M、 Watada H、 German MS、 Nagamatsu S: Serotonin regulates glucose-stimulated insulin secretion from pancreatic beta cells during pregnancy. Proc Natl Acad Sci U S A 2013;110:19420-19425

学会発表

  1. 宗雪 年孝、菅原 斉、押田 知樹、斎藤 雅文、堀 由美子、諏訪 要、瀬田 節子、石田 岳史、加計 正文、百村 伸一、中島 啓: 成人若年低体重者における無症候性蛋白尿の疫学的研究. 第47回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会、 東京、 2013年1月12日(日本成人病(生活習慣病)学会誌 39: 74、 2013)(最優秀演題賞)
  2. 松沢 迪子、松永 渉、山下 武志、松林 洋志、渡辺 珠美、黒田 仁、石井 彰、菅原 斉、崎山 快夫、大塚 美恵子:急性Wernicke脳症を発症したアルコール依存症の1例.第594回日本内科学会関東地方会、東京、2013年2月9日(日本内科学会関東地方会594回演題要旨:86、2013)
  3. 宮澤 晴久、町島 智人、菊地 美里、和田 英則、山崎 諒子、河村 浩二、蘆澤 正弘、賀古 真一、諫田 淳也、西田 淳二、神田 善伸、渡辺 珠美、黒田 仁、菅原 斉:片麻痺にて発症しランダム皮膚生検にて診断し得た血管内大細胞B細胞リンパ腫.(臨床血液54(5): 487、2013)
  4. 黒田 仁、石井 彰、松林 洋志、渡辺 珠美、菅原 斉:インスリン、ステロイドおよび抗真菌薬投与中に発症したNocardia大腿部筋肉内膿瘍の1例.第87回日本感染症学会学術講演会、横浜、2013年6月6日(感染症学会雑誌 2013(5);87;臨時増刊号268)
  5. 高山 千幸、野中 崇央、菅原 斉、森 穂波、吉田 泉、田部井 薫、山田 茂樹:1年間隔の腎生検所見を比較できたMSSA感染性肝嚢胞による感染症関連糸球体腎炎の1例.第598回日本内科学会関東地方会、東京、2013年7月21日(日本内科学会関東地方会598回演題要旨:92、2013)
  6. 藤原 隆行、渡辺 珠美、吉田 昌史、石井 彰、菅原 斉、加計 正文:清涼飲料水ケトーシスに対しインスリン使用ののち早期に経口薬への切り替えに成功した1例.(2013.07)(糖尿病 56(7): 446、2013)
  7. 渡邉 萌理、山下 武志、松沢 迪子、高山 千幸、松林 洋志、黒田 仁、石井 彰、小田 彩、寺井 千尋、菅原 斉:トシリズマブ(TCZ)が有効であった血球貪食症候群(HPS)合併の成人スティル病(AOSD)の一例.第599回日本内科学会関東地方会、東京、2013年9月14日(日本内科学会関東地方会599回演題要旨:110、2013)
  8. 宗雪 年孝、菅原 斉、石田 岳史、加計 正文、中島 啓、百村 伸一:BMIの相違による再発性・非再発性蛋白尿の検討 8年間の縦断研究.第12回自治医科大学シンポジウム、自治医科大学、2013年9月5日(第12回自治医科大学シンポジウム抄録集、p35)
  9. 和泉 香代子、野田 弘志、渡辺 文昭、市田 晃佑、黒田 仁、高山 千幸、菅原 斉、力山 敏樹: 膵外分泌機能不全による低栄養状態にパンクレリパーゼが著効し、切除し得た膵癌の一例.日本臨床外科学会雑誌 (1345-2843)74巻増刊 Page1030(2013.10)
  10. 鈴木 怜奈、黒田 仁、松林 洋志、石井 彰、菅原 斉:急性腎盂腎炎からCandida albicans血症を来し、片側性真菌性眼内炎を併発した未治療の2型糖尿病女性の一例.第62回日本感染症学会東日本地方会学術集会、東京、2013年11月1日(第62回日本感染症学会東日本地方会学術集会プログラム抄録集、p139)
  11. 黒田 仁、高山 千幸、吉田 昌史、松沢 迪子、山下 武志、渡邉 萌理、松林 洋志、石井 彰、菅原 斉: 両下腿浮腫と好酸球増多を呈した20代女性の2例. 第602回日本内科学会関東地方会、東京、2013年12月14日(日本内科学会関東地方会602回演題要旨:67、2013)
  12. 第6回日本病院総合診療医学会学術集会 ランチョンセミナー、2013年3月、岐阜 加計正文:プライマリーケアにベストマッチしたインスリン治療
  13. The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 27th、 March、 2013、 Chiba Organizer of symposium「ion channels leading to functional alteration in pancreatic beta cell. Dezaki K、 Kakei M、 Yada T.:Ghrelin attenuates insulin release via Kv channel activation in islet β-cells.
  14. The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 27th、 March、 2013、 Chiba Organizer of symposium「ion channels leading to functional alteration in pancreatic beta cell. Imaizumi M、 Yoshida M、 Aoyagi K、 Toyofuku Y、 Watada H、 Kakei M、 Nagamatsu S.: 5-HT receptor 3a signaling regulates insulin release from pancreatic beta cells during pregnancy
  15. Mini-Symposium: Innovative approaches to understanding pancreatic β-cell function Date: January 28th、 2013 Otsu Yoshida M、 Kakei M.:Activation of non-selective cation channels by GLP-1exposure sensitizes glucose-stimulated insulin secretion via membrane depolarization in pancreatic β-cells. Pancreatic β-cell
  16. 73rd Meeting of American Diabetes Association. July 2013、 Chicago Ohara-Imaizumi M、 Kim H、 Yoshida M、 Toyofuku Y、 Okamura T、 Uchida T、 Fujitani Y、 Kakei M、 Watada H、 German MC、 Nagamatsu s. Serotonin Regulates Glucose Stimulated Insulin Secretion from Pancreatic β-Cells during Pregnancy
  17. 73rd Meeting of American Diabetes Association. July 2013、 Chicago Yoshida M、 Yamato S、 Dezaki K、 Kawakami M、 Yada T、 Kakei M. Activation of Trpm2 Channel by Glucose Metabolism and GLP-1 in Pancreatic Beta-Cell
  18. 辻本 哲郎、本田 律子、梶尾 裕、岸本 美也子、能登 洋、蜂谷 玲未、木村 昭夫、加計 正文、野田 光彦.重症低血糖時の危機的状況と臨床経過.第56回日本糖尿病学会年次学術集会、2013年5月、熊本
  19. 伊藤 聖学、植田 祐一郎、宮澤 晴久、賀来 佳男、平井 啓之、星野 太郎、名畑 あおい、森 穂波、吉田 和泉、加計 正文、田部井 薫.当院に搬送された低血糖症例の検討.第56回日本糖尿病学会年次学術集会、2013年5月、熊本
  20. 井花 庸子、辻本 哲郎、本田 律子、岸本 美也子、能登 洋、横尾 裕、加計 正文、野田 光彦.2型糖尿病患者における持効型様かいインスリン製剤と食後血糖降下薬の併用による治療効果の検討.第56回日本糖尿病学会年次学術集会、2013年5月、熊本
  21. 出崎 克也、Boldbaatar Damdindorj、Rauza Rita、加計 正文、矢田 俊彦.GLP-1によるインスリン分泌に対するグレリンの抑制作用.第56回日本糖尿病学会年次学術集会、2013年5月、熊本
  22. 吉田 正井、大和 志保、出崎 克也、中田 正範、山田 穂高、石川 三衛、矢田 俊彦、川上 正舒、加計 正文.膵β細胞のける新規GlP-1メカニズムとしてのTrpm2チャネル.第56回日本糖尿病学会年次学術集会、YIA、2013年5月、熊本

