診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

外来診療

外来診療は月~金まで毎日行っています。心臓血管疾患で外科治療が必要な方は、当センター宛ての紹介状を持って事前にご予約のうえご相談においで下さい。 予約が取れない場合は、紹介状を持って来て下されば、初診枠で拝見致します。緊急手術は随時受け付けていますので、日中は心臓血管外科外来担当者もしくは病棟担当医、休日・夜間は心臓血管外科の当直者までご連絡下さい。心臓血管外科では毎日当直体制をとり、365日24時間緊急症例に対応しております。

紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

診療実績

2016年の治療実績

日本胸部外科学会に報告する2016年の心臓大血管手術件数は532件、末梢血管・腹部大動脈を含めた心臓血管外科の総手術件数は1,010件でした。昨年と比較するとわずかな減少でしたが、2年連続して心臓大血管外科手術件数は500件を超え、総手術件数も1,000件を超えることができました。約150件近い緊急症例の対応もしてきたわけですが、このような数の患者様に対する診療を行なう上では、病棟管理・運営をしていただいたICU・病棟スタッフの皆様、手術室での管理・運営をしていただいた麻酔科医師・手術室スタッフの方々のご尽力なくしてはできないことです。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
2016年の臨床実績において特筆すべきこととしては、弁膜症手術が昨年に引き続き過去最高の数字を更新し264件となっており、この数年の増加傾向は目を見張るものがあります。高齢者大動脈弁狭窄症(AS)の増加は日本の高齢化社会の急速な変化を表わしているものと思われますが、特に高齢者大動脈弁狭窄症の場合には、ほかの臓器合併症を有することが多く、手術リスクも非常に高くなることが指摘されております。そのような状況下で2014年7月からTAVR(経皮的大動脈弁置換術)が当センターでも可能になり、従来の手術治療(AVR)ではリスクが高すぎるとみなされた患者様たちを対象としているにもかかわらず、非常に良好な成績が得られております。僧帽弁閉鎖不全症に対するMICS(小開胸手術)は約30件経験いたしましたが、いずれも良好な経過であり、退院期間の短縮・早期職場復帰に寄与できたものと考えております。MICS手術は比較的low riskで若い患者様を対象に進めてまいりましたが、その適応が次第に拡大されつつあります。胸部大動脈疾患では、急性大動脈解離に対する緊急手術が多く行われましたが、近年の急性解離症例の傾向としては、比較的若く(50歳台前後)心筋・脳・腸管・下肢などの臓器虚血症状を伴った劇症型の患者様が多くなっている印象があります。臓器虚血を伴った急性解離の治療成績は著しく不良であることが以前より指摘されておりましたが、そのような重症例を数多く受け入れて治療を行う機会が得られたのも、救急部・手術室・集中治療室・病棟、それぞれの場でのスタッフの努力によるものであり、結集されたチーム力の賜物であると思います。
PADを含めた末梢血管手術の件数も、松本講師の就任以来、右肩上がりに増加しております。中でも重症虚血肢に対する膝下血管へのバイパス手術は、国内でも有数の件数となっております。下肢静脈瘤に対しては、レーザー治療を導入しておりますが、近年の低侵襲化の潮流に乗って入院期間もより短縮しつつある傾向にあります。
関連病院であるさいたま赤十字病院・春日部中央総合病院・練馬光が丘などは同じ診療圏にあり、それぞれのスタッフの努力により近年の手術件数はいずれも増加しております。埼玉県南部の診療圏において発症した、急性大動脈解離や動脈瘤破裂などの一刻を争う病状に対しては、関連病院間で連携をとることで診療の受け皿を増やし、地域におけるより効率的な救急診療の提供を目標としております。また2014年より当施設からの派遣が始まった横浜みなと赤十字病院においても、施設全体からの支援を得て、手術件数が順調に増加しております。神奈川県の同じ診療圏にある横須賀うわまち病院とも連携し、今後さらなる地域貢献ができるようにと、日々の診療に専心しております。
最後になりましたが、常日頃循環器診療チームとして的確かつ迅速な診断および初期治療をされ、患者さまを紹介してくださる循環器内科の先生方・各診療科の先生方、また近隣の施設・病医院の先生方にもこの場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。私どもの診療に御理解いただき、平素より深いご支援をいただき、誠にありがたく存じ上げます。今後とも引き続き御指導御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

手術治療数の推移と手術内容

心臓大血管手術症例数の経過、および2016年の手術治療内容をグラフで示しました。

疾患別症例数の年次推移(1990年~2016年)
疾患別症例数の年次推移
2016年心臓血管外科手術の内容
(日本胸部外科学会への報告に準じる)
(総数1,010症例:重複なし)
重複なし
2016年心臓血管外科手術の内容
(総数1,113症例:重複あり)
重複あり

カンファレンス

手術日は毎日(月~金)であり、緊急手術も多いため、毎週月、水、金の朝6時45分より8時30分まで早朝に術前、術後カンファレンスを実施しています。手術執刀医が術後報告を行い、患者受け持ち医が術前症例の呈示を行って、スタッフ全員で検討しています。このカンファレンスで患者さんにとって最も適した手術方針や術式を決定し、手術の担当者も決めています。
術前・術後カンファレンスに引き続いて、診療科長による病棟回診、関連施設症例検討会を適宜行っております。
また、抄読会は月曜日午後7時より行っております。 循環器内科との合同カテーテルカンファレンスを毎週金曜日の夕方に行い、問題症例について検討しています。その他、必要に応じて消化器外科や呼吸器外科とも適時カンファレンスを行っています。

研究活動、学会活動

全国規模の学会や地方の研究会に積極的に演題を応募して発表し、その内容を論文にして報告しています。平成28年には68演題が発表され、20論文(英文17編を含む)、および16編の論説が出版されました。

今後の課題

今後も引き続き、地域の皆さまや医療機関からの期待に応えるべく、患者本位の最適でかつ良好な診療を提供することを心がけております。緊急要請に対しては365日・24時間 断ることなく、最高の治療成績を提供する、これらを実現するために全力を尽くしていきます。

ページの先頭へ