診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

スタッフ、レジデント募集中!!!

ようこそ、皮膚科を志す諸君
私は自治医科大学を卒業、スーパーローテートを経た後、外科・皮膚科医として10年余り地域医療に携わり、東北大学(清寺眞教授、田上八朗教授)、自治医科大学(川田陽弘教授、矢尾板英夫教授)、秋田大学(富田靖教授、真鍋求教授)など名だたる 先生方の指導を受け皮膚科の研鑽を積みました。最前線のへき地医療から最先端の大学研究室まで経験しながら、理想とする皮膚科医の姿を模索してきました。
自治医科大学は卒業生が出身県に戻るため、当医局員は自治医大以外の大学から集まってきたメンバーです。とりどりの経歴をもち、様々な理由で皮膚科を志望する個性豊かな人達が当医局へやってきました。彼らと仕事をする中で到達した私が医師に求める資質は4点です。周囲の人にきちんと挨拶ができる。身の回りの整理整頓ができる。人に対しても仕事に対しても誠実に向き合える。チャレンジ精神を持っている。こういった人物を当医局は歓迎します。
他科にくらべ楽だと思われがちな皮膚科ですが、皮膚科ほど幅広く多種多様の疾患扱う科はありません。肩書きだけの皮膚科専門医ではなく、世の中で求められる皮膚科医になるためには、皮膚外科、皮膚科救急疾患、他科との境界領域にも積極的に挑戦する必要があります。
患者にとって最善の治療をおこなえる皮膚科専門医の養成に情熱をそそぎたいと思っています。好きな言葉は「もう一歩前進」です。(出光俊郎)

専門研修プログラムのご案内

当科は、日本皮膚科学会専門医取得のための主研修施設に認定されており、下記のように定められた年数を当科で研修することで、専門医試験の受験資格が得られます。

  • 研修期間は日本皮膚科学会入会時から算定されます。
  • 初期臨床研修開始と同時または初期臨床研修期間中に入会した場合、初期臨床研修期間のうち皮膚科研修期間を100%、他科研修期間を50%に算定します。
  • 皮膚科臨床研修期間中は、当院の関連病院で研修することも可能ですが、1年以上は主研修施設である当センターでの研修が必要です。

① 皮膚科研修プログラム

皮膚科研修プログラム
約100KB
「皮膚科研修プログラム」をごらんになりたい方は、PDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。

② 研修プログラムチェックリスト

研修プログラムチェックリスト
約100KB
「研修プログラムチェックリスト」をごらんになりたい方は、PDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。

当科研修の特徴

豊富な症例で臨床経験を積む

当センターは大学病院の分院として研究施設も備えていますが、臨床に重きをおいています。大学病院としては小規模ですが、近隣に大学病院がないため県内各地から多岐にわたる症例が集まり、専門医取得のためだけではなく、生涯皮膚科医を続けるにあたり役立つ数多くの症例を経験できます。

小規模医局ならでの柔軟性

一般病院で研修がしたい、研究がしたい、興味がある分野について勉強するために国内留学がしたい、子育てをしながら研修をしたい、など、個人の希望を尊重した研修プログラムを組むことが可能です。

バラエティー豊かな人材

当科では後期研修生以外にも「できる皮膚科医」を志す,様々な立場の医師を歓迎します。状況に応じた働き方で、ステップアップを目指して下さい。

  • 初期研修を終え皮膚科医を目指す後期研修生
  • 他の皮膚科医局から異動希望者
  • 他科から皮膚科への転向希望者
  • 仕事中断していた人の復職希望者
  • 子育て中の女性医師

全身型紫外線照射装置
医局会でのサプライズ誕生会。たまには?息抜きも。
(撮影 塚原)

後期専門研修申込方法等について

出光俊郎 e-mail: demitsu@omiya.jichi.ac.jp
梅本尚可 e-mail: umenao@omiya.jichi.ac.jp
上記に、ご連絡下さい。