その他

  1. 菅原 斉:失神を主訴とする68歳男性.In:総合診療外来の問診ライブ(神田 善伸、本村 和之 編集)、文光堂、東京、2013、p20-32
  2. 菅原 斉:倦怠感(疲労感).In:コモンディジーズブック-日常外来での鑑別と患者への説明のために-(宮崎 俊一、梶波 康二、岡崎 仁昭 監修)、日本内科学会専門医部会、東京、2013、p80-84
  3. 菅原 斉:高齢化社会と総合診療科の役割.第2回学術セミナー【健康長寿のための糖尿病早期介入の意義】-糖尿病から認知症への連鎖を断ち切る-、さいたま、2013年2月18日

2012年

論文

  1. Yabe H. Ishii A. Niikawa N. Mastubayashi H. Kawakami M. Kake M. and Sugawara H.: A case of an elderly patient who developed spontaneous spinal epidural hematoma during warfarin therapy. Internal Medicine 51(11): 1429-1432、2012
  2. 川畑 奈緒,石井 彰,茂木 さつき,手塚 洋子,長谷部 忠史,本多 晴美,三ツ橋 美幸,笹岡 康子,菅原 斉,早田 邦康:全身性強皮症患者の栄養管理に対してチームでのアプローチが奏功した一例.日本病態栄養学会雑誌 15(2): 185-191、2012
  3. 百村 伸一,菅原 斉:浮腫と利尿薬.月刊循環器 CIRCULATION 2012;2:68-73
  4. 渡辺 恭孝,小山 信一郎,工藤 史明,三輪 千尋,渡辺 珠美,石井 彰,菅原 斉,大河内 知久,田中 修,蛭田 昌宏,土橋 洋,山田 茂樹:CPC 頭痛,精神症状で発症し,診断に苦慮した肺腺癌原発癌性髄膜炎の1剖検例.THE LUNG perspective 20: 106-111、 2012
  5. Watanabe T. Sugawara H. Ishii A. Matsubayashi H. Tamura H. Kakei M. Momomura S: A case of co-infection with Group A Streptococci and Epstein-Barr virus presenting with acute post-infectious glomerulonephritis and acute myocarditis. Internal Medicine 51(11): 2639-2643、 2012
  6. Muneyuki T、 Nakajima K、 Aoki A、 Yoshida M、 Fuchigami H、 Munakata H、 Ishikawa S、 Sugawara H、 Kawakami M、 Momomura S、 Kakei M: Latent associatoions of low serum amylase with decreased plasma insulin levels and insulin resistance in asymptomatic middle-aged adults. Cardiovascular Diabetology 2012;11:80(doi:10. 1186/1475-2840-11-80、 Published: 29 June 2012)
  7. 百村 伸一,菅原 斉,石光 俊彦,安村 良男:座談会 浮腫をみたら.Fluid Management Renaissance 2012;2:217-225

