診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

呼吸器疾患の診断

CT、MRI、PET-CT、気管支鏡検査、肺機能検査、気道過敏性検査他

呼吸器疾患の治療

化学療法、放射線療法、気管支鏡による異物除去、肺動静脈瘤に対するコイル留置、ステント挿入(気管支および上大静脈)、在宅酸素療法、非侵襲的陽圧換気療法、呼吸リハビリ他

対象疾患

肺癌、気管支喘息、COPD、間質性肺炎、肺炎、血管炎症候群、膠原病肺、気管・気管支軟化症、肺動静脈瘻、サルコイドーシス、過敏性肺炎他
(当科では睡眠時無呼吸症候群に対しては対応していません)

外来診療

当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。

新患紹介外来日 毎日(学会等で休診のことがあります)

紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

入院診療

6階B病棟を主体に約20名から25名の患者さんが入院されており、さらに関連病院としてさいたま北部医療センターに15名から20名、さいたま市民医療センターに10名程、彩の国 東大宮メディカルセンターに10名、共済病院に5名程の患者さんが入院されています。

診療実績(2015年1月~12月)

平成27年1月1日から平成27年12月31日の間に当科にのべ入院患者数は、442名で、そのうち約76%が肺癌及び悪性疾患の患者でした。その他には、特発性間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患、膠原病性肺疾患などでした。
外来患者数は、のべ9854名、新患は701名(院外)、444名(院内)でした。
気管支鏡検査は、同じ期間内においてのべ313名施行しました。そのうち193名が肺癌もしくは、肺癌が疑われた症例でした。それ以外は喀血、血痰精査、間質性肺炎疑い、サルコイドーシス疑いでした。
一般肺機能検査4404名、精密肺機能検査366名、喘息検査54名を行いました。

ページの先頭へ