診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

専門研修プログラムのご案内 (教育目標、研修のメリットなど)

自治医科大学附属さいたま医療センター眼科では2年間の卒後臨床研修を終了した医師を対象に4年間の眼科臨床研修カリキュラムを用意しています。この4年間の眼科臨床研修終了時に眼科専門医の取得を目指し、眼科全般にわたるとりこぼしのない眼科研修を行います。
日本眼科学会が定める眼科研修カリキュラムは下記の通りです。

  1. 医の倫理、チーム医療およびその家族との人間関係、社会との関連性
  2. 医療に関する法律
  3. 自己学習と自己評価
  4. 医療安全と危機管理
  5. 臨床医に求められる基本的な診療に必要な知識・技能・態度の修得
  6. 一般の初期救急医療に関する技術の修得
  7. 眼科臨床に必要な基礎知識としては、次のものを含む
    解剖、組織、発生、生理、眼光学、病理、免疫、遺伝、生化学、薬理、微生物、衛生、公衆衛生、医療統計、失明予防等
  8. 眼科診断技術および検査のカリキュラムとしては、次のものを含む
    視力、視野、眼底、眼位、眼球運動、両眼視機能、瞳孔、色覚、光覚、屈折、調節、隅角、眼圧、細隙灯顕微鏡検査、涙液検査、導涙検査、蛍光眼底造影、電気生理学的検査、画像診断(超音波、X線、CT、MRI、光干渉断層画像等)、細菌、塗抹標本検査等
  9. 眼科治療技術に関するカリキュラムとしては、次のものを含む
    基礎的治療手技(点眼、結膜下注射、球後注射、ブジー、涙・洗浄等)、眼鏡とコンタクトレンズの処方および装用指導、視能矯正訓練、ロービジョンケア、伝染性疾患の治療および予防、眼外傷の救急処置、急性眼疾患の救急処置、眼科手術、手術患者の術前および術後処置等
    手術については、執刀者、助手を合わせて総数100例以上。そのうち、外眼手術、内眼手術、およびレーザー手術が、それぞれ執刀者として20例以上
  10. 他科との診療連携能力の習得
  11. 症例検討会、眼病理検討会、抄読会、各種学会等への出席
  12. 眼科に関する論文を、単独または筆頭著者として1篇以上、および学会(集談会等を含む)報告を演者として2報以上発表

以上の眼科専門医制度のカリキュラムに沿った教育が基本ですがその中で特に一人の術者に割り当たる症例数が多いという当センターの特徴を生かし、手術教育に力を注いだカリキュラムとなっています。研修期間中は症例報告や臨床研究なども割り当て、また希望によっては基礎的研究も行います。

最終的には高い診断能力と手術手技の収得を目指しています。

後期専門研修申込方法について

自治医科大学附属さいたま医療センター眼科で後期専門研修を希望するシニアレジデントまたは助教以上のスタッフ希望の医師は直接、科長まで連絡してください。
科長: 眼科 教授 梯 彰弘

e-mail : kakeaki@omiya.jichi.ac.jp

カンファレンス・連絡会

FAGカンファレンス 毎週水曜日 午後6:00~7:00
ERGカンファレンス 第1木曜日 午後5:00~6:00
術前カンファレンス 毎週月曜日、水曜日 5:00~6:00
オープンカンファレンス:
自治医科大学附属さいたま医療センター眼科クリニカルカンファレンス
(日本眼科学会専門医制度)
毎年7月 第3土曜日 午後3:00~6:00