学会発表

  1. 岩本 健一,田巻 佐和子,渡辺 珠美,木村 真智子,鈴木 潤,矢部 寛樹,石井 彰,菅原 斉,加計 正文,川上 正舒: 後頸部激痛で発症,頸部前屈可・回旋不可の身体所見が診断の契機となったCrowned dens syndrome(CDS)の1例. 第585回日本内科学会関東地方会,東京,2012年2月11日(日本内科学会関東地方会585回演題要旨:73、2012)
  2. 田巻 佐和子,岩本 健一,渡辺 珠美,木村 真智子,矢部 寛樹,鈴木 潤,石井 彰,菅原 斉,加計 正文,川上 正舒:カフェインの過剰摂取による難治性嘔吐が原因と考えられた特発性縦隔気腫の1例.第585回日本内科学会関東地方会,東京,2012年2月11日(日本内科学会関東地方会585回演題要旨:97、2012)
  3. 大谷 敏嘉,菅原 斉,百村 伸一,内潟 安子,大谷 洋一:50歳頃から重症低血糖および体重増加をきたした45年以上の罹患歴を有する1型糖尿病患者の予後.第46回大宮医学会総会,さいたま,2012年3月3日
  4. 松沢 迪子,菅原 斉,松林 洋志,渡辺 珠美,石井 彰,加計 正文,出光 俊郎,森田 守:皮疹が口腔の単発小びらんからはじまり、殿部と大腿部の多形浸出性紅斑、足底の小紅斑へと異時性に順次拡大した手足口病の成人例.第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウム,京都,2012年4月14日(第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウムプログラム抄録集:158、2012)
  5. 渡辺 珠美,菅原 斉,松林 洋志,石井 彰,加計 正文,田中 裕一,野首 光弘:消化器症状が主だったため、確定診断までに8か月を要した下垂体前葉機能低下症を合併した頭蓋咽頭腫の1例.第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウム,京都,2012年4月14日(第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウムプログラム抄録集:159、2012)
  6. 新川 尚子,菅原 斉,石井 彰,松林 洋志,渡辺 珠美,加計 正文,川上 正舒,山田 茂樹:剖検で確定診断に至った血管内大細胞型B細胞性リンパ腫(IVL)による血球貪食症候群の77歳男性例.第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウム,京都,2012年4月14日(第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウムプログラム抄録集:163、2012)
  7. 眞山 英徳,菅原 斉,松林 洋志,渡辺 珠美,石井 彰,加計 正文,田部井 薫,寺井 千尋,出水 俊郎,野首 光弘:進行性の手指有痛性乾性壊疽で発症したCg血症性血管炎に対し、 ステロイドパルス、CPAパルス、 血漿交換、 二重濾過血漿交換の集学的治療で小康を得た高齢者の1例.第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウム,京都,2012年4月15日(第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウムプログラム抄録集:245、 2012)
  8. 鈴木 潤,菅原 斉,真木 充,眞山 英徳,松林 洋志,渡辺 珠美,石井 彰,W.Y. Fujimoto,加計正文,山田茂樹:高カルシウム(Ca)血症による意識障害を契機に発見されたメソトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の関節リウマチ(RA)症例.第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウム,京都,2012年4月15日(第109回日本内科学会総会サテライトシンポジウムプログラム抄録集:246、2012)
  9. 明石 直之,菅原 斉,眞山 英徳,野中 彩,渡辺 珠美,石井 彰,加計 正文:類天疱瘡治療に用いたアザチオプリン(AZA)による薬剤性汎血球減少から回復した高齢者の1例.第587回日本内科学会関東地方会,東京,2012年5月12日(日本内科学会関東地方会587回演題要旨:14、2012)
  10. 木村 真智子,矢部 寛樹,坂根 英夫,石井 彰,渡辺 珠美,岩本 健一,崎山 快夫,大塚 美恵子,菅原 斉:頸部から上肢の疼痛で発症し,他病院の整形外科では診断に苦慮した神経痛性筋萎縮症の1例.第587回日本内科学会関東地方会,東京,2012年5月12日(日本内科学会関東地方会587回演題要旨:81、2012)
  11. 宗雪 年孝,菅原 斉,石田 岳史,加計 正文,中島 啓,百村 伸一:低体重は蛋白尿の危険因子 横断・縦断(8年間)研究.日本生活習慣病学会総会,自治医科大学シンポジウム,自治医科大学,2012月8月31日(JMU Best Poster Award)
  12. 宗雪 年孝、菅原 斉、諏訪 要、瀬田 節子、押田 知樹、斎藤 雅文、堀 由美子、石田 岳史、加計 正文、百村 伸一、中島 啓: 低体重は蛋白尿発症の危険因子 8年間の縦断研究.(日本臨床内科医会会誌 27(3): 332、2012)
  13. 宗雪 年孝,石田 岳史,諏訪 要,瀬田 節子,菅原 斉,加計 正文,百村 伸一,中島 啓:低体重と蛋白尿の関連性 横断研究.第53回日本人間ドック学会学術大会,東京,2012年9月1日(人間ドック 27(2):451、2012)
  14. 松林 洋志,菅原 斉,石井 彰,渡辺 珠美,松沢 迪子,眞山 英徳:原因不明の横紋筋融解症によりⅡ型呼吸不全を来した一例.第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.福岡,2012年9月1日(第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム抄録集:P-069、2012)
  15. 渡辺 珠美,小林 瑠美子,宮澤 恵果,眞山 英徳,津久井 卓伯,藤原 隆行,石井 彰,菅原 斉,加計 正文:検査前絶食が契機となった低血糖と高度肝障害が遷延した摂食障害と考えられるBMI11.5の高齢者の1例.第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.福岡,2012年9月1日(第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム抄録集:P-078、2012)
  16. 石井 彰,菅原 斉,眞山 英徳,渡辺 珠美.中村 潤: 腸管吸収不良症候群患者へのポート留置による在宅中心静脈栄養管理の一例.第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.福岡,2012年9月2日(第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム抄録集:O-094、2012)
  17. 平松 綾子,眞山 英徳,坪井 基浩,小林 瑠美子,津久井 卓伯,石井 彰,渡辺 珠美,菅原 斉,崎山 快夫,大塚 美恵子:一過性の上方水平半盲と中枢性色覚異常および街並失認をきたした両側後頭葉と右小脳虫部の脳塞栓症の1例.第590回日本内科学会関東地方会,東京,2012年9月8日(日本内科学会関東地方会590回演題要旨:79、2012)
  18. 中村 潤,石井 彰,塚原 理恵子,出光 俊郎,眞山 英徳,渡辺 珠美,菅原 斉,野首 光弘: 発熱、筋痛、下肢の紅斑・硬結を主症状としたミノサイクリン誘発性結節性多発動脈炎の1例.第590回日本内科学会関東地方会,東京,2012年9月8日(日本内科学会関東地方会590回演題要旨:97、2012)
  19. 山下 武志、吉田 昌史、山田 穂高、浅野 智子、菅原 斉、川上 正舒、加計 正文、石川 三衛: 胃動脈瘤破裂後にSIADHを来した一例. (日本内分泌学会雑誌88(3): 1052、2012)

その他

  1. 菅原 斉:ミニ診療室-花粉症と口腔アレルギー症候群.月刊 災害補償 531:47-48、 2012
  2. 菅原 斉(編):総合医の歩み 第2巻.自治医科大学附属さいたま医療センター,2012年1月
  3. 菅原 斉:総合診療科.P23-29,自治医科大学附属さいたま医療センターアニュアルレポート2010,自治医科大学附属さいたま医療センター,さいたま,2012、p23-29
  4. 菅原 斉:書評:皮膚病も診療しているすべての内科医の座右に置きたい皮膚疾患アトラス.レジデントノート2012;14:1168
  5. 菅原 斉(編):総合医の歩み 第2巻.自治医科大学附属さいたま医療センター,2012年1月
  6. 菅原 斉:総合医と総合診療科の役割.第4回見沼臨床医懇話会,さいたま,2012年6月20日
  7. 菅原 斉:総合診療のIdentity Crisisをどう乗り越えるか.第16回上越JCM研究会,上越,2012年7月14日
  8. 菅原 斉:大学説明 教育内容と特色について.平成24年度自治医科大学(医学部)説明会,さいたま,2012年10月19日

