診療科のご案内

脳神経外科

質の高い医療をめざして

治療風景
当医療センターは政令指定都市さいたま市のほぼ中央に位置し、さいたま市のみならず埼玉県の中心的医療を担う病院と自負しております。当センターの脳神経外科は、脳卒中など緊急性の高い中枢神経疾患にとどまらず、脳腫瘍、慢性脳虚血性疾患、脊髄疾患などに対して幅広い高度医療を提供することを目的とし、対象患者様は市民の方々だけでなく周辺地域や遠方の県、海外からも来院されております。当科の診療体制は、患者様のかかりつけ医と緊密な病診連携を行っており、高度な脳神経外科医療が必要とされる場合の後方病院としての役割も担っています。主な治療の対象疾患は以下のとおりです。

(1)腫瘍性疾患

グリオーマや転移性脳腫瘍、脊髄腫瘍などで、特に熟練した技術が必要となる頭蓋底腫瘍やトルコ鞍部腫瘍(下垂体腫瘍も含む)に対する手術も日常的に行っております。また、放射線治療や診断についても、最新の設備を備えており、PETなどの特殊な検査も可能です。

(2)脳血管障害

くも膜下出血や脳出血などの、脳卒中に対して開頭手術などを積極的に行っており、大変良い成績を残しております。慢性脳虚血性疾患(頚部内頚動脈狭窄症や頭蓋内血管狭窄症、モヤモヤ病など)に対しても、頸動脈内膜剥離術(CEA)や、バイパス手術などの積極的な血行再建術を行っております。

(3)機能的疾患

三叉神経痛や顔面けいれん、痙性斜頸などに対しては積極的に手術療法を行っております。また、顔面痙攣に対しては外来にてボトックスの局所注射など、手術以外の薬物治療も行っております。

(4)脊髄疾患

脊髄腫瘍に限らず、脊椎症性脊髄症や脊柱管狭窄症などの変形性脊椎疾患や脊髄空洞症、キアリ奇形などの先天奇形まで幅広く手術を行っています。

(5)中枢神経外傷

急性硬膜下血腫や硬膜外血腫、脳挫傷のような緊急性の高い外傷や、お年寄りに多い慢性硬膜下血腫なども数多く手術しております。

上記以外の脳神経外科特有の疾患だけでなく、中枢神経関連の疾患においても、他診療科との垣根をできるだけ低くした協診診療体制でのぞみ、全ての患者様が満足していただける脳神経外科診療を目標とし、個々の患者様に対して的確で最先端の医療を提供できるよう、日々努力をしております。

ページの先頭へ