カンファレンス・連絡会

日 時 内 容
教授回診 毎週水曜日 朝 入院患者の診断、治療経過、方針の確認。
病棟チャートラウンド 毎週月曜日 夕 病棟医間で検査、治療の見落とし、問題点を検討。
臨床カンファレンス 毎週水曜日 夕 臨床写真を見て、所見、診断、治療、経過を話し合う。
病理カンファレンス 毎週水曜日と金曜日 生検、手術の病理組織を見ながら所見、診断を検討。
術前カンファレンス 毎週水曜日 夜 1週間分の手術について、術式、問題点を確認。
抄読会 毎週木曜日 朝 担当者が日本語雑誌1冊すべてをダイジェスト。
病棟カンファレンス 毎週金曜日 朝 混合病棟の三科合同で、全入院患者を一言ずつプレゼン。
Cold case カンファレンス 第4金曜日 夕 臨床•病理カンファレンスで解決できなかった症例検討。
真菌勉強会 非定期 1回/3ヶ月 細菌検査室スタッフと真菌培養検査結果を検討。

学会活動(2016年)

  1. 中村哲史、永島和貴、梅本尚可、塚原理恵子、高澤摩耶、加倉井真樹、出光俊郎(自治医大さいたま医療センター)、蓬原一茂(同外科)山田茂樹(同病理部):左母指背側に発生したmicrocystic adnexal carcinoma. 第373回岩手地方会学術大会:赤坂俊英教授退任記念学会、2016年2月6日—7日, 盛岡市
  2. 山田朋子:自治医大さいたま医療センターにおけるバイオスイッチを行った乾癬症例のまとめ.埼玉県皮膚科治療学会第8回生物学的製剤治療研究会、2016年2月7日、さいたま
  3. 梅本尚可、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、中村哲史、出光俊郎、秋元幸子:Traumatic anserine folliculosisの1例 -さほど珍しくないが認識されていない疾患―.日本皮膚科学会第76回沖縄地方会、2016年2月13-14日、沖縄北谷町
  4. 中村哲史、永島和貴、梅本尚可、塚原理恵子、高澤摩耶、加倉井真樹、出光俊郎(自治医大さいたま医療センター)、蓬原一茂(同外科)、兵頭隆史、山田茂樹(同病理部):左母指背側に発生したMicrocystic adnexal carcinoma. 第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会、2016年2月20日—21日、東京都
  5. 牧 伸樹、山田朋子、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、中村考伸、大場伸江、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、出光俊郎:成人女性の胸部>に発生したclear cell hidradenoma.第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会、2016年2月20日-21日、東京
  6. 塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、牧伸樹、中村考伸、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、山田朋子、出光俊郎:自治医科大学附属さいたま医療センター皮膚科における入院コンサルトの統計 2015。第79回東京・東部支部合同学術大会、2016年2月20-21日、東京
  7. 永島和貴、中村哲史、梅本尚可、山田朋子、高澤摩耶、塚原理恵子、五野貴久、寺井千尋、津田英利、小宮根真弓、大槻マミ太郎、出光俊郎:photosensitive psoriasisの1例.第79回東京・東部支部合同学術大会、2016年2月20-21日、東京
  8. 梅本尚可、正木真澄、永島和貴、塚原理恵子、 中村哲史、 出光俊郎、渡辺恭孝、寺井千尋:難治性喘息に対し大栄オマリズマブ投与中のアトピー性皮膚炎患者の経過.アトピー性皮膚炎治療研究会第21回シンポジウム、2016年2月27日、さいたま市
  9. 湊 さおり、中村哲史、梅本尚可、塚原理恵子、永島和貴、高澤摩耶、出光俊郎:治療に難渋したG群溶連菌による下腿蜂窩織炎の1例。第53回埼玉県医学会総会、2016年2月28日、さいたま市
  10. 塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、牧伸樹、中村考伸、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、山田朋子、出光俊郎:自治医科大学附属さいたま医療センター皮膚科2015年の入院コンサルトの実績。第53回埼玉県医学会総会、2016年2月28日、さいたま市
  11. 山田朋子、中村考伸、中村哲史、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、加倉井真樹、出光俊郎、石井文人、橋本 隆:汗孔角化症に合併した抗ラミニンγ1類天疱瘡の1例.第98回日本皮膚科学会大分地方会、2016年3月5-6日、大分