研究実績

原著論文

  1. Ota A, Kakehashi A, Toyoda F, Kinoshita N, Shinmura M, Takano H, Obata H, Matsumoto T, Tsuji J, Dobashi Y, Fujimoto W Y, Kawakami M, and Kanazawa Y Effects of Long-Term Treatment with Ranirestat, a Potent Aldose Reductase Inhibitor, on Diabetic Cataract and Neuropathy in Spontaneously Diabetic Torii Rats Journal of Diabetes Research 2013; 2013: Article ID 175901, 8 pages
  2. 本多智美、石井里実、長谷川哲也、渡辺綾子、齊藤恵美、山口亜矢、竹澤美貴子、手塚聡一、梯彰弘:原因不明の視力低下患者に対してERG検査を行い確定診断に至った疾患の割合について.日本視能訓練士協会誌 2013;42:109-113
  3. 山口亜矢、手塚聡一、渡辺綾子、本多智美、長谷川哲也、石井里実、齊藤恵美、竹澤美貴子、梯彰弘:パターン反転視覚誘導電位でのみ他覚的に視力低下が証明された追突事故症例.自治医科大学紀要2013;36:123-128
  4. Toyoda F, Tanaka Y, Ota A, Shinmura M, Kinoshita N, Takano H, Matsumoto T, Tsuji J, and Kakehashi A: Effect of Ranirestat, a New Aldose Reductase Inhibitor, on Diabetic Retinopathy in SDT Rats: Journal of Diabetes Research 2014, Article ID 672590, 7 pages
  5. Arao K, Kuribara A, Jinnouchi H, Matsumoto M, Fujiwara T, Kinoshita N, Kakehashi A, Ako J, and Momomura S: Transient Retinopathy in Acute Aortic Dissection: Ophthalmology 2014;121:2261-2267
  6. Ayumi Ota, Yoshiaki Tanaka, Fumihiko Toyoda, Machiko Simmura, Nozomi Kinoshita, Hiroko Tanaka, and Akihiro Kakehashi: Relationship between variations in posterior vitreous detachment and visual prognosis in idiopathic epiretinal membranes: Clinical Ophthalmology 2015:9 1-6
  7. FumihikoToyoda, YoshiakiTanaka, MachikoShimmura, NozomiKinoshita, HirokoTakano, and AkihiroKakehashi: Diabetic Retinal and Choroidal Edema in SDT Rats: Journal of Diabetes Research Article ID 680298(2015)

著書 総説

  1. Kakehashi A. In my experience, vitreous surgery combined with the triamcinolone sandwich is the most effective treatment for DME. Year in Review SPECIAL SECTION Retina; Ophthalmology Times: 25-26,Dec.1, 2010
  2. 梯彰弘:最新版家庭医学大全科6訂版;22.代謝異常で起こる病気 糖代謝の異常(糖尿病):糖尿病網膜症、糖尿病白内障、その他の糖尿病眼合併症 2114-2120,法研、東京,2010
  3. 梯彰弘,神原千浦:見逃せない、よくある外臓疾患の診かた・みつけかた;野村英樹、伴信太郎編集:第1章 眼をみる 全身病・他疾患診断に眼を見る:55-68、中山書店、東京、2012
  4. 梯彰弘: 特集 糖尿病合併症の成因と薬物療法 Ⅰ.糖尿病合併症予防の薬物療法の現状と限界1.網膜症  月間糖尿病 2012 7月号vol.4 No.8 :12-16,2012.
  5. Kakehashi A., Ota A., Toyoda F., Kinoshita N., Yamagami H., Obata H., Matsumoto T., Tsuji J., Dobashi Y., Fujimoto W.Y. and Kawakami M. DIABETIC RETINOPATHY Mohammad Shamsul Ola ed. Chapter 15. Prophylactic Medical Treatment of Diabetic Retinopathy. Pp291-304, INTECH, Rijeka, Croatia, 2012
  6. 榛村真智子「アトピー性皮膚炎合併症例の角膜移植」 NANO OPHTHALMOLOGY No.43

