診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

スタッフ、レジデント募集中!!!

ようこそ、皮膚科を志す諸君
私は自治医科大学を卒業、スーパーローテートを経た後、外科・皮膚科医として10年余り地域医療に携わり、東北大学(清寺眞教授、田上八朗教授)、自治医科大学(川田陽弘教授、矢尾板英夫教授)、秋田大学(富田靖教授、真鍋求教授)など名だたる 先生方の指導を受け皮膚科の研鑽を積みました。最前線のへき地医療から最先端の大学研究室まで経験しながら、理想とする皮膚科医の姿を模索してきました。
自治医科大学は卒業生が出身県に戻るため、当医局員は自治医大以外の大学から集まってきたメンバーです。とりどりの経歴をもち、様々な理由で皮膚科を志望する個性豊かな人達が当医局へやってきました。彼らと仕事をする中で到達した私が医師に求める資質は4点です。周囲の人にきちんと挨拶ができる。身の回りの整理整頓ができる。人に対しても仕事に対しても誠実に向き合える。チャレンジ精神を持っている。こういった人物を当医局は歓迎します。
他科にくらべ楽だと思われがちな皮膚科ですが、皮膚科ほど幅広く多種多様の疾患扱う科はありません。肩書きだけの皮膚科専門医ではなく、世の中で求められる皮膚科医になるためには、皮膚外科、皮膚科救急疾患、他科との境界領域にも積極的に挑戦する必要があります。
患者にとって最善の治療をおこなえる皮膚科専門医の養成に情熱をそそぎたいと思っています。好きな言葉は「もう一歩前進」です。(出光俊郎)

専門研修プログラムのご案内

当科は皮膚科専門医取得のための研修基幹施設となっております。さいたま赤十字病院、JCHOさいたま北部医療センター、春日部中央総合病院を研修連携施設とし、複数の研修コースを設定しています。詳しくは下記に添付した研修プログラムをご覧ください。

① 皮膚科研修プログラム

皮膚科研修プログラム
約100KB
「皮膚科研修プログラム」をごらんになりたい方は、PDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。

② 研修プログラムチェックリスト

研修プログラムチェックリスト
約100KB
「研修プログラムチェックリスト」をごらんになりたい方は、PDFファイルのアイコンをクリックするとダウンロードすることができます。

当科研修の特徴

豊富な症例で臨床経験を積む

当センターは大学病院の分院として研究施設も備えていますが、臨床に重きをおいています。大学病院としては小規模ですが、近隣に大学病院がないため県内各地から多岐にわたる症例が集まり、専門医取得のためだけではなく、生涯皮膚科医を続けるにあたり役立つ数多くの症例を経験できます。

小規模医局ならでの柔軟性

一般病院で研修がしたい、研究がしたい、興味がある分野について勉強するために国内留学がしたい、子育てをしながら研修をしたい、など、個人の希望を尊重した研修プログラムを組むことが可能です。

バラエティー豊かな人材

当科では後期研修生以外にも「できる皮膚科医」を志す,様々な立場の医師を歓迎します。状況に応じた働き方で、ステップアップを目指して下さい。

  • 初期研修を終え皮膚科医を目指す後期研修生
  • 他の皮膚科医局から異動希望者
  • 他科から皮膚科への転向希望者
  • 仕事中断していた人の復職希望者
  • 子育て中の女性医師

全身型紫外線照射装置
医局会でのサプライズ誕生会。たまには?息抜きも。
(撮影 塚原)

見学・実習・研修など問い合わせ

卒後臨床研修室 e-mail: rinshoukenshu2@omiya.jichi.ac.jp
川瀬正昭 e-mail: kawase@jichi.ac.jp
上記に、ご連絡下さい。

カンファレンス・連絡会

日 時 内 容
教授回診 毎週水曜日 朝 入院患者の診断、治療経過、方針の確認。
病棟チャートラウンド 毎週月曜日朝 病棟医間で検査、治療の見落とし、問題点を検討。
臨床カンファレンス 毎週水曜日夕 臨床写真を見て、所見、診断、治療、経過を話し合う。
病理カンファレンス 毎週金曜日昼 生検、手術の病理組織を見ながら所見、診断を検討。
術前カンファレンス 毎週水曜日夕 1週間分の手術について、術式、問題点を確認。
病棟カンファレンス 毎週金曜日朝 混合病棟の三科合同で、全入院患者を一言ずつプレゼン。
Cold case カンファレンス 不定期1回/月 臨床•病理カンファレンスで解決できなかった症例検討。
真菌勉強会 不定期1回/3カ月 細菌検査室スタッフと真菌培養検査結果を検討。
輪読会 金曜日朝 Lever’s Histopathology of the Skinを読む

