診療科のご案内

診療部紹介

診療体制

脳血管内治療部では急性期脳梗塞やくも膜下出血など、緊急の脳血管内治療に24時間対応しています。時間外の救急疾患は救命救急センターが初期診療を行い、脳神経外科、神経内科、脳血管内治療部が緊密に連携して最善の治療方法を判断します。

治療方針

脳血管内治療はカテーテルなどを用いて体を切り開くことなく治療する新しい治療法です。通常数ミリ程度の皮膚切開で行います。全身への負担が少なく入院期間が短縮できる負担の少ない治療法です。また手術や放射線治療など他の治療法と組み合わせることがあります。従来の外科的手術のみの治療法では治療が困難だった様々な疾患が、この方法によって治療できるようになりました。

得意分野

当センター脳血管内治療部の特徴は、脳卒中などの一般的な脳外科の血管内治療のみならず、経験と高度な技術を備えた専門医による血管内治療を受けることができることです。具体的には、治療が難しい大型の脳動脈瘤や、脳や脊髄の動静脈瘻(AVF)、動静脈奇形(AVM)、頭蓋底腫瘍、血管腫など比較的希な疾患の治療経験が豊富です。またこれらの疾患は、開頭術や放射線治療と組み合わせて総合的に治療が行われることが多く、当センターの脳神経外科や神経内科、放射線科などの専門診療科と緊密に連携して、専門的かつ集学的な治療を行うことが可能です。また吉野教授はさいたま市における唯一の脳神経血管内治療指導医です。

代表的疾患

出血性疾患(塞栓術)

 脳動脈瘤(破裂、未破裂)
 脳動静脈奇形(AVM: arteriovenous malformation)
 硬膜動静脈瘻(dAVF: dural arteriovenous fistula)
 脊髄動静脈奇形、脊髄動静脈瘻

虚血性疾患(再開通療法)

 急性期脳梗塞(血栓除去術)
 頚動脈狭窄症(頚動脈ステント術)
 頭蓋内動脈狭窄症(血管形成術)

その他

 脳腫瘍(特に頭蓋底腫瘍の治療経験が豊富です)
 頭頚部腫瘍(血管線維腫、頭頸部がん、鼻腔内腫瘍などの治療経験が豊富です)
 顎顔面や頭頚部の血管腫、血管奇形(珍しい病気ですが治療経験が多いです)

スタッフ紹介 (平成29年9月1日現在)

吉野 義一

吉野 義一
職名 教授、部長
資格・得意分野 日本脳神経外科学会専門医、指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医、指導医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医

山科 元滋

山科 元滋
職名 臨床助教
資格・得意分野 日本脳神経外科学会専門医

伊古田 雅史(脳神経外科兼務)

伊古田 雅史
職名 病院助教
資格・得意分野 日本脳神経外科学会専門医

山田 健嗣

山田 健嗣
職名 非常勤医員(秀和総合病院)
資格・得意分野 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

ページの先頭へ