その他

  • 梯彰弘:病院の実力 眼科 埼玉編 読売新聞、2010年1月10日
  • 梯彰弘:第47回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 セッション:網膜症・神経障害 座長:さいたま市、2010年1月30日
  • 梯彰弘: 後部硝子体剥離の診断とその分類. 埼玉県眼科教育講演会 さいたま市, 2010年1月31日.
  • 梯彰弘 :日経メディカルオンライン 学会ダイジェスト:第70回米国糖尿病学会 新規アルドース還元酵素阻害薬が糖尿病網膜症・神経症に有効な可能性 2010年6月28日
  • 木下望、太田有夕美、豊田文彦, 神原千浦、山上博子、梯彰弘 :経前房ニードリングによる濾過胞再建術  第23回埼玉県眼科手術談話会、さいたま市、2010年7月4日
  • 梯彰弘:埼玉県眼科教育講演会 座長:さいたま市、2010年10月17日
  • 梯彰弘, 竹澤美貴子、秋葉純, 高橋正孝 : インストラクションコース 細隙灯顕微鏡およびOCTによる硝子体検査法-後部硝子体剥離の診断-. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010年11月14日.(プログラム・抄録集p-130)
  • 梯彰弘:埼玉県眼科フォーラム 講演2座長:さいたま市、2010年11月21日
  • 梯彰弘:糖尿病網膜症の予防と治療:第5回生活習慣病懇話会 高崎市、2011年2月10日
  • 梯彰弘:後部硝子体剥離に関連する網膜疾患:札幌眼科集談会 札幌市、2011年3月5日
  • 木下望、田中克明、太田有夕美、豊田文彦, 山上博子、梯彰弘 :広角眼底観察システムResight®   の使用経験 第24回埼玉県眼科手術談話会、さいたま市、2011年7月3日
  • 田中克明、太田有夕美、豊田文彦、木下望、竹澤美貴子、山上博子、手塚聡一、梯彰弘 :最近経験した中心型網膜色素変性の症例 第57回埼玉県眼科集談会、さいたま市、2011年9月25日
  • 梯彰弘, 竹澤美貴子、秋葉純: インストラクションコース 細隙灯顕微鏡およびOCTによる硝子体検査法-後部硝子体剥離の診断-. 第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011年10月9日.(プログラム・抄録集p-109)
  • 梯彰弘:第26回日本糖尿病合併症学会 ワークショップ4:網膜症座長:さいたま市、2011年10月14日
  • 太田有夕美:CT検査が有用であった眼球破裂の一例 第25回埼玉県眼科手術談話会、さいたま市、2012年7月8日
  • 豊田文彦:自治医大さいたま医療センターにおけるAMDの治療成績 第9回自治医科大学付属さいたま医療センター 眼科クリニカル・カンファレンス 2012年7月21日
  • 梯彰宏: 名医の相談室 週刊現代 9/22・29合併号:152,2012
  • 太田有夕美、田中克明、豊田文彦、榛村真智子、木下望、髙野博子、梯彰弘:当院における白内障日帰り手術開始後の考察 第59回埼玉県眼科集談会、さいたま市、2013年9月8日
  • 田中克明、太田有夕美、豊田文彦、榛村真智子、木下望、髙野博子、梯彰弘:緑内障発作を起こした小眼球症の治療経験 第59回埼玉県眼科集談会、さいたま市、2013年9月8日

