診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

各専門診療科の診療対象疾患や診療体制によって出来る限り臨機応変に対応するようにしています。次のような疾患を主に診療しています。

診断が確定していない疾患 発熱、腹痛、めまい、頭痛、体重減少など
ただし、原発不明がんの方、担がん状態の方の診療については、個別に慎重に対応しています。
複数の臓器疾患、
複数の専門診療科にまたがる疾患
腎不全合併肺炎、糖尿病合併足壊疽など
一般内科疾患 肺炎、重症感染症、慢性閉塞性肺疾患、脳卒中、心不全(軽度〜中等度)、貧血、喘息、消化性潰瘍、腎不全(軽度〜中等度)、糖尿病合併症、髄膜炎、ウイルス感染症など
生活習慣病 高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満など

外来診療

他の医療機関から総合診療科へ紹介された方を診療します。必要に応じて専門外来への院内紹介あるいは、近隣の医院への逆紹介をおこなっており、基本的には総合診療科としての外来再診はおこなっていません。
紹介患者初診外来スケジュールは、こちらをごらんください。

診療実績

診療実績、クリニカル・インディケーター

  1. 新来外来患者数
    振り分け外来ではない。完全紹介外来予約制開始以降の新来外来患者数は428名、外来での協診患者数は127名であった。他科からの外来コンサルテーションは、256件であった。
  2. 入院患者数、治療成績(表1、表2、図1)
    表1、表2、図1にこれまでの診療実績を示します。

平成26年の入院患者366人の平均年齢は66.6歳(男女比は168対198)、平均在院日数は20.4日でした。他科からの入院患者コンサルテーションは、814件でした。
入院患者さんの6割が自宅退院しました。他病院への転院割合は2割で、昨年に比して増加しました。転院については、周辺の地域病院との連携と患者家族との相互理解を深めながら実施しています。当センターの総合相談室を通じて十分な話し合いができるように配慮しています。

表1 入院患者数、転帰、入院経路の推移

西暦 入院総患者数
(人)
年齢
(歳)
平均在院日数
(日)
転帰
死亡
(人)
剖検
(人)
自宅退院
(人)
転院
(人)
転科
(人)
2004 208(男148:女60) 64.1±16.5(15から90) 26.5±27.0(4から281) 11(5.3%) 5(45.5%) 142(68.3%) 44(21.2%) 11(5.3%)
2005 232(男164:女68) 65.7±14.6(19から95) 23.9±26.0(1から232) 8(3.0%) 5(62.5%) 152(65.5%) 48(20.7%) 23(9.9%)
2006 275(男201:女74) 66.2±15.8(16から94) 21.3±17.5(1から148) 13(4.7%) 2(15.4%) 189(68.7%) 58(21.1%) 15(5.5%)
2007 288(男214:女74) 67.8±15.2(16から95) 21.3±15.9(1から122) 18(6.3%) 4(22.2%) 193(67.0%) 53(18.4%) 24(8.3%)
2008 297(男216:女81) 66.3±15.6(18から93) 21.1±17.3(2から120) 17(5.7%) 6(35.3%) 214(72.1%) 50(16.8%) 16(5.4%)
2009 310(男218:女92) 67.2±16.0(16から94) 21.6±25.8(2から228) 15(4.8%) 3(20.0%) 226(72.9%) 51(16.5%) 18(5.9%)
2010 313(男200:女113) 64.7±17.6(15から97) 22.6±19.9(2から114) 18(5.4%) 9(50.0%) 231(74.0%) 55(17.6%) 9(2.9%)
2011 364(男219:女145) 66.0±16.4(15から97) 19.9±15.8(1から95) 14(3.8%) 5(35.7%) 284(78.0%) 52(14.3%) 14(3.8%)
2012 389(男217:女172) 66.5±17.1(15から97) 18.0±15.6(1から95) 14(3.8%) 4(28.5%) 273(70.2%) 84(21.6%) 18(4.6%)
2013 434(男244:女190) 71.9±17.2(16から98) 19.1±15.6(1から140) 27(6.0%) 12(41.3%) 281(64.7%) 91(20.9%) 23(5.1%)
2014 366(男168:女198) 66.6±17.2(16から93) 20.4±23.2(2から245) 20(5.5%) 5(25.0%) 229(62.6%) 90(24.6%) 27(7.4%)

ICD-10からみた3大疾患(表2)は、脳卒中、肺炎、敗血症でした。脳血管疾患、心不全、肺炎や敗血症を含む重症感染症、マルチプル・プロブレムを有する患者の診療が多数例行われました。

表2 ICD-10からみた3大疾患(3大疾患)

2012年 2013年 2014年
ICD分類 人(%) ICD分類 人(%) ICD分類 人(%)
1 脳卒中 101(30.0%) 1 脳卒中 105(24.2%) 1 脳卒中 62(16.9%)
2 敗血症 29(7.5%) 2 肺炎 48(16.8%) 2 肺炎 56(15.3%)
3 肺炎 27(6.9%) 3 敗血症 39(9.0%) 3 敗血症 34(9.3%)
4 その他 259(66.5%) 4 その他 286(65.9%) 4 その他 214(58.5%)
合計 389(100.0%) 合計 434(100.0%) 合計 366(100.0%)

Disease Procedure CombinationのMajor Diagnostic Categoryでみると、神経系疾患の脳卒中の割合が減少し、呼吸器系疾患の肺炎の割合が増えました。平準度を示すジニ係数は0.60(2012年)、0.63(2013年)、0.63(2014年)、ハーシュマン・ハーフィンダール指数は1506(2012年)、1552(2013年)、1493(2014年)でどちらの指数も低値であり、総合診療科の対象疾患が多様であることを示していました。

図1 MDC分類でみた患者数の推移

ページの先頭へ