  12. 出光俊郎、中村考伸、木村正彦、山田朋子、中村哲史、正木真澄、飯田絵理 大場伸江、塚原理恵子、永島和貴、加倉井真樹、梅本尚可 、堂本隆志:Mohs変法がQOLの改善に極めて有用で、原発巣の完全切除が可能であった足底悪性黒色腫進行期例。第34回日本臨床皮膚外科学会、2016年3月5-6日、吹田市
  13. 仁科忠章、塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、牧 伸樹、中村考伸、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、山田朋子、出光俊郎:尋常性乾癬に対するNarrowband UVB療法中に2カ所の基底細胞癌を生じた1例.第34回日本臨床皮膚外科学会、2016年3月5-6日、吹田市
  14. 牧 伸樹、山田朋子、若旅功二、髙澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、中村考伸、大場伸江、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、出光俊郎:診断に苦慮した疱疹状天疱瘡. 第373回日本皮膚科学会秋田地方会、2016年3月12日、秋田市
  15. 加倉井真樹、島田瑞穂、安藤秀二、出光俊郎:茨城県西部でみられた多数のフタトゲチマダニ若虫による刺咬症. 第275回東海地方会、2016年3月20日、名古屋
  16. 牧 伸樹、山田朋子、若旅功二、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、中村考伸、大場伸江、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、出光俊郎:かゆみを伴う顔面と体幹の皮疹.第56回一枚会、2016年5月15日、さいたま市
  17. 塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、牧 伸樹、中村考伸、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、山田朋子、出光俊郎:中毒性表皮壊死症の1例. 第15回埼玉難治性皮膚疾患臨床研究会、2016年5月21日、さいたま市
  18. 梅本尚可、山田朋子、中村哲史、鷲野 聡、秋山 達、清崎浩一、野首光弘、田中 亨、出光俊郎:臍部腫瘤の2例:Sister Mary Joseph結節典型例と診断難渋例.第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会、2016年5月27-28日、鹿児島市
  19. 山田朋子、中村考伸、中村哲史、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、加倉井真樹、出光俊郎、石井文人、橋本 隆:経過中に抗BP180抗体が陽性となった汗孔角化症合併抗ラミニンγ1類天疱瘡の1例.第115回日本皮膚科学会総会、2016年6月3-5日、京都
  20. 梅本尚可、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、中村哲史、出光俊郎、秋元幸子:Traumatic anserine foliculosisの1例 —知名度の低い、知っていれば簡単に診断できる疾患—.  第115回日本皮膚科学会総会、2016年6月3-5日、京都
  21. 加倉井真樹、島田瑞穂、安藤秀二、出光俊郎:多数のチマダニ属マダニ若虫による刺咬症.  第115回日本皮膚科学会総会、2016年6月3-5日、京都
  22. 出光俊郎:教育講演32 内臓疾患のデルマドローム 皮膚は内臓のミラー内臓悪性腫瘍のデルマドロームー.  第115回日本皮膚科学会総会、2016年6月3-5日、京都
  23. 永島和貴、岡部太郎、石川暢夫、福田浩孝、塚原理恵子、梅本尚可、山田朋子、酒井利育、森澤雄司、八木澤隆、大槻マミ太郎、出光俊郎、加納 塁、比留間政太郎、原田和俊:Purpureocilium lilacinumによる皮下型無色菌糸症 -腎移植患者に発症した1例.日本皮膚科学会第867回東京地方会、東京
  24. 出光俊郎:細菌感染症.日本皮膚学会研修講習会 Aコース、2016年8月20日、東京
  25. 竹下雅子,井上多恵,塚原理恵子,出光俊郎:アダリムマブが奏功した掌蹠の著しい角化を乾癬の1例. 第31回日本乾癬学会、2016年9月2日-3日、宇都宮市
  26. 牧 伸樹,山田朋子,高澤摩耶,永島和貴,塚原理恵子,大場伸江,飯田絵理,正木真澄,梅本尚可,出光俊郎:慢性腎不全患者に出現した乾癬様皮疹. 第31回日本乾癬学会、2016年9月2日-3日、宇都宮市