学会活動

学会発表

  1. 梯彰弘:糖尿病網膜症に対する薬物治療:第49回関東甲信越眼科学会、プログラム・抄録集p-7、大宮、2013年6月9日
  2. 髙野博子、當重遼子、田中克明、太田有夕美、豊田文彦、榛村真智子、木下 望、梯 彰弘:前房内抗真菌薬投与、前房洗浄を行ったFusarium角膜真菌症の一例:フォーサム大阪2013:第50回日本眼感染症学会、大阪、2013年7月12日、抄録集 p.66
  3. 9Takano H, Kinoshita N, Shimmura-Tomita M, Toyoda F, Ota A, Tanaka Y and Kakehashi A., The 2% Rebamipide Eye Drop Treatment for Dry Eye, The 7th International Conference on the Tear Film & Ocular Surface: Basic Science and Clinical Relevance. September 21,2013, Taormina, Sicily. Abstract #40
  4. 榛村真智子、髙野博子、木下望、豊田文彦、太田有夕美、田中克明、梯彰弘:眼慢性移植片対宿主病患者における眼所見とドライアイ関連QOL:角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会 第30回日本角膜移植学会、沖縄、2014年1月30日~2月1日、p74
  5. 髙野博子、太田有夕美、田中克明、豊田文彦、榛村真智子、木下望、梯彰弘:自治医科大学附属さいたま医療センターにおける角膜ヘルペスの病状:角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会 第30回日本角膜移植学会、沖縄、2014年1月30日~2月1日、p108
  6. 榛村真智子、髙野博子、木下望、豊田文彦、太田有夕美、田中克明、梯彰弘:シリコーンオイルタンポナーデと角膜内皮障害:第118回日本眼科学会総会、東京、2014年4月2日~6日
  7. Fumihiko Toyoda, Akihiro Kakehashi, Hiroko Takano, Nozomi Kinoshita, Machiko Shimmura-Tomita, Ayumi Ota, Yoshiaki Tanaka, Takafumi Matsumoto, Junichi Tsuji Department of Ophthalmology, Jichi Medical University, Saitama Medical Center, Saitama, Japan
    Drug Development Research Laboratories, Dainippon Sumitomo Pharma Co., Ltd., Osaka, Japan Effect of Ranirestat, a New Aldose Reductase Inhibitor, on Diabetic Retinopathy in SDT Rats (Presentation number: 1060):ARVO 2014 Annual Meeting, Orlando, Florida, 2014/5/4、p98
  8. 太田有夕美,髙野博子,田中克明,豊田文彦,榛村真智子,木下望,梯彰弘:展示5-1:当院における角膜潰瘍入院症例の検討.第68回日本臨床眼科学会、2014年11月13-16日、神戸市
  9. 榛村真智子,髙野博子,木下望,豊田文彦,太田有夕美,田中克明,梯彰弘:展示26-5:糖尿病患者に対する硝子体切除術後遷延性角膜上皮欠損の危険因子.第68回日本臨床眼科学会、2014年11月13-16日、神戸市
  10. 田中克明,太田有夕美,豊田文彦,榛村真智子,木下望,髙野博子,小幡博人、土橋洋,山田茂樹,梯彰弘:一般演題(口演)1-2-07:シリコーンオイル注入眼に発生する黄斑前膜の病理学的特徴とそれに基づく手術手技.第53回日本網膜硝子体学会総会、2014年11月28-30日、大阪市
  11. Machiko Shimmura-Tomita, Hiroko Takano, Nozomi Kinoshita, Fumihiko Toyoda, Ayumi Ota, Yoshiaki Tanaka, Akihiro Kakehashi: Corneal endothelium damage with silicone oil tamponade. 2014 Asia Cornea Society、台北、2014年12月11日~12日
  12. 榛村真智子,髙野博子,木下望,豊田文彦,太田有夕美,田中克明,上原志保,梯彰弘:自然発症2型糖尿病モデルラットにおける角膜所見の経時的変化,角膜カンファランス2015,2015年2月11-13日,高知市
  13. Toyoda F, Kakehashi A, Takano H, Kinoshita N, Shimmura M, Ota A, Tanaka Y, Uehara S:Diabetic Retinal and Choroidal Edema in SDT Rats, Asia ARVO, February 16-19,2015 Yokohama
  14. 上原志保,田中克明,太田有夕美,豊田文彦,榛村真智子,木下望,髙野博子,梯彰弘:糖尿病患者の血管新生緑内障に対する毛様体扁平部バルベルトインプラントの初期成績.第20回日本糖尿病眼学会総会,2015年3月6-8日,東京
  15. 髙野博子,田中克明,上原志保,太田有夕美,豊田文彦,榛村真智子,木下望,梯彰弘:BTB試験紙を用いた涙液pH測定の検討.第119回日本眼科学会総会,2015年4月16 -19日,札幌
  16. 榛村真智子,髙野博子,木下望,豊田文彦,太田有夕美,田中克明,上原志保,梯彰弘:自然発症2型糖尿病モデルラットにおける角膜上皮創傷治癒.第119回日本眼科学会総会,2015年4月16 -19日,札幌
  17. Shimmura-Tomita M, Takano H, Kinoshita N, Toyoda F, Ota A, Tanaka Y, Uehara S, Kakehashi A: Corneal epithelium wound healing and chronological change of cornea in a spontaneous type 2 diabetes model rat. ARVO2015、2015年5月3-7日、デンバー(アメリカ)
  18. Shimmura-Tomita M, Takano H, Kinoshita N, Toyoda F, Tanaka Y, Uehara S, Kakehashi A: Risk factors of persistent epithelial defect after vitrectomy in diabetics. XXXIII Congress of the ESCRS (European Society of Cataract & Refractive Surgeons) 2015、2015年9月5-9日、バルセロナ(スペイン)
  19. 榛村真智子、髙野博子、木下望、豊田文彦、太田有夕美、田中克明、上原志保、大谷達郎、髙木理那、梯彰弘:ドメスティック・バイオレンス(DV)と高齢者虐待による水晶体・偽水晶体脱臼.第69回日本臨床眼科学会、2015年10月22-25日、名古屋市
  20. Tanaka Y, Ota A, Toyoda F, Kinoshita N, Shimmura-Tomita M, Takano H, Obata H, Dobashi Y, Yamada S, Kakehashi A: Clinicopathological Feature of Epiretinal Membrane in Silicone Oil-Filled Eyes, AAO,2015年11月14-17日,ラスベガス(アメリカ)
  21. 梯彰弘:増殖糖尿病網膜症に対するTotal en bloc excision. 第39回日本眼科手術学会学術総会、2016年1月29日-31日、福岡

ページの先頭へ