2011年

論文

  1. Aoki A, Muneyuki T, Yoshida M, Munakata H, Ishikawa S, Sugawara H, Kawakami M, Kakei M: Circulating osteocalcin is increased in early-stage diabetes. Diabetes Res Clin Pract 92(2): 181-186, 2011
  2. Nakajima K, Nemoto T, Muneyuki T, Kakei M, Fuchigami H, Munakata H: Low serum amylase in association with metabolic syndrome and diabetes. Cardiovasc Diabetol 10:34, 2011
  3. Nakajima K, Muneyuki T, Munakata H, Kakei M: Revisiting the cardiometabolic relevance of serum amylase. BMC Res Notes 4:419, 2011
  4. Nakajima K, Muneyuki T, Saito M, Kakei M: Pathogenic Features of Insulin Resistance and Critical Organ Damage in the Liver, Muscle and Lung.Recent Advances in the Pathogenesis, Prevention and Management of Type 2 Diabetes and its Complications: 303-322.
  5. 石井 彰,菅原 斉,渡辺 珠美,松本 充也,松林 洋志,出光 俊郎,兵頭 隆史,山田 茂樹,川上 正舒:臓器別専門外来でのReview of systems聴取の重要性が示唆されたAmelanotic melanomaの1剖検例.自治医科大学紀要34: 129-134, 2011

学会発表

  1. 川畑 奈緒,手塚 洋子,茂木 さつき,本多 晴美,長谷部 忠史,三ツ橋 美幸,笹岡 康子,石井 彰,菅原 斉,早田 邦康:全身性強皮症患者の栄養管理に対してチームでのアプローチが奏功した一例.第26回日本静脈経腸栄養学会,名古屋,2011年2月17日(静脈経腸栄養 26(1): 424, 2011)
  2. 矢部 寬樹,石井 彰,新川 尚子,松林 洋志,加計 正文,川上 正舒,菅原 斉:ワーファリン内服中に頸椎硬膜外血腫を発症した高齢者の1例.第53回日本老年医学会関東甲信越地方会,東京,2011年6月11日(第53回日本老年医学会関東甲信越地方会抄録集:11,2010)
  3. 渡辺 珠美,菅原 斉,松林 洋志,原 真理子,石井 彰,加計 正文,植木 彰,川上 正舒:複視の程度を患者自身が半定量的に評価した右副鼻腔炎による右滑車神経麻痺の1例.第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,札幌.2011年7月2日(第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム・抄録集:D-048, 2011)
  4. 石井 彰,山本 真吾,西村 瑠里,松林 洋志,渡辺 珠美,菅原 斉,加計 正文,川上 正舒,野首 光弘,大和 志保:緩和ケアについて省察した血管内肉腫の1剖検例.第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,札幌.2011年7月2日(第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム・抄録集:D-030, 2011)
  5. 松林 洋志,菅原 斉,石井 彰,渡辺 珠美,青木 厚,松本 葉子,加計 正文,百村 伸一,川上 正舒:見学生の短期的研修動向に影響する背景要因の検討.第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,札幌.2011年7月3日(第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会プログラム・抄録集:O-076, 2011)
  6. 崎山 快夫,大塚 美恵子,菅原 斉,植木 彰:脳梗塞入院患者のコレステロール値に関する6年間の後方視的検討.(日本老年医学会雑誌 48(suppl.): 73, 2011)
  7. 新川 尚子,石井 彰,松林 洋志,渡辺 珠美,矢部 寛樹,菅原 斉,加計 正文,川上 正舒,小林 裕,土橋 洋:漏出性胸水にも拘わらず胸水中PSA高値のparamalignant effusionを呈した前立腺癌の1例.第579回日本内科学会関東地方会,東京,2011年9月11日(日本内科学会関東地方会579回演題要旨:35, 2011)
  8. 伊藤 聖学,石井 彰,鶴岡 昭久,平井 啓之,植田 裕一郎,森 穂波,名畑 あおい,吉田 泉,山田 茂樹,菅原 斉,田部井 薫:抗リン脂質抗体症候群(APS)を伴う腎機能障害に対してステロイド・血漿交換療法が奏功した一例.(日本腎臓学会誌(0385-2385) 2011.08;53(6);941)

その他

  1. 菅原 斉:ミニ診療室-耳慣れない感染症.でも,予防が大切な「パスツレラ」と「ビブリオ・バルニフィカス」-.月刊 災害補償 524: 41-42, 2011
  2. 菅原 斉:利尻島国保中央病院での思い出.利尻島国保中央病院25年のあゆみ.Pp24-25,利尻島国保中央病院25周年記念誌編集委員会,2011年2月
  3. 菅原 斉:「ふりかけ実験だね」-私のターニングポイント:省察的内科医としての総合医へ-.研究だより,第29号:1-2, 2011
  4. 菅原 斉:大学説明 教育内容と特色について.平成23年度自治医科大学(医学部)説明会,さいたま,2011年10月18日
  5. 菅原 斉:病気を未然に防ぎましょう 「健診・検診を誤解していませんか?」.自治医科大学附属平成23年度第2回さいたま医療センター公開講座,さいたま,2011年11月19日