学会活動(2017年)

  1. 井上多恵、塚原理恵子、竹下雅子:ピアスケロイドに対するスプリント素材(アクアプラスト)の利用.第35回日本臨床皮膚外科学会総会・学術大会、2017年1月20-21日、台北
  2. 出光俊郎、永島和貴、塚原理恵子、山田朋子、中村哲史、加倉井真樹、梅本尚可、川瀬正昭、堂本隆志:稗粒腫を伴った発疹型汗管腫 -稗粒腫様汗管腫と推定した1例-.第35回日本臨床皮膚外科学会総会・学術大会、2017年1月20-21日、台北市
  3. 森 愛里、原みずき、川瀬正昭、江藤隆史:臍部に生じた尖圭コンジローマの1例.日本皮膚科学会第871回東京地方会、2017年1月21日、東京
  4. 梅本尚可、塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、山田朋子、中村哲史、出光俊郎:通院困難だが自宅外用は熱心なアトピー性皮膚炎患者の1例.第7回日本皮膚科心身医学会、2017年1月29日、京都市
  5. 竹下雅子、井上多恵、宮田聡子、出光俊郎、石井則久:在日ネパール人に発症したハンセン病の1例.第80回日本皮膚科学会東京支部学術大会、2017年2月11-12日、横浜市
  6. 宮田聡子、出光俊郎、藤村響男、Irawan Yusuf:ハンセン病の感染様式の解明とインドネシア共和国におけるハンセン病増加の原因究明.第54回埼玉県医学会総会、2016年2月26日、さいたま市
  7. 斎藤優子、高澤摩耶、塚原理恵子、正木真澄、永島和貴、梅本尚可、出光俊郎、山田朋子:DPP4阻害薬内服後に発症し、抗BP180抗体価が著明高値であった水疱性類天疱瘡の1例(仮).第54回埼玉県医学会総会、2017年2月26日、さいたま市
  8. 出光俊郎:特別講演 オラ・ドローム-口腔粘膜症状が知らせる全身性疾患・皮膚疾患-.第33回日臨皮東北ブロック学術大会、2017年3月19日、秋田市
  9. 出光俊郎:特別講演 JAMEPスキルアップセミナー 皮膚疾患、2017年3月26日、東京
  10. 高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、山田朋子、川瀬正昭、出光俊郎:足底の角化と紅斑を呈した1例.難治性皮膚疾患臨床研究会、2017年4月9日、さいたま市
  11. 川瀬正昭:難治性疣贅 -私なら、こうする-.第33回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会シンポジウム、2017年4月22-23日、神戸市
  12. 原みずき、川瀬正昭、江藤隆史、伊藤慶悟:鼻尖部の小びらんとして生じた低悪性度脂腺癌の1例.第33回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 シンポジウム、2017年4月22-23日、神戸市
  13. 森愛里、原みずき、松﨑大幸、川瀬正昭、江藤隆史:尋常性白斑にアレキサンドライトレーザーを照射した2例.第33回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 シンポジウム、2017年4月22-23日、神戸市
  14. 山田朋子、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、加倉井真樹、出光俊郎、酒井利育、川添礼子、原田和俊:広範囲に病変を生じたMycrosporum gypseumによる高齢者異型白癬の1例.第116回日本皮膚科学会総会、2017年6月2-4日、仙台市
  15. 牧 伸樹、吉田 誠、南條 博、増田弘毅、出光俊郎:両前腕に多発する皮下結節を呈した被包性脂肪壊死性小結節(菊池).第116回日本皮膚科学会総会、2017年6月2-4日、仙台市
  16. 加倉井真樹、梅本尚可、山本亜紀、神部芳則、小宮根真弓、津田英利、大槻マミ太郎、出光俊郎:アジスロマイシン抗菌薬内服が奏功した白色海綿状母斑の1例.第116回日本皮膚科学会総会、2017年6月2-4日、仙台市
