診療科のご案内

栄養部

当センター栄養部は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士 等の医療スタッフと連携をとりながら、経静脈・経腸・経口栄養による総合的な栄養管理のうえ、入院食の提供を行っています。
入院・外来における個別の栄養食事指導、集団の栄養教室の開催のほか、NST(Nutrition Support Team 栄養サポートチーム)や褥瘡対策、緩和ケア、糖尿病透析予防などのチーム医療にも参画しています。

スタッフ紹介 (平成27年10月1日現在)

栄養部長 大河原 普(腎臓内科准教授)
栄養室長 茂木 さつき(管理栄養士)
室長補佐 1名
主任管理栄養士 1名
管理栄養士 6名
委託給食会社職員
(管理栄養士、栄養士、調理師、調理補助)
59名

栄養管理システム

入院栄養管理

全入院患者を対象に入院時の栄養状態や治療としての栄養療法を考慮し、栄養計画をたてています。定期的に食事の摂取状況や栄養状態を確認し、栄養補給方法に問題があれば主治医と相談し調整しています。

栄養食事指導(入院・外来)

食事療法は重要な治療方法の1つであり、主治医の指示のもと管理栄養士が指導しています。患者さん個々のライフスタイルを尊重し食生活上の問題点を考慮したうえで、ご家族などの食事の準備をされる方にも同席していただいています。
平成26年は3,647件実施しました。

  • 個別栄養指導(予約制)
    入院、外来それぞれの栄養相談室において、平日の午前9:00から行っています。
  • 集団栄養指導(予約制)
    胃術後集団栄養食事指導
    糖尿病ステップアップ教室

NST(Nutrition Support Team)

活動内容

  • 栄養不良患者の早期発見に関すること
  • NST回診及びカンファレンスの実施に関すること
  • 適切な栄養管理の実施に関すること
  • 栄養障害患者の経過報告の実施に関すること
  • 栄養管理中の感染性合併症の早期発見に関すること
  • NSTによる波及効果の確認に関すること
  • その他NSTに関する重要事項

施設認定

組織名 認定名称
日本静脈経腸栄養学会 NST稼働認定施設
NST専門療法士認定教育施設
日本病態栄養学会 栄養管理・NST実施施設
日本栄養療法推進協議会 NST稼働施設認定

実習・研修生の受け入れ(平成26年)

実習生 4大学から19名
NST専門療法士 臨床実地修練 4名

学会発表等(平成26年)

第17回 日本病態栄養学会年次学術集会 2題
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 1題
第14回 アジア太平洋腎臓学会議 1題
講演 9回

ページの先頭へ