診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

小児の幅広い疾患に対応します。
主に当科で対応可能な疾患は以下の通りです。その他の疾患も対応可能ですのでお問い合わせください。

【感染症】
  • 一般感染症の他不明熱、易感染性などの精査も行います。
【アレルギー疾患】
  • 気管支喘息、食物アレルギー、アナフィラキシーショック、アトピー性皮膚炎など
【循環器】
  • 川崎病、先天性心疾患、各種不整脈、心電図異常、心雑音、起立性調節障害など
【神経疾患】
  • 痙攣(てんかんその他)、発達の遅れ、言葉の遅れ、多動、集団行動が取れない、睡眠障害など
【消化器疾患】
  • 嘔吐、下痢、便秘、腹痛などの精査、腸重積、HBキャリアー母体産児など
【代謝・内分泌疾患】
  • 糖尿病、低身長、肥満など
【腎臓疾患】
  • 血尿、蛋白尿、ネフローゼ症候群、急性腎炎など
【新生児疾患】
  • 早産児(急性期の入院加療は在胎33週1500g以上を対象とします)、低出生体重児、呼吸障害、新生児感染症、新生児仮死、痙攣など
  • 新生児フォローアップ外来
     NICU退院後の児の成長発達、シナジス接種(RSウイルス感染予防)、難聴疑いなど
【予防接種】
  • 卵アレルギーや基礎疾患を有するお子さんの接種に関するご相談にも対応します。
    かかりつけ医からの紹介状をご持参ください。
  • アクトヒブ(インフルエンザ桿菌感染予防)、プレベナー(肺炎球菌感染予防)、サーバリックス(子宮頚癌予防)の接種も行います。

外来診療

当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。

紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

入院診療

  • 小児科一般病棟
    小児専門のスタッフがそろっています。病棟内には、埼玉の自然や山里をイメージした動物たちのモチーフがあり、非常に明るくきれいな病棟です。病棟には保育士が常在し、季節に応じた行事を行ったり、日常のお子さんの保育を行ったりしています。また、採血などの処置時のストレスを軽減できるようプレパレーション(あらかじめお子さん向けに処置の説明を行う)やディストラクション(処置前、中の遊び)を取り入れています。
    診療は、スタッフ全員で毎日カンファランスを行い方針を決定しています。
  • 新生児病棟
    2010年5月17日新しく周産期病棟の一部門としてオープンしました。フルオープンまでには、まだ少し時間がかかりますが、順次病床を増やしていく予定です。新生児の幅広い疾患に対応できるよう最新の医療機器をそろえております。

臨床研究に関する情報公開

     自治医科大学附属さいたま医療センター 小児科では、下記の臨床研究を実施しております。この研究は、当センターでの診療で得られた過去の記録をまとめることによって行われます。「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従い、対象となる患者さんから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせがございましたら、下記へご連絡ください。


  • 臨床研究「妊娠後期のグリコアルブミン値と糖尿病母体児合併症の関連についての検討」について

  • 【研究目的】
     糖尿病母体児の合併症のリスクを把握することにより、合併症を予測・軽減することを目的としています。

    【研究の対象となる方】
     平成22年4月1日から平成28年11月30日の間に、当科で妊娠糖尿病や糖尿病合併のお母様及びお子様です。

    【研究の方法】
     対象となるお母様の血液検査結果、妊娠経過の情報、身体計測値、血圧などの計測値、お子様の血液検査結果、超音波検査結果、身体計測値、血圧などの計測値についての情報をカルテから収集し、お母様のグリコアルブミン値とお子様の合併症との関連について検討します。

    【個人情報の取り扱い】
     患者さんの情報は、個人の特定ができない形で本研究(学会発表や論文発表を含む)に使用させていただきたいと考えています。発表に際して患者さんの個人情報は保護されます。
     また、希望される場合には、他の患者さんの個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲で、研究の資料を入手または閲覧することができます。

     ご自身の情報が本研究に使用さることに同意をされない場合には、下記へお申し出ください。研究に不参加であっても、患者さんに不利益が被ることは一切ございませんのでご安心ください。


    お問い合わせ先

    〒330-8503 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-847
    自治医科大学附属さいたま医療センター
    ℡048-647-2111
    研究担当者:小児科 菅原 大輔

ページの先頭へ