中央手術部 | 中央施設部門のご案内 | 自治医科大学附属病院
中央施設部門のご案内
  1. トップページ
  2. 中央施設部門のご案内
  3. 中央手術部

中央手術部

中央手術部は手術を主とする診療に適した環境および設備を提供し、患者と職員の安全が確保されるように運用を行っています。

概要

自治医科大学中央手術部は昭和47年に開設され、平成14年8月新棟竣工とともに新館手術室へ移転し現在に至っています。新館手術室はハイブリッド手術室を含む清浄度クラス100の手術室4室とクラス1000の手術室が11室で構成されています。2006年にとちぎ子ども医療センター内に手術室2室が追加されました。さらに2018年新館南棟に鏡視下手術専用室2室、ロボット支援手術専用室1室を含む6室(清浄度クラス100の手術室3室とクラス1000の手術室が3室)追加され、合計23室で運用されています。

診療体制

診療記録の電子化

平成14年の新棟移転にともない、病棟情報システム構築の第一歩として、まず麻酔記録の電子化が行われ(J-CAN:Jichi-Clinical Advanced Network System)、平成18年からは院内の電子カルテシステム(JUMP:Jichi Medical University Universal Medical Information Program)と連携しており、手術申込み、手術記録、保険情報記録、看護記録などがすべて一元管理となっています。

中央材料室

中央手術部に併設される形で中央材料室を備えており、医師2名(兼任)と専任の主任看護師を配置し、委託業者と共に手術機器の点検、消毒業務を行っています。滅菌業務の増加に伴い2015年より24時間稼働しています。

先進医療機器の設置

現代の進化する手術に対応するべく、医療機器を毎年更新、整備しています。手術室にはモニター用カメラが設置され手術室内の状