診療科のご案内

透析部

スタッフ紹介

教授 森下 義幸
学内教授 大河原 晋
助教 星野 太郎
助教 平井 啓之
病院助教 植田 裕一郎
病院助教 伊藤 聖学
臨床助教 宮澤 晴久
臨床助教 北野 泰佑
臨床助教 睦好 裕子
臨床助教 矢内 克典
臨床助教 金子 昌平
臨床助教 湊 さおり

診療科の特徴

当センター透析部のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
当センター透析部は現在、19床の透析ベッドを2クールで運営しています。透析導入および維持透析患者における手術・合併症に伴う入院中の維持透析を行っています。
年間約100例の血液透析導入を行うとともに、腹膜透析導入・管理にも力をいれています。またカテーテル治療後や重症心不全患者に対応する循環器科、心臓血管外科を始めとする外科系診療科や内科系の重症患者を扱っている集中治療部門のサポートとして、CHDF等の持続的血液濾過療法も施行しています。顆粒球除去療法・血漿交換療法を含め、特殊血液浄化療法や、移植医療を積極的に施行している血液科の末梢幹細胞採取・骨髄採取にも対応しています。

診療成績

  2014年度 2015年度 2016年度
血液透析導入患者件数 106名 82名 91名
腹膜透析導入患者件数 7名 10名 13名
血液透析患者件数 5683件 6526件 6669件
特殊血液浄化療法件数 257件 150件 197件
持続血液濾過透析件数 999件 943件 1083件
末梢幹細胞採取・骨髄濃縮処理件数 67件 69件 76件

カンファレンス

透析カンファレンス 毎週火曜日 午後4時

研究、学会活動

日本腎臓学会、同東部腎臓学会、日本透析医学会、病態栄養学会、日本臨床工学学会等で学会発表を行っています。臨床工学技士・栄養士とも協同で学会活動を行っています。
詳細に関しましては腎臓内科ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