2010年

論文

  1. Yoshida M、 Nakata M、 Yamato S、 Dezaki K、 Sugawara H、 Ishikawa SE、 Kawakami M、 Yada T and Kakei M: Voltage-dependent metabolic regulation of Kv2.1 channels in pancreatic beta-cells. Biochem Biophys Res Commun 396: 304-309、2010
  2. 宗雪 年孝、菅原 斉、山田 茂樹:冠動脈周囲膿瘍部に急性冠動脈閉塞を来たし死亡した糖尿病性腎不全の1剖検例.診断病理 27(3): 240-243、2010
  3. 崎山 快夫、栗原 明日香、大塚 美恵子、高嶋 浩一、渡辺 珠美、菅原 斉、植木 彰:巨大SEPを示したStiff-person症候群の1例.運動障害(JMDD) 20(1): 15-19、2010
  4. 渡辺 珠美、菅原 斉、松林 洋志、石井 彰、青木 厚、牛丸 信也、野首 光弘、西田 淳二、吉田 行雄、川上 正舒:メトロニダゾールに対する副反応のためにチニダゾールで治療し得た後天性免疫不全症候群に併発したアメーバ性大腸炎の1例.自治医科大学紀要33: 147-153、2010
  5. 石井 彰、菅原 斉、渡辺 珠美、吉川 修平、田代 研、石岡 春彦、深津 健、大沼 哲、牛木 真理子、讃井 将満、川上 正舒:糖尿病性ケトーシスを契機に急性リチウム中毒に至った双極性うつ病の一例.自治医科大学紀要33: 141-145、2010
  6. 菅原 斉、石井 彰、渡辺 珠美、松林 洋志、青木 厚、松本 葉子、加計 正文、百村 伸一、川上 正舒:自治医科大学附属さいたま医療センターにおける見学生の短期的研修動向に影響する背景要因の検討―ロジスティック回帰分析を用いて―.自治医科大学紀要33: 183-190、2010

学会発表

  1. 加計 正文,吉田 昌史,出崎 克也,青木 厚,菅原 斉,豊島 秀男,石川 三衛,川上 正舒,中田 正範,矢田 俊彦:膵β細胞Kv2.1チャネルの代謝依存性調節機構.糖尿病 53(Suppl.1): S-94、2010
  2. 青木 厚,吉田 昌史,木本 瑞穂,浅野 智子,佐久間 由紀,村田 美保,斎藤 智之,生駒 亜希,宗雪 年孝,宗像 博美,菅原 斉,豊島 秀男,加計 正文,石川 三衛,川上 正舒:検診受診者におけるオステオカルシンと耐糖能異常の関連性について.糖尿病 53(Suppl.1): S-105、2010
  3. 吉田 昌史,青木 厚,坪井 謙,崎山 快夫,菅原 斉,藤原 俊文,豊島 秀男,石川 三衛,川上 正舒,加計 正文:ストレスマーカーとしての血糖 その有用性と活用法 アテローム血栓性脳梗塞診断への応用.糖尿病 53(Suppl.1): S-310、2010
  4. 渡辺 珠美,田村 洋行,松林 洋志,石井 彰,青木 厚,菅原 斉,百村 伸一,川上 正舒:溶連菌感染後子宮体腎炎とEBV伝染性単核球症による急性心筋炎を併発した1例.第571回日本内科学会関東地方会、東京、2010年5月8日(日本内科学会関東地方会571回演題要旨:39、2010)
  5. 田代 研,石井 彰,渡辺 珠美,吉川 修平,大沼 哲,石岡 春彦,塩塚 潤二,讃井 將満,菅原 斉,川上 正舒:糖尿病性ケトーシスを契機に急性リチウム中毒に至った双極性うつ病の1例.第573回日本内科学会関東地方会、東京、2010年7月11日(日本内科学会関東地方会573回演題要旨:6、2010)
  6. 小田 彩,菅原 斉,野首 光弘,渡辺 珠美,石井 彰,松林 洋志,川上 正舒:発熱と後腹膜リンパ節腫大の再発寛解を繰り返した中高年男性の一例.第7回埼玉県内科医会・埼玉県総合内科専門医会 合同カンファレンス、さいたま、2010年7月24日
    (http://www.sainaika.uinet.or.jp/research/study/h22/7thgoudou/22goudou/sugawara/sugawara2.pdf)
  7. 野首 光弘,菅原 斉:系統疾患リンパ節-Multicentric Castleman's Disease (MCD)の再考-.第7回埼玉県内科医会・埼玉県総合内科専門医会 合同カンファレンス、さいたま、2010年7月24日
    (http://www.sainaika.uinet.or.jp/research/study/h22/7thgoudou/22goudou/sugawara/sugawara.pdf)
  8. 青木 厚,松林 洋志,木本 瑞穂,斎藤 智之,生駒 亜希,豊島 秀男,菅原 斉,加計 正文,石川 三衛,川上 正舒:劇症1型糖尿病の発症を思わせた2型糖尿病の1例.糖尿病 53(8) :651、2010
  9. 青木 厚,生駒 亜希,佐々木 正美,齊藤 智之,豊島 秀男,菅原 斉,加計 正文,石川 三衛,川上 正舒:インスリンの使用により体重増加をきたし、内臓脂肪型肥満および脂肪肝の増悪をきたした症例.肥満研究 16(Suppl): 161、2010
  10. 川畑 奈緒,石井 彰,手塚 洋子,茂木 さつき,本多 晴美,長谷部 忠史,三ツ橋 美幸,笹岡 康子,菅原 斉,早田 邦康:全身性強皮症患者の栄養管理に対してチームでのアプローチが奏功した一例.日本病態栄養学会誌13巻5号 Page195(2010.11)
  11. Yoshida M、 Tsuboi K、 Sugawara H、 Ishikawa SE、 Kakei M、 Kawakami M: The ratio of glycated albumin to glycohemoglobin on admission is increased in atherothrombotic-stroke patients. ENDOCRINE JOURNAL 57(Supple 2): S359-S359、2010(3)
  12. Aoki A、 Yoshida M、 Muneyuki T、 Toyoshima H、 Sugawara H、 Ishikawa SE、 Kakei M、 Kawakami M: Positive Association of Circulating Osteocalcin Levels with Glucose Intolerance in Normal and Mild Untreated Diabetes Subjects. DIABETES 59(Supple 1): A649-A649、 2010(6)

