診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

  1. 食道:逆流性食道炎(腹腔鏡下修復術)、アカラシア(腹腔鏡手術)、良性食道腫瘍(開胸あるいは胸腔鏡下摘出)、早期食道癌(粘膜内)(内視鏡的粘膜切除EMR)、進行食道癌(3領域部郭清を伴う食道亜全摘、胃管再建、血管吻合による空腸再建、化学療法、放射線療法、ステント挿入)、食道静脈瘤(食道離断術)、特発性食道破裂
  2. 胃・十二指腸:潰瘍(出血や穿孔、狭窄、腹腔鏡手術)、早期胃癌(EMR、胃内手術、腹腔鏡手術)、進行癌(腹腔鏡手術、標準-拡大郭清根治手術、化学療法、持続温熱腹膜灌流療法(Continuous hyperthermic peritoneum perfusion: CHPP)、胃粘膜下腫瘍(腹腔鏡手術、開腹)、残胃の癌(胃全摘出術、化学療法)、胃悪性リンパ腫、乳頭部癌
  3. 小腸・大腸・肛門:急性虫垂炎(腹腔鏡手術)、クローン病(手術療法)、潰瘍性大腸炎(腹腔鏡手術、開腹手術)、良性・悪性腫瘍(内視鏡切除、腹腔鏡手術、開腹手術)、下部直腸癌(化学放射線療法、側方郭清、括約筋温存手術)、痔核、痔瘻、裂肛、直腸脱
  4. 肝臓:原発性肝癌(肝切除:腹腔鏡手術、開腹手術、TACE)、転移性肝癌(肝切除:腹腔鏡手術、開腹手術)、肝内結石症、肝嚢胞(開窓術)
  5. 胆嚢・胆管:胆嚢結石症(原則として腹腔鏡手術)、胆管結石(腹腔鏡・開腹手術)、胆嚢・胆管癌(手術、放射線治療)、膵胆管合流異常
  6. 膵臓:慢性膵炎、仮性膵嚢胞、膵癌(膵全摘、体尾部切除、膵頭十二指腸切除)、膵粘液産生腫瘍(十二指腸温存膵頭切除)
  7. 乳腺:乳房温存手術+センチネルリンパ節生検+放射線療法、鏡視下手術、胸筋温存切除、化学療法
  8. 甲状腺・副甲状腺:腺腫、癌(全摘、亜全摘)、腎不全に伴う続発性副甲状腺機能亢進症(副甲状腺全摘+自家移植)
  9. 副腎:褐色細胞腫を含む良性腫瘍は、原則として腹腔鏡手術
  10. ヘルニア:腹壁瘢痕ヘルニア(腹腔鏡手術、開腹手術)、鼠径ヘルニア(腹腔鏡手術、従来法)、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア:メッシュを用いたtension-free法を中心に行っています
  11. 絞扼性腸閉塞、ヘルニア嵌頓、消化管穿孔、腸管壊死(NOMI)などに対する緊急手術
  12. 後腹膜疾患:平滑筋肉腫、悪性繊維組織球症など

外来診療

紹介患者診療スケジュール

当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前予約が必要です。
紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

外来で扱っている主な疾患

消化器疾患、一般外科疾患を対象としています。
悪性疾患:食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌・胆道癌・膵癌、甲状腺癌、乳癌など
良性疾患:消化管間葉系腫瘍、GERD、炎症性腸疾患、痔疾患、急性虫垂炎、腸閉塞、胆石症、ヘルニアなど

ストーマ外来

皮膚排泄ケア認定看護師(WOCN)による、人工肛門(ストーマ)を使用されている方への相談、診察を毎日行っています。(要予約)

入院診療

入院における診療体制

病棟では、常時3~4名の医師によるチーム制をとって、各臓器の専門スタッフと供に診察・治療を行っております。

手術日 月~金曜日で、1週間に約20件の手術を行っています。
病棟総回診 診療科長による、各病棟週1回(4階西病棟は火曜日午前8時30分より、4階東病棟は木曜日午前8時30分より)の総回診を行っています。

診療実績

当科における手術症例数は年々増加し、平成20年にはじめて1000件を超え、以降8年連続して1000件を上回ってきました。平成27年は、年間1052件でした。また、近年の悪性腫瘍の患者さんの増加に伴って、入院および外来での化学療法(抗がん剤治療)の件数も増加しています。

図1 主な手術症例件数と年次推移
幽門側胃切除術
胃全摘術
結腸癌
直腸癌
肝癌
胆道悪性腫瘍
乳腺・甲状線
副腎疾患
鼠径部ヘルニア
胆嚢摘出術

新患患者数、紹介数(平成27年の診療実績)

初診患者数 914人

入院患者数(平成27年の診療実績)

入院患者数 2,220人
平均在院期間 11日

年度別の手術件数に関しては、近年の大腸癌の増加や乳腺疾患の増加に伴い手術件数の増加が認められます。また、胃、大腸などへの腹腔鏡手術の積極的導入に伴い、手術件数全体の増加が見られます。

ページの先頭へ