診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

後期専門研修プログラムのご案内

初期臨床研修2年間が終了した後に、さいたま医療センター外科・呼吸器外科・心臓血管外科では共同して「さいたま医療センター 外科専門医 研修プログラム」を作成しており、平成30年度からプログラムが運用されます。平成29年度には募集およびマッチングが始まることとなりますが、詳細は当科ホームページをご覧下さい。
当科ホームページへ: http://www.jichi.ac.jp/ocvs/

さいたま医療センター 外科専門医 研修プログラム(一部)

さいたま医療センター外科・呼吸器外科・心臓血管外科では、卒後2年間の臨床研修を終了した医師を対象にして、3年間の後期臨床研修プログラムを作成し、応募者を公募します。後期研修プログラムの基本的到達目標は、外科専門医資格の取得です。

後期臨床研修医の対象とプログラムの目標

後期臨床研修医の対象となるのは、外科専門医資格取得をめざす医師であって、卒後初期臨床研修の2年間を終了し、外科・心臓血管外科・呼吸器外科の臨床研修を希望するものとします。研修プログラム終了後は外科専門医として外科チームをリードし、患者のみなさまから信頼を得て診療を担当できる臨床的能力を備えていることを目標とします。また、後進の医師や学生を指導できる教育能力についても養われていることを目標とします。したがって、研修医それぞれの事情によりプログラムの実施過程に変更はあるにしても、研修プログラムを途中で放棄することなく、最後まで完了するための意志が必要です。研修終了時には、外科専門医受験資格を取得するに十分な臨床的経験を積んでいることがプログラム作成の前提となっています。後期臨床研修プログラム終了後はサブスペシャリティーとして、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科等、それぞれの専門医研修へ進むことが推奨されます。

研修期間と研修内容

研修期間・研修内容については、日本外科学会で認可された 『さいたま医療センター 外科専門医 研修プログラム』に詳記されております。詳細は当科ホームページをご覧下さい。

修練医(専門医)プログラムのご案内

さいたま医療センター心臓血管外科では、心臓血管外科専門医をめざす若手医師の修練プログラムを運用し、次世代の心臓血管外科医を育てています。以下にその一部を掲載しますが、詳細については当科ホームページを参照して下さい。
当科ホームページへ: http://www.jichi.ac.jp/ocvs/

さいたま医療センター 心臓血管外科 専門医修練カリキュラム(一部)

はじめに

自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科では、これまでも心臓血管外科専門医を養成するための修練を重視し、様々な努力と工夫を行ってきました。心臓血管外科専門医制度が機能していますので、専門医制度に適応した自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科の専門医修練カリキュラムを作成していますので、以下に提示します。

修練カリキュラムの対象と目的

修練カリキュラムの対象となるのは、心臓血管外科専門医をめざす医師であって、医学部卒業後初期研修(1~2年間)を終了し、さらに2~3年程度の外科系修練をすでに経験した者とします。修練カリキュラム開始時の年齢、卒業後年数などは原則として問いません。修練カリキュラム終了後は心臓血管外科専門医として心臓血管外科チームをリードし、患者から信頼を得て診療を担当できる臨床的能力を備えていることを目標とします。また、後進の医師や学生を指導できる教育能力と、一定の研究能力についても養われていることを目標とします。したがって、修練医それぞれの事情によりカリキュラム内容に変更はあるにしても、修練カリキュラムを途中で放棄することなく、最後まで完了するための強い熱意と意志が必要です。修練カリキュラム終了時には、心臓血管外科専門医受験資格を取得するに十分な臨床的経験と業績を積んでいることがこのカリキュラム編成の前提となっています。

修練期間と修練内容

修練期間は原則として3年間とします。ただし、研究期間や留学期間がある場合には、この限りではありません。なお希望に応じてその後2年間の修練を追加できるものとします。
毎年若干名の修練医を募集しておりますので、希望者は応募して下さい。

研究実績(2016年度の一部)