その他

  1. 菅原 斉:埼玉プライマリ・ケア研究会のこれまでの活動と今後に望むこと.プライマリ・ケア 33(1): 21、2010
  2. 菅原 斉:Lesson for Clinical Medicine症候別フローで学ぶ治療&処置<胸痛>.Kokutai 31(4):51-66、2010
  3. 菅原 斉:総合医とは“振り分け外来”でも、軽症患者の診療の場でもない.医療タイムスNo. 1967(2010.5/31): 7、2010
  4. 菅原 斉:コピペからの連想.WEB版自治医科大学図書館ニュース 29(5): 2010
  5. 菅原 斉:かかりつけ医(主治医)の必要性.60歳からの健康づくりーシニアの快適な生活実現のためにー. p20-p23、 財団法人地方公務員等ライフプラン協会、東京、2010
  6. 菅原 斉:総合診療科.P17-22、自治医科大学附属さいたま医療センターアニュアルレポート2008、自治医科大学附属さいたま医療センター、さいたま、2010
  7. 菅原 斉:岐路に立つ??大学の総合診療科―私たちの診療教育活動―(脳卒中も診療しています).第8回見沼臨床談話会、さいたま、2010年2月23日
  8. 棚橋紀夫、菅原 斉、須田喜久、猪野裕通:【エリア座談会・大宮】脳梗塞の病型はアテローム血栓性脳梗塞やBADが増加―脳梗塞治療の現状と課題-.日経メディカルオンライン、さいたま、2010年4月2日(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/att/hcp/interview/201004/514706.html)
  9. 菅原 斉:脳卒中フロンティア CSPSⅡインタビュー.Medical Tribune MT Pro 、さいたま、2010年5月29日 (http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mi/stroke/area/saitama/)
  10. 菅原 斉:大学説明 教育内容と特色について.平成22年度自治医科大学(医学部)説明会、秋田、2010年8月10日
  11. 菅原 斉:CGA7の遅延再生不均一性に関する検討.埼玉大学理工学研究科との学術交流会、さいたま、2010年9月28日
  12. 菅原 斉:大学説明 教育内容と特色について.平成22年度自治医科大学(医学部)説明会、さいたま、2010年11月25日

2009年

論文

  1. 山中 健一,松澤 真吾,菅原 斉:≪Photo Report 水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化によって再罹患した高齢者水痘の1例.内科 104(2): 365、2009
  2. Yoshida M、 Dezaki K、 Yamato S、 Aoki A、 Sugawara H、 Toyoshima H、 Ishikawa S、 Kawakami M、 Nakata M、 Tada T、 Kakei M: Regulation of voltage-gated K+ channels by glucose metabolism in pancreatic ra H、 ToyFEBS Letters 583: 2225-2230、 2009

学会発表

  1. 吉田 昌史、村田 美保、斉藤 智之、生駒 亜希、菅原 斉、豊島 秀男、加計 正文、石川 三衛、川上 正舒:心筋虚血、横紋筋融解症を呈した劇症1型糖尿病類似の症例.第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,横浜,2009年1月24日(糖尿病 52(6): 471、2009)
  2. 大沼 哲、石井 彰、菅原 斉、大和 康彦、加計 正文、石川 三衛、川上 正舒:糖尿病ケトアシドーシスに急性心筋虚血を併発した2型糖尿病の1例.第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,横浜,2009年1月24日(糖尿病 52(6):488,2009)
  3. 青木 厚、生駒 亜紀、斉藤 智之、豊島 秀男、菅原 斉、加計 正文、石川 三衛、川上 正舒:アンジオテンシン受容体拮抗薬によると考えられた低血糖症の1例.第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,横浜,2009年1月24日(糖尿病 52(6): 490、2009)
  4. 石井 彰、松本 充也、渡辺 珠美、大和 康彦、菅原 斉、加計 正文、出光 俊郎、兵頭 隆史、山田 茂樹、川上 正舒:Amelanostic melanomaの1剖検例.第562回日本内科学会関東地方会,東京,2009年5月9日(日本内科学会関東地方会562回演題要旨:68、 2009)
  5. 吉田 昌史、出崎 克也、青木 厚、菅原 斉、豊島 秀男、石川 三衛、川上 正舒、中田 正範、矢田 俊彦、加計 正文:膵β細胞Kv2.1チャンネルのブドウ糖代謝による新規調節機構.第52回日本糖尿病学会年次学術集会,大阪,2009年5月24日(糖尿病 52(Suppl.1): S-329、 2009)
  6. 多田 裕子,大和 康彦,菅原 斉,崎山 快夫,大塚 美恵子,植木 彰:糖尿病と腎不全に伴ったbrain variant of reversible posterior leukoencephalopathy syndrome (RPLS) の1例.第563回日本内科学会関東地方会,東京,2009年6月13日(日本内科学会関東地方会563回演題要旨:36、 2009)
  7. 大谷 敏嘉,笠原 督,佐藤 麻子,菅原 斉,百村 伸一,内潟 安子,岩本 安彦:50歳頃から重症低血糖と体重増加をきたした小児期発症Ⅰ型糖尿病2症例の予後.第15回小児・思春期糖尿病シンポジウム,東京,2009年7月12日
  8. 菅原 斉:総合医を育てたい.自治医大地域医療フォーラム2009,自治医科大学,2009年9月20日(自治医大地域医療フォーラム2009報告書 p15-p53、 自治医科大学・自治医科大学医学部同窓会,2009)
  9. 渡辺 珠美、松林 洋志、石井 彰、青木 厚、牛丸 信也、野首 光弘、菅原 斉、西田 淳二、吉田 行雄、川上 正舒:メトロニダゾール(MTDZ)によるアレルギー反応のためチニダゾールで加療したAIDSに併発したアメーバ性大腸炎の1例.第566回日本内科学会関東地方会,東京,2009年10月3日(日本内科学会関東地方会566回演題要旨:27、2009)
  10. 青木 厚、生駒 亜希、斉藤 智之、豊島 秀男、菅原 斉、加計 正文、石川 三衛、川上 正舒:アンジオテンシン受容体拮抗薬によると考えられた低血糖症の1例.第23回日本臨床内科医会,さいたま,2009年10月11日(日本臨床内科医会会誌 24(3): 383、2009)
  11. 松林 洋志、岩井 悠希、石井 彰、新藤 雄二、柏浦 正広、渡辺 珠美、三輪 千尋、菅原 斉、松浦 克彦、川上 正舒:交通事故直後には無症状であったが、遅発性に後腹膜血腫を発症したワーファリン治療中の大動脈弁置換術(AVR)後の1症例.第567回日本内科学会関東地方会,東京,2009年11月14日(日本内科学会関東地方会567回演題要旨:31、2009)
  12. 石井 彰、中井 秀一、渡辺 珠美、菅原 斉、奥田 慎也、大島 久美、西田 淳二、神田 善伸、野首 光弘、 山田 茂樹:末梢性T細胞性リンパ腫による血球貪食性リンパ組織球症(HLH)の1剖検例.第568回日本内科学会関東地方会,東京,2009年12月12日(日本内科学会関東地方会568回演題要旨:87、2009)

