診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

専門研修プログラムのご案内

目標 リウマチ専門医の育成
リウマチ専門医の数は絶対的に不足しています。従来は難病で治すことができなかった疾患が、今では最新の医薬品や医療技術を用いて適切に治療を行うことで、寛解に導入でき、ほとんど治癒といってよい状態に至る例が増えています。生物学的製剤を始めとする薬物治療などで先進治療も試みています。現在のリウマチ・膠原病疾患の診療は、きわめてやりがいのある分野といえます。
当科には日本リウマチ学会指導医が4名、日本リウマチ学会専門医は4名おります。また、当センターは日本内科学会、日本リウマチ学会等の認定教育施設です。
基本的には当センターで後期研修を行います。当センターでは総合医学講座1として内科系がまとまっておりますので、多臓器病変をもつ全身性疾患である膠原病の研修をするのに適しています。受診される膠原病の種類は多様で、発病早期で受診される例が多いので、膠原病の全経過をみることができます。このため豊富な膠原病の症例を経験し、充実した研修を送ることができます。
リウマチ専門医の資格取得には日本リウマチ学会所属5年以上、認定施設での研修5年以上の条件がありますので、卒後5-7年で専門医が取得できます。
また当科では、今後さいたま地域でリウマチ診療にとり組みたいと希望されるリウマチ医も募集しております。

カンファレンス・連絡会

リウマチ科病棟回診 月曜日 17:00~・木曜日 17:00~
6AB病棟症例検討会 水曜日 8:00~
総合回診(内科全体) 水曜日 16:00~17:00
リウマチ科 勉強会 木曜日 18:00~
リウマチ科Chart round 木曜日 17:30~

研究実績(2016年~2017年)

英文原著

  • 1. Yago T, Nanke Y, Kawamoto M, Kobashigawa T, Yamanaka H, Kotake S. IL-35 inhibits human osteoclastogenesis from monocytes induced by receptor-activator of NF-κB ligand. in press Cent Eur J Immunol, in press 2017
  • 2. Kotake S, Nanke Y, Yago T, Kawamoto M, Kobashigawa T, Yamanaka HBone Analysis of T-Cell Leukaemia Translocation-Associated Gene (TCTA) Transgenic Mice and Conditional Knockout Mice: Possibility that TCTA Protein Expressed on Osteoclasts Plays a Role as a Novel ‘Coupling Factor’ In Vivo. J Osteopor Phys Act.2017; 5:1, 6 pages.
  • 3. Nanke Y, Kobashikawa T, Yago T, Kawamoto M, Yamanaka H, Kotake S. Positive Correlation of RANK Expression on Human Monocytes with Age: RANK Expressed on Human Monocytes may play a Role in Senile Osteoporosis. J Osteopor Phys Act 5:193. 2017.
  • 4. Kotake S, Nanke Y, Yago T, Kawamoto M, Kobashigawa T, Yamanaka H. Elevated Ratio of Th17 Cell-Derived Th1 Cells (CD161+Th1 Cells) to CD161+Th17 Cells in Peripheral Blood of Early-Onset Rheumatoid Arthritis Patients. Biomed Res Int. 2016; Volume 2016, Article ID 4186027, 5 pages.
  • 5. Kotake S, Nanke Y, Yago T, Kawamoto M, Kobashigawa T, Yamanaka H. Ratio of Circulating IFNγ+ “Th17 Cells” in Memory Th Cells Is Inversely Correlated with the Titer of Anti-CCP Antibodies in Early-Onset Rheumatoid Arthritis Patients Based on Flow Cytometry Methods of the Human Immunology Project. Biomed Res Int. 2016; Volume 2016, Article ID 9694289, 9 pages.
  • 6. Nanke Y, Kobashigawa T, Yago T, Yamanaka H, Kotake S. Detection of IFN-γ+ IL-17+ cells in salivary glands of patients with Sjogren’s syndrome and Mikulicz’s disease: Potential role of Th17・Th1 in the pathogenesis of autoimmune diseases. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. (英文). 2016; 39:473-477,
  • 7. Nanke Y, Kobashigawa T, Toru Y, Kawamoto M, Yamanaka H, Kotake S. Rebamipide, an Amino Acid Analog of 2(1H)-Quinolinone, Inhibits the Formation of Human Osteoclasts. Biomed Res Int. 2016; Volume 2016, Article ID 6824719, 7 pages.
  • 8. Nanke Y, Kobashigawa T, Toru Y, Kawamoto M, Yamanaka H, Kotake S. RANK expression and osteoclastogenesis in human monocytes in peripheral blood from rheumatoid arthritis patients. Biomed Res Int. 2016; Volume 2016, Article ID 4874195, 6 pages.
  • 9. Nanke Y, Kobashigawa T, Yago T, Yamanaka H, Kotake S. A case of entheropathic arthritis successfully treated with methotrexate. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. (英文). 2016; 39: 219-222,
  • 10. Nanke Y, Kobashigawa T, Yoda K, Yamanaka H, Kotake S. Tonsillectomy effective for a patient with Behcet’s disease. Inter Med 2016; 55: 515-517.

英文総説

  • 1. Kotake S, Yago T, Kobashigawa T, Nanke Y Plasticity of Th17 cells in the pathogenesis of rheumatoid arthritis. In:Kotake S (Guest Editor). Special Issue "Th17 cell in autoimmune and inflammatory diseases":. J Clin Med. 2017,6,67;doi:10.3390/jcm6070067.
  • 2. Nanke Y, Yago T, Kotake S. Role of Th17 cells in the pathogenesis of Bechet’s disease. In:Kotake S (Guest Editor). Special Issue "Th17 cell in autoimmune and inflammatory diseases":. J Clin Med. 2017,6,74;doi:10.3390/jcm6070074.
  • 3. Nanke Y, Kotake S. Chapter 8: Joint Involvement and Synovial Histopathology in BD, In; Muzeyyen Gonul and Selda Pelin Kartal (ed). "Behcet's Disease" Croatia, InTech, 2017.p137-148.
  • 4. Kotake S, Nanke Y. Mouse osteoblasts play a crucial role in the immune system. Am J Pathol 2016; 186: 1078-1080.

和文総説

  • 1. 八子 徹、南家由紀、小竹 茂 炎症関サイトカインによる骨代謝制御 –IL-17を中心に- The Bone 31:2: 53-59, 2017.
  • 2. 八子 徹、南家由紀、川本 学、小竹 茂 TNFαの骨代謝に対する役割-骨破壊か, 骨形成か? リウマチ科 55; 6: 623-632 2016.
  • 3. 小竹 茂 第11章 免疫・アレルギー系疾患 臨床栄養学 疾患別編 改訂第2版 本田佳子、土江節子、曽根博仁編 羊土社 172-188頁 2016年
  • 4. 南家由紀 小竹 茂 第8章 ベーチェット病の関節病変 ベーチェット病 廣畑俊成編集 文光堂 90-97頁、2016年

学会活動(2018年度)

  • 日本内科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本免疫学会
  • 日本脊椎炎関節炎学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本骨代謝学会
  • 日本シェーグレン症候群学会
  • 日本骨免疫学会

ページの先頭へ