原著論文

  • Yamaguchi A,Kimura N,Itoh S,Adachi K,Yuri K,Okamura H,Adachi H.Efficacy of multiple arterial coronary bypass grafting in patients with diabetes mellitus.Eur J Cardiothorac Surg.2016;50:520-527
  • Yamaguchi A.Coronary artery revascularization for ischemic cardiomyopathy.Journal of the Japanese Coronary Association.2016;22:210-216
  • Itoh S,Kimura N,Adachi H,Yamaguchi A.Is bilateral internal mammary arterial grafting beneficial for patients aged 75 years or older? Circ J.2016;80:1756-1763
  • Shiraishi M,Shintani Y,Shintani Y,Ishida H,Saba R,Yamaguchi A,Adachi H,Yashiro K,Suzuki K.Alternatively activated macrophages determine the repair of the infarcted adult murine heart.J Clin Invest.2016;126:2151–2166
  • Nakada H,Arakawa M.Caregiver perspectives on end-of-life experiences of patients with left ventricular assist devices.JAMA Intern Med.2016;176:1231
  • Withana NP,Saito T,Ma X,Garland M,Liu C,Kosuge H,Amsallem M,Verdoes M,Ofori LO,Fischbein M,Arakawa M,Cheng Z,McConnell MV,Bogyo M.Dual-modality activity-based probes as molecular imaging agents for vascular inflammation.J Nucl Med.2016;57:1583-1590
  • Date K,Nishimura T,Takewa Y,Kishimoto S,Arakawa M,Umeki A,Ando M,Mizuno T,Tsukiya T,Ono M,Tatsumi E.Shifting the pulsatility by increasing the change in rotational speed for a rotary LVAD using a native heart load control system.J Artif Organs.2016;19:315-321
  • Arakawa M,Nishimura T,Takewa Y,Umeki A,Ando M,Kishimoto Y,Kishimoto S,Fujii Y,Date K,Kyo S,Adachi H,Tatsumi E.Pulsatile support using a rotary left ventricular assist device with an electrocardiography-synchronized rotational speed control mode for tracking heart rate variability.J Artif Organs.2016;19:204-207
  • Nakada H,Arakawa M,Tatsumi E.Regulatory controversy on the pediatric ventricular assist device trial in Japan.J Heart Lung Transplant.2016;35:148-150
  • Itagaki R,Katayama I,Itoh S,Tanaka M.Three-dimensional reconstructed imaging of computed tomography of left ventricular thrombus after acute myocardial infarction.Eur J Cardiothorac Surg.2016;49:1534-1535
  • Nomura Y,Yuri K,Kimura N,Okamura H,Itoh S,Matsumoto H,Yamaguchi A,Adachi H.Endovascular repair of thoracic aortic aneurysm associated with right-sided aortic arch:report of two cases.Gen Thoracic Cardiovasc Surg.2016;64:552-557
  • Yoshizaki T,Kimura N,Hirano T,Yamaguchi A,Adachi H.Acute aortic dissection occurring ”behind the wheel”,report of 11 cases.Ann Vasc Dis.2016;9:205-208
  • Rylski B,Czerny M,Beyersdorf F,PhD, Kari FA,Siepe M,Adachi H,Yamaguchi A,Itagaki R,Kimura N.Is right axillary artery cannulation safe in type A aortic dissection with involvement of the innominate artery? J Thorac Cardiovas Surg.2016;152:801-807
  • Sasabuchi Y,Kimura N,PhD, Shiotsuka J,Komuro T,Mouri H,Onuma T,Asaka K,Lefor AK,Yasunaga H,Yamaguchi A,Adachi H,Sanui M.Long-term survival in patients with acute kidney injury after acute type A aortic dissection repair.Ann Thorac Surg.2016;102:2003-2009
  • Gupta SK,Itagaki R,Zheng X,Batkai S,Thum S,Ahmad F,Van Aelst LN,Sharma A,Piccoli MT,Weinberger F,Fiedler J,Heuser M,Heymans S,Falk CS,Förster R,Schrepfer S,Thum T.Cardiovasc Res.miR-21 promotes fibrosis in an acute cardiac allograft transplantation model. Cardiovasc Res. 2016;110:215-226
  • Sato K,Itagaki R,Arao K,Makita K.Lifesaving treatment of acute stanford B aortic dissection complicated by intestinal ischemia with stent placement in the superior mesenteric artery: a case report..Ann Vasc Dis.2016;9:248-251
  • Guihaire J,Itagaki R,Stubbendorff M,Hua X,Deuse T,Ullrich S,Fadel E,Dorfmüller P,Robbins RC,Reichenspurner H,Schumacher U,Schrepfer S.Orthotopic tracheal transplantation using human bronchus: an original xenotransplant model of obliterative airway disorder. Transpl Int. 2016 Sep 10. [Epub ahead of print]
  • Ishida H,Saba R,Kokkinopoulos I,Hashimoto M,Yamaguchi O,Nowotschin S,Shiraishi M,Ruchaya P,Miller D,Harmer S,Poliandri A,Kogaki S,Sakata Y,Dunkel L,Tinker A,Hadjantonakis AK,Sawa Y,Sasaki H,Ozono K,Suzuki K,Yashiro K.GFRA2 identifies cardiac progenitors and mediates cardiomyocyte differentiation in a RET-independent signaling pathway.Cell Rep.2016;16:1026-1038
  • Tano N,Kaneko M,Ichihara Y,Ikebe C,Coppen SR,Shiraishi M,Shintani Y,Yashiro K,Warrens A,Suzuki K.Allogeneic mesenchymal stromal cells transplanted onto the heart surface achieve therapeutic myocardial repair despite immunologic responses in rats.J Am Heart Assoc.2016;18:5 [Epub ahead of print]
  • 安達晃一,山口敦司,由利康一,松本春信,木村直行,岡村 誉,白石 学,堀 大治郎,安達秀雄.永久気管瘻患者に対する低侵襲アプローチによる全弓部大動脈置換術の1例.胸部外科.2016;69:481-484
  • 百瀬直樹,草浦理恵,梅田千典,岡田ひとみ,小山信一郎,水上由美子,遠山信幸,亀森康子,菊地浩二,山口敦司.半自動で動作する車椅子フットレストの開発.医療機器学.2016;86:267-270

