診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

扱っている主な疾患、治療方針、得意分野など

当センター眼科では、ほぼすべての眼科疾患に対応しておりますが、特に専門としているのは糖尿病網膜症や網膜剥離などの網膜硝子体疾患と角膜ヘルペスやドライアイなどの角膜結膜疾患です。
手術は、白内障手術、硝子体手術、網膜剥離手術、緑内障手術、角膜移植を中心に行っております。そのなかで最も積極的に治療にあたっているのは、眼科疾患の中で失明の可能性が最も高い糖尿病網膜症です。糖尿病網膜症の発症および進行の抑制には基本的に血糖コントロールが必要ですが、個々の網膜症の病期に合った血糖コントロールおよび薬物治療を内分泌代謝科と連携して行っております。内科的な治療のみでは進行、失明を阻止できない時期の糖尿病網膜症に対しては網膜光凝固を行い、さらに重症な症例には硝子体手術を行っております。硝子体手術においては当科が独自に開発した硝子体注入針や独自の手術法であるTotal en bloc excision techniqueを用いているため、難治症例が多く集まる当センターではありますが、ずば抜けた手術成績となっています。
網膜剥離は、手術時期を失すると失明に至る救急疾患なので、緊急入院、緊急手術で対応しております。網膜剥離の重症度によりバックル手術もしくは硝子体手術の適応を決め最良の結果に結びつけております。
滲出型加齢性黄斑変性症対し光線力学的療法(PDT)さらに抗VEGF薬硝子体注射を積極的に行っております。
2014年より角膜移植手術を定時手術で行うようになりました。全層角膜移植や各種の角膜パーツ移植を行っています。より多くの患者さんの視力回復を担えるようにしたいです。
当科では、近視進行予防の臨床研究『オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼薬の併用による近視進行抑制効果の検討』の参加者を一般募集しております。詳細は下記のPDFファイルをご覧ください。

近視進行予防研究の参加者募集のご案内
約300KB
「近視進行予防研究の参加者募集のご案内」をごらんになりたい方は、左記のPDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。右記のアイコンをクリックすると、Adobe Readerをダウンロードするページにリンクします。

外来診療

外来で扱っている主な疾患、専門外来のご案内など

外来診療は月曜〜金曜の毎日行っております。
ほぼすべての眼科疾患の診療にあたっておりますが、特に専門としているのは、糖尿病網膜症や網膜剥離などの網膜硝子体疾患と角膜ヘルペスやドライアイなどの角膜結膜疾患です。
抗VEGF薬硝子体注射は月曜午前に、日帰り白内障手術は月曜午後に手術室で行っております。レーザー治療や他の外眼部手術は午後に外来で行っております。いずれも一般外来からの予約となります。

当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。
紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

専門外来 (一般外来受診後の予約となります)
黄斑外来 毎週月曜午後
ERG外来 毎月第一木曜午後
ロービジョン外来 毎週金曜午後

入院診療

診療体制など

眼科病棟は、5B病棟で婦人科、歯科口腔外科および腎臓内科との混合病棟となっております。眼科ベッドは18床です。
入院診療は、手術および光線力学的療法を目的にされる場合がほとんどで、網膜剥離や外傷、眼内炎などの救急疾患を除き、すべて予約入院となっております。
手術は、眼科専用の2室の手術室を使用し、火曜、水曜、木曜が手術日となっております。白内障手術のための入院は、その重症度により3日間、5日間、1週間の入院が選択できます。入院後は詳細な術前検査と手術の説明があります。入院中に病棟看護師より各々の患者のみなさまに点眼指導があり、適切な術後点眼の習得を目指してもらいます。

診療実績(2015年1月~12月)

ただしデータは全て平成27年のものである。

新患患者数・再来患者数

外来患者総数 23,571人
新患患者数(人) 1,266
再来患者数(人) 22,305

入院患者数(病名別)

入院患者総数(病名別)合計551

病名 患者数 病名 患者数
白内障 268 加齢黄斑変性 2
糖尿病網膜症 61 角膜混濁 2
網膜剥離 44 角膜潰瘍 2
網膜前膜 32 眼内炎 2
硝子体混濁 29 開放隅角緑内障 2
黄斑円孔 15 急性閉塞隅角緑内障 2
視神経炎 9 続発性緑内障 2
緑内障 9 斜視 2
無水晶体眼 8 中心性漿液性脈絡膜症 2
眼内レンズ脱臼 7 網膜下出血 2
硝子体出血 7 家族性滲出性硝子体網膜症 1
眼瞼下垂 6 角膜上皮障害 1
増殖性硝子体網膜症 6 角膜穿孔 1
血管新生緑内障 5 角膜白斑 1
水泡性角膜症 5 眼瞼内反症 1
水晶体脱臼 3 急性網膜壊死 1
網膜静脈分岐閉塞症 3 強膜異物 1
網膜動脈分岐閉塞症 3 網膜中心静脈閉塞症 1
ぶどう膜炎 2 網膜分離症 1

手術症例術式別リスト

手術患者総数 (延べ人数) 980人
症例・病名 人数(人)
白内障手術 (白内障手術のみ) 622
硝子体手術 (白内障同時手術を含む) 271
バックリング手術 12
緑内障手術 (白内障同時手術を含む) 14
斜視手術 2
角膜移植術 5
その他 54

VEGF阻害剤の使用 522件

ページの先頭へ