その他

  1. 菅原 斉:「救急外来受診帰宅後の急変事例―胸部大動脈瘤切迫破裂見逃し症例―」コメンテータ-.自治医科大学附属さいたま医療センター事例検討報告会,さいたま,2009年3月11日
  2. 菅原 斉:身体所見のとりかた.第5回埼玉循環器研修連絡会議セミナー,さいたま,2009年4月25日
  3. 菅原 斉:大学説明 教育内容と特色について.平成21年度自治医科大学(医学部)説明会,秋田,2009年7月28日
  4. 菅原 斉:大学説明 教育内容と特色について.平成21年度自治医科大学(医学部)説明会,札幌,2009年8月10日
  5. 菅原 斉,石井 彰,渡辺珠美,松林洋志,崎山快夫,大塚美恵子,植木 彰,塚田祐子,大塚智秋:総合診療科での脳卒中診療と地域連携パスの現状と課題.第9回さいたま脳卒中地域連携研究会,さいたま,2009年9月5日

2008年

論文

  1. 菅原 斉:(となりの総合診療部)自治医科大学附属さいたま医療センター総合診療科.JIM 18(2): 178-179、2008
  2. Hayashi Y、 Sugawara H、 Otsuka M、 Yamada S、 Tabei K and Ueki A: Fatal hemoperitoneum preceded by cranial hypertrophic pachymeningitis in a patient with ANCA-positive microscopic polyangitis. Internal Medicine 47: 1061-1063、 2008
  3. 佐々木 薫、出光 俊郎、中井 秀一、飯田 絵理、加倉井 真樹、平塚 裕一郎、岡田 栄子、高田 大、大沢 真澄、梅本 尚可、林 和、和田 由香、青木 厚、大和 康彦、菅原 斉、東 隆一:自治医大さいたま医療センター皮膚科における壊死性皮膚軟部組織感染症18例の検討.Skin Surgery 17(2): 74-79、2008

学会発表

  1. 青木 厚,菅原 斉,柏浦 正広,出光 俊郎,税田 和夫,豊島 秀男,河野 幹彦,加計 正文,石川 三衛,川上 正舒:壊死性筋膜炎,腸腰筋膿瘍,敗血症性ショックと重篤な感染症を繰り返した糖尿病の1例.第45回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,川越,2008年1月26日(糖尿病51巻7号 Page662)
  2. 菅原 斉、大和 康彦、青木 厚、石井 彰、木棚 究、大塚 美恵子、植木 彰、大塚 智秋:急性期脳卒中患者の転院調整日数の現状.第7回さいたま脳卒中地域連携研究会,さいたま,2008年2月5日
  3. 石井 彰,中島 嘉之,田部井 薫,菅原 斉:上腹部痛と腹水増加を伴ったネフローゼ症候群の1例.第553回日本内科学会関東地方会,東京,2008年5月10日(日本内科学会関東地方会553回演題要旨:58、2008)
  4. 中井 秀一、佐々木 薫、飯田 絵理、加倉井 真樹、出光 俊郎、佐々木 純一、讃井 將満、藤原 俊文、菅原 斉、川上 正舒:直腸穿孔を認めた仙骨壊死性筋膜炎の1例. (日本皮膚科学会雑誌 118(4)、828、2008)
  5. 大和 康彦、菅原 斉:CPAP・酸素・テオフィリン併用で著明に改善したCheyne-Stokes呼吸を伴ったうっ血性心不全の1症例.第555回日本内科学会関東地方会,東京,2008年7月13日(日本内科学会関東地方会555回演題要旨:31、2008)
  6. 大沼 哲,中井 秀一,石井 彰,大和康彦,菅原 斉,加計 正文,石川 三衛,川上 正舒:糖尿病ケトアシドーシスに急性心筋虚血を併発した2型糖尿病の1例.第49回埼玉糖尿病研究会,さいたま,2008年7月26日
  7. 渡辺 珠美,大和 康彦,石井 彰,青木 厚,菅原 斉,加計 正文,川上 正舒:抗サイトメガロウイルス(CMV)-IgM陰性,抗CMV-IgG陽性である健常成人に発症したCMVpp65抗原が陽性の伝染性単核球症の1例.第557回日本内科学会関東地方会,東京,2008年10月4日(日本内科学会関東地方会557回演題要旨:38、 2008)
  8. 石井 彰,山下 拓斗,大和 康彦,渡辺 珠美,菅原 斉,田部井 薫,平塚 正樹:低栄養と口腔内潰瘍を呈した高齢女性の1例.第7回在宅栄養研究会,さいたま,2008年10月11日
  9. 青木 厚、吉田 昌史、村田 美保、生駒 亜紀、菅原 斉、加計 正文、川上 正舒、石川 三衛:急性心不全・心停止から救命できたバセドウ病の1例.第  回日本内分泌学会 地方会,  ,2008年12月 日(日本内分泌学会雑誌84巻3号 Page845)
  10. 大和 康彦,菅原 斉,小櫃 保,渡辺 珠美,石井 彰,青木 厚,渡辺 佳明,松浦 克彦,加計 正文,川上 正舒:バルサルタン(Val)中断が非閉塞性腸管虚血症(NOMI)発症に関与したと考えられる悪性高血圧症の1例.第559回日本内科学会関東地方会,東京,2008年12月13日(日本内科学会関東地方会559回演題要旨:5、 2008)

その他

  1. 菅原 斉(共著):第102回医師国家試験問題解説書.医学評論社,2008
  2. 中島 嘉之,菅原 斉:日本内科学会次世代教育システム教育公開症例(総合診療科症例) (https://cme-pro.naika.or.jp)、2008年
  3. 菅原 斉:日本人の冠動脈疾患を対象としたカンデサルタンのエビデンス HIJ-CREATE エキスパートドクターコメント.2008年(http://www.hij-create-study.com/exp_comment/doc/doctor_1358.html)
  4. 菅原 斉:ご挨拶.自治医科大学医学部同窓会会報第45号p4-5、2008年7月1日
  5. 菅原 斉:「救急部での誤薬事例―オザベンパックとオリベスK―」コメンテータ-.自治医科大学附属さいたま医療センター事例検討報告会,さいたま,2008年10月7日