論説 (一部)

  • 安達秀雄.症状と所見:多彩で変動することが特徴 §3 急性大動脈解離の診断.大動脈解離診断と治療のStandard.In:編著:井元清隆 上田敏彦 安達秀雄,中外医学社,2016;34-39
  • 安達秀雄.1. 医療安全と大動脈解離 §6 今後の課題.大動脈解離診断と治療のStandard.In:編著:井元清隆 上田敏彦 安達秀雄,中外医学社,2016:178-182
  • 安達秀雄.増加する大動脈疾患と治療の進歩.大動脈疾患(大動脈解離を中心に) 日本循環器学会 第14回プレスセミナー(2015年11月24日・東京).Therapeutic Research ,2016;37:21-24
  • 安達秀雄.急性大動脈解離の診断と治療における集学的アプローチ.心臓財団虚血心疾患セミナー.発行:日本心臓財団・日本循環器学会,心臓.2016;46:680-684
  • 安達秀雄.急性大動脈解離-病態解明,診断治療,診療体制の問題点-.In:監修:髙久文麿,猿田享男,編集:北村 聖,Current Therapy(臨床現場で役立つ最新の治療),2016;34:918-928
  • 安達秀雄.書籍.新心臓血管外科テキスト.In:編集:安達秀雄,小野 稔,坂本喜三郎,志水秀行,宮田哲郎,中外医学社,東京,2016
  • 安達秀雄.総論.医療安全と専門医 b専門領域の医療安全.In:編集:安達秀雄,小野 稔,坂本喜三郎,志水秀行,宮田哲郎,新心臓血管外科テキスト,東京,2016:57-72
  • 安達秀雄.大動脈疾患に関する基本事項-人工血管-(分担執筆).In:編集:安達秀雄,小野 稔,坂本喜三郎,志水秀行,宮田哲郎,新心臓血管外科テキスト,中外医学社,東京,2016:484-488
  • 山口敦司.5-b 三尖弁疾患-三尖弁置換術. Ch2 成人心臓外科-弁膜疾患・不整脈疾患(分担執筆).In:編集:安達秀雄,小野 稔,坂本喜三郎,志水秀行,宮田哲郎,新心臓血管外科テキスト,中外医学社,東京,2016:205-207
  • 山口敦司.虚血性心筋症に対する冠血行再建術.日冠疾会誌,2016;22:210-216
  • 安達晃一.C. 腸管虚血 5. 臓器虚血への対応 §4 急性大動脈解離の治療.大動脈解離診断と治療のStandard.In:編著:井元清隆 上田敏彦 安達秀雄,中外医学社,2016:120-122
  • 安達晃一.1 IABP/PCPS.Ch2 成人心臓外科-重症心不全に対する治療(分担執筆).In:編集:安達秀雄,小野 稔,坂本喜三郎,志水秀行,宮田哲郎,新心臓血管外科テキスト,中外医学社,東京,2016:250-253
  • 松本春信.21 人工血管感染.Ch5 腹部・末梢血管外科(分担執筆).In:編集:安達秀雄,小野 稔,坂本喜三郎,志水秀行,宮田哲郎,新心臓血管外科テキスト,中外医学社,東京,2016:745-747
  • 木村直行.術式別に学ぶ心臓血管手術:胸部大動脈疾患.5.急性大動脈解離の手術.(特集:心臓血管外科 前編).Intensivist.2016;7:833-846
  • 木村直行.1.A型大動脈解離のフォローアップ §5 慢性期の大動脈解離.大動脈解離診断と治療のStandard.In:編著:井元清隆 上田敏彦 安達秀雄,中外医学社,2016:160-162

ページの先頭へ