放射線管理センター | 中央施設部門のご案内 | 自治医科大学附属病院
中央施設部門のご案内
  1. トップページ
  2. 中央施設部門のご案内
  3. 放射線管理センター

放射線管理センター

放射線を利用する検査や治療にかかわる職員の放射線障害の発生を防止し、また公共の安全を確保することを目的として業務をおこなっています。

概要

放射線管理センターでは、医療法や放射線障害防止法で定められた、放射線診療に伴う申請や報告書の作成、放射線業務従事者の被ばく管理などを行っています。放射線を利用して診療を行っている医師の被ばく規制が今後厳しくなっていくことが予測されるため、被ばく低減のための実験や、提言も行っています。

組織体制

苅尾センター長、白井副センター長、管理室長(放射線取扱主任者)、技師4名(放射線取扱主任者1名)が日々の診療業務を行いながら兼務しています。

管理対象・業務内容

  • 放射線業務従事者として病院で業務を行っている医師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師などの被ばく管理、健康診断と放射線安全教育。
  • 一時的に放射線使用施設に入室する人の被ばく管理。
  • 中央放射線部、血管内治療センター、救命救急センター、中央手術部、内視鏡部、輸血・細胞移植部などにあるエックス線装置、放射線発生装置の設置、更新、廃止の場合に提出する書類の作成。
  • エックス線装置や放射線発生装置、放射線施設の自主点検、放射線管理区域境界等の線量測定、環境測定。
  • 放射性医薬品の購入量・使用量の管理。
  • 医療法や放射線障害防止法で定められた立入検査への対応。

その他、多岐にわたる業務を行っています。放射線を利用する職員が安心して業務を行えるように、診療のために放射線使用施設に立ち入る方が無用な被ばくをしないように、近隣の住民が安心して暮らしていけるように、忠実に業務を行っています。