2007年

論文

  1. 仙波 宏章、菅原 斉、大塚 美恵子、植木 彰:(今月の症例)睡眠時無呼吸症候群に誘発された高齢発症の夜間てんかんの1例.日本内科学会雑誌 96(4): 784-786、2007
  2. 林 由梨、齋藤 裕一、湯澤 美保、斉藤 智之、生駒 亜希、為本 浩至、菅原 斉、川上 正舒、石川 三衛:胃腸炎として数週間経過観察されていた劇症1型糖尿病の一例.日本内分泌学会雑誌83(Supple.): 253-254、2007

学会発表

  1. 為本 浩至、菅原 斉、渡辺 恭孝、太田 みずほ、生駒 亜希、齋藤 智之、湯澤 美保、石川 三衛、川上 正舒: 三尖弁膿瘍からのmycotic emboliと考えられる多発性肺結節像を呈した糖尿病の1例. 第44回日本糖尿病学会関東甲信越地方会、横浜、2007年1月27日(糖尿病50(7)、536、2007)
  2. 若林 靖史、山中 健一、高鳥 志乃、菅原 斉、木棚 究、大塚 美恵子、植木 彰:仰臥位で増強する後頭部痛と外転神経麻痺を呈した脳静脈洞血栓症の1例.第543回日本内科学会関東地方会、東京、2007年3月10日(日本内科学会関東地方会543回演題要旨:23、2007)
  3. 谷口 陽介、林 智子、河野 瑞穂、湯澤 美保、齊藤 智之、生駒 亜希、菅原 斉、豊島 秀男、川上 正舒、石川 三衛:視床下部胚芽腫術後に著しい高Na血症と高血糖を示した1例.第549回日本内科学会関東地方会,東京,2007年11月10日(日本内科学会関東地方会549回演題要旨:9、2007)

その他

  1. 菅原 斉:ミニ診療室―あと何年生きられますか?(平均余命、医学の不確実性とパートナーシップ)―.月刊 災害補償 482: 40-41、2007
  2. 菅原 斉:かかりつけ医(主治医)の必要性.60歳からの健康づくりーシニアの快適な生活実現のためにー、 p20-p23、 財団法人地方公務員等ライフプラン協会、東京、2007
  3. Hayashi Y、 Sugawara H、 Matsuura K、 Koyama S: An adult case of tracheobronchomalacia. 自治医科大学附属さいたま医療センター研究だより、第12号: 11-12、2007
  4. 石井 彰:「こんな時間にそんな話されたって不安で眠れなくなるだけじゃないか!」患者さんとのコミュニケーションをはかる ベッドサイドでの一言! p160-p161、日本医事新報編、東京、2007
  5. 川上 正舒:「ぼけることも良いことですよ.死ぬのがこわくなくなりましてな」患者さんとのコミュニケーションをはかる ベッドサイドでの一言! p178-p179、日本医事新報編、東京、2007
  6. 菅原 斉:「先生! 人間は骨を大事にすれば120年生きる。これが私の原点です」患者さんとのコミュニケーションをはかる ベッドサイドでの一言! p182-p183、日本医事新報編、東京、2007

2006年

論文

  1. Suzuki S、 Sugawara H and Tanaka O: An incidentally found case of multiple localized segmented painless dissections of the descending aorta like gnarled tree. Internal Medicine 45(18)、 1075-1076、 2006

学会発表

  1. 仙波 宏章、佐久間 由紀、池田 奈保子、菅原 斉、石川 三衛、植木 彰、川上 正舒:睡眠時無呼吸が原因と考えられた全般てんかんの1症例.第533回日本内科学会関東地方会、東京、2006年2月18日(日本内科学会関東地方会533回演題要旨:26、2006)
  2. 林 由梨、渡辺 容子、渡辺 恭孝、岩崎 正、菅原 斉、小山 信一郎:気管・気管支軟化症の1例.第39回埼玉呼吸器病研究会、さいたま、2006年3月3日
  3. 林 由梨、齋藤 裕一、湯澤 美保、齋藤 智之、生駒 亜紀、為本 浩至、菅原 斉、川上 正舒、石川 三衛:胃腸炎として数週間経過観察されていた激症1型糖尿病の1例.第541回日本内科学会関東地方会、東京、2006年12月10日(日本内科学会関東地方会541回演題要旨:21、2006)

その他

  1. 前田 憲司、菅原 斉、東 理、徳田 安春、早野 恵子(編集幹事):日常診療での疑問や噂にズバリ答えます!-The Truth of Rumors―. 治療 88(3): 2006

2005年

論文

  1. Masuzawa A、 Moriguchi M、 Tsuda T、 Sugawara H、 Otsuka M、 Yamada S、 Tabei K and Kawakami M: Churg-Strauss syndrome associated with hypersensitivity to acetaminophen. Internal Medicine 44 (5): 496-498、 2005.
  2. Moriguchi M、 Naka K、 Tsuda T、 Sugawara H、 Kajiyama H、 Terai C、 Tabei K and Kawakami M: Protein-losing enteropathy associated with immune complex-mediated vasculopathy in a case of undifferenciated connective tissue disease. Internal Medicine 44 (10)、 1112-1113、 2005.
  3. 加倉井 真樹、東 隆一、藤井 祥子、横倉 英人、平塚 裕一郎、出光 俊郎、佐久間 由紀、本田 英明、菅原 斉:人工日焼け施設での日焼け機器(タンイングマシン)によるサンバーン ―肺水腫を併発した重症例―.皮膚科の臨床 47(12): 1751-1753、 2005

学会発表

  1. 仙波 宏章、佐久間 由紀、菅原 斉、河野 幹彦、川上 正舒:著明な低HDL-C(HDL-C 3mg/dl)を呈した慢性腎不全の1例.第37回脂質代謝異常症例検討会、東京、2005年9月3日.
  2. 山中 健一、生駒 亜希、斎藤 孝子、齊藤 智之、為本 浩至、菅原 斉、河野 幹彦、川上 正舒、石川 三衛:嚥下障害による誤嚥性肺炎・意識障害を契機に診断されたACTH単独欠損症の1症例、第529回日本内科学会関東地方会、東京、2005年9月10日.

ページの先頭へ