  27. 梅本尚可、仁科忠章、高澤摩耶,塚原理恵子,永島和貴,中村哲史、山田朋子、出光俊郎:尋常性乾癬に対するnarrow band UVB療法が発症誘因として疑われた多発基底細胞癌の1例.第31回日本乾癬学会、2016年9月2日-3日、宇都宮市
  28. 塚原理恵子,永島和貴,牧伸樹,堂本隆志,梅本尚可,中村哲史,山田朋子,出光俊郎,渡邊真弥,崔 龍洙:黄色ブドウ球菌による背部の巨大膿瘍の1例.第44回埼玉県皮膚科医会集談会、2016年9月4日、さいたま市
  29. 髙澤摩耶,塚原理恵子,永島和貴,牧 伸樹,梅本尚可,加倉井真樹,中村哲史,山田朋子,出光俊郎,大河原 晋:透析療法中に発症した水疱性類天疱瘡8例のまとめ.日本皮膚科学会第868回東京地方会、2016年 9月10日、東京
  30. 出光俊郎:合同シンポジウム口腔症状が知らせる全身性疾患 オラドロームのすすめ.第 26 回日本口腔内科学会・第 29 回日本口腔診断学会 合同学術大会、2016年9月24日-25日、岡山市
  31. 永島和貴、岡部太郎、石川暢夫、福田浩孝、塚原理恵子、梅本尚可、山田朋子、酒井利育、森澤雄司、八木澤隆、大槻マミ太郎、出光俊郎、加納 塁、比留間政太郎、原田和俊:Purpureocilium lilacinumによる皮下型無色菌糸症 -腎移植患者に発症した1例.第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会、2016年10月29-30日、浜松市
  32. 高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、山田朋子、出光俊郎:診断に難渋している口唇の皮疹の2例.第16回埼玉県難治性皮膚疾患臨床研究会、2016年11月12日、さいたま市
  33. 井上多恵、竹下雅子:粘膜型尋常性天疱瘡患者に生じたBlaschko線に沿った線状扁平苔癬.第38回水疱症研究会、2016年11月26-27日、さいたま市
  34. 高澤摩耶、塚原理恵子、永島和貴、牧 伸樹、梅本尚可、加倉井真樹、山田朋子、出光俊郎、大河原晋:透析療法中に発症した水疱性類天疱瘡の8例.第38回水疱症研究会、2016年11月26-27日、さいたま市
  35. 牧 伸樹、山田朋子、若旅功二、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、中村考伸、大場伸江、飯田絵理、正木真澄、加倉井真樹、梅本尚可、中村哲史、出光俊郎:薬剤の関与が疑われた疱疹状天疱瘡.第38回水疱症研究会、2016年11月26-27日、さいたま市
  36. 山田朋子、永島和貴、塚原理恵子、高澤摩耶、梅本尚可、飯田絵理、中村考伸、正木真澄、中村哲史、加倉井真樹、出光俊郎、石井文人、橋本 隆:長期間抗デスモグレイン抗体が陰性であるにもかかわらず、憎悪を繰り返す尋常性天疱瘡の1例.第38回水疱症研究会、2016年11月26-27日、さいたま市
  37. 塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、中村哲史、加倉井真樹、梅本尚可、山田朋子、出光俊郎、蛭田昌宏、野首光弘、田中 亨:菌状息肉症に続発した皮膚アミロイドーシスの1例.日本皮膚科学会第870回東京地方会、2016年12月17日、東京
  38. Demitsu T, Nagashima K, Okabe T, Morisawa Y, Yamada T, Kakurai M, Umemoto N, Ishikawa N, Yagisawa T, Fukuta H, Ohtsuki M, Kano R, Hiruma M, Harada K: Subcutaneous hyalohyphomycosis caused by Purpureocillium lilacinum in an immunocompromised patient after kidney transplantation. The 4th Eastern Asia Dermatology Congress (4th EADC), Urayasu City, November 16-18, 2016, 浦安市
  39. Yamada T, Nakamura T, Nakamura S, Nagashima K, Tsukahara R, Takazawa M, Umemoto N, Kakurai M, Demitsu T, Ishii N, Hashimoto T: A case of laminin γ1(p200) pemphigoid presenting with anti-BP180 antibodies during the course in a patient with disseminated superficial porokeratosis. The 4th Eastern Asia Dermatology Congress, November 16-18, 2016, 浦安市

ページの先頭へ