  17. 小林真麻、川瀬正昭、江藤隆史:Human papillomavirus(HPV)63型による点状疣贅の2例.第116回日本皮膚科学会総会学術大会、2017年6月2-4日、仙台市
  18. 梅本尚可、吉田龍一、中村考伸、川瀬正昭、出光俊郎、秋山 達、蛭田昌宏、野首光弘、山田茂樹、田中 亨:初回摘出時は良性と診断したが、再発時には悪性像を呈した脂肪細胞性腫瘍.第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会、2017年6月30日-7月1日、秋田市
  19. 永島和貴、堂本隆志、高澤摩耶、塚原理恵子、山田朋子、梅本尚可、川瀬正昭、出光俊郎:外陰部硬化性萎縮性苔癬に有棘細胞癌が多発性に生じた1例.第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会、2017年6月30日-7月1日、秋田市
  20. 伊吹千里,常深祐一郎,川島眞,川瀬正昭:HPV58とHPV84を検出した陰茎有棘細胞癌の1例.第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会、2017年6月30日-7月1日、秋田
  21. 山田朋子、山田真嗣、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、加倉井真樹、川瀬正昭、出光俊郎:体幹・下肢に多数の病変がみられたMycrosporum gypseumによる高齢者体部白癬の1例.東北真菌懇話会、2017年7月8-9日、仙台市
  22. 出光俊郎、高澤摩耶、梅本尚可、加倉井真樹、山田朋子、宮田聡子、酒井利育:Curvularia spp.が分離された顔面異型白癬の1例.東北真菌懇話会、2017年7月8-9日、仙台市
  23. 出光俊郎、宮田聡子、中村考伸、梅本尚可、山田朋子、加倉井真樹、酒井利育、川瀬正昭:複数の皮膚科専門医の目をくぐり抜けてきたMicrosporum canisによる体部白癬の1例.東北真菌懇話会、2017年7月8-9日、仙台市
  24. 出光俊郎、山田朋子、塚原理恵子、永島和貴、中村哲史、高澤摩耶、宮田聡子、梅本尚可、川瀬正昭:ケルスス禿瘡様症状を呈し著明な脱藻をきたした尋常性天疱瘡の1例 -軽微な剥離性歯肉炎をきっかけに診断した1例-.東北真菌懇話会、2017年7月8-9日、仙台市
  25. 出光俊郎、山田朋子、塚原理恵子、永島和貴、中村哲史、宮田聡子、梅本尚可、川瀬正昭:酒さ様皮膚炎として治療されていた顔面の異型皮膚カンジダ症.東北真菌懇話会、2017年7月8-9日、仙台市
  26. 高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、山田朋子、川瀬正昭、出光俊郎、酒井利育、原田和俊:潰瘍性大腸炎に合併したスポロトリコーシスー壊疽性膿皮症と紛らわしい臨床像を呈した1例. 東北真菌懇話会、2017年7月8-9日、仙台市
  27. 梅本尚可、松本崇直、山田真嗣、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、山田朋子、川瀬正昭、出光俊郎、中村哲史、石井文人、橋本 隆:水疱症らしからぬ臨床像で発症した線状IgA/IgGの水疱性皮膚症の1例.第39回水疱症研究会、2017年7月15-16日、札幌市
  28. 出光俊郎、山田朋子、梅本尚可、永島和貴、塚原理恵子、加倉井真樹、川瀬正昭:当初、ケルスス禿瘡を第一に考えたヘアニコルスキー現象の著名な尋常性天疱瘡の1例.第39回水疱症研究会、2017年7月15-16日、札幌市
  29. 出光俊郎、神部芳則:Stevens-Johnson症候群への移行が懸念されたマイコプラズマ関連口内炎の1例.第27回日本口腔内科学会、2017年9月7-8日、札幌市
  30. 山田朋子、梅本尚可、山田真嗣、高澤摩耶、永島和貴、塚原理恵子、川瀬正昭、加倉井真樹、出光俊郎:抗TNF-α製剤によるparadoxical reactionの4例.第32回日本乾癬学会学術大会、2017年9月8-9日、東京
  31. 光平真由美、宮田聡子、野村 武:難治性うっ滞性潰瘍の治療と課題. 第19回褥瘡学会学術集会, 2017年9月14-15日, 盛岡
  32. 出光俊郎、梅本尚可、山田朋子、加倉井真樹、宮田聡子、川瀬正昭:Crohn病の外陰部病変と紛らわしい臨床像を呈したJacquet erosive diaper dermatitisの1例.第81回日本皮膚科学会東部支部学術大会、2017年9月23-24日、郡山市
  33. 梅本尚可、加倉井真樹、出光俊郎、原田和俊:潰瘍性大腸炎の治療中、下腿に潰瘍を形成したスポロトリコーシスの1例.第61回日本医真菌学会総会・学術大会、2017年9月30日-10月1日、金沢
  34. 出光俊郎、山田真嗣、山田朋子、塚原理恵子、永島和貴、加倉井真樹、梅本尚可、川瀬正昭:頭頂部を中心に顕著な脱毛局面をきたした尋常性天疱瘡の1例.第68回日本皮膚科学会中部支部学術大会、2017年10月7-8日、京都
  35. Demitsu T, Jinbu Y, Komine M, Umemoto N, Kakurai M, Yoneda K, Yamamoto A, Tsuda H, Ohtsuki M, Mori Y: An ultrastrucutural study of familial type and non-familial type of white sponge nevus. 47th Annual ESDR Meetin 2017, 2017年9月27-30日、Salzburg
  36. 出光俊郎、山田朋子、塚原理恵子、永島和貴、加倉井真樹、梅本尚可、川瀬正昭:頭頂部を中心に顕著な脱毛局面をきたした尋常性天疱瘡の1例.第68回日本皮膚科学会中部支部学術大会、2017年10月7-8日、京都
  37. 荻野太郎:著しい顔面腫脹を呈し、診断に難渋したT細胞リンパ腫の1例.第18回埼玉難治性皮膚疾患臨床研究会、2017年10月14日、川越市
  38. 山田真嗣:抗てんかん薬の内服により治療に難渋した尋常性天疱瘡の1例.第18回埼玉難治性皮膚疾患臨床研究会、2017年10月14日、川越市
  39. 高澤摩耶、塚原理恵子、永島和貴、牧 伸樹、梅本尚可、加倉井真樹、山田朋子、川瀬正昭、出光俊郎、大河原晋:透析療法中に発症した水疱性類天疱瘡の8例.第38回日本アフェレシス学会学術大会、2017年10月19-21日、浦安市
  40. 出光俊郎、梅本尚可、高澤摩耶、塚原理恵子、永島和貴、山田朋子、加倉井真樹、宮田聡子、久保 諭、今川一郎、川瀬正昭:嚢腫壁に伝染性軟属腫ウィルス封入体をみとめた粉瘤の成人例.第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会、2017年10月28-29日、熊本
  41. 永島和貴、川瀬正昭、山田真嗣、高澤摩耶、塚原理恵子、梅本尚可、伊東慶悟、安齋眞一、出光俊郎:基底細胞癌との鑑別に苦慮した鼻尖部毛芽腫の1例.第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会、2017年11月19-20日、東京
  42. 高澤摩耶、山田真嗣、永島和貴、塚原理恵子、梅本尚可、山田朋子、川瀬正昭、出光俊郎、土橋 洋、山田茂樹:脛骨前粘液水腫の2例~Basedow病と橋本病の合併例~.第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会、2017年11月19-20日、東京
  43. 塚原理恵子、高澤摩耶、永島和貴、中村考伸、山田朋子、梅本尚可、川瀬正昭、出光俊郎、蛭田昌宏、山田茂樹、田中 亨、福本隆也:ケラトアカントーマ様の臨床所見を呈したatypical fibroxanthomaの1例.第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会、2017年11月19-20日、東京
  44. 梅本尚可、高澤摩耶、塚原理恵子、中村哲史、出光俊郎:患者の詳細な記録より診断しえた米アレルギーの1例.第47回日本皮膚アレルギー学会・接触皮膚炎学会、2017年12月8-10日、鹿児島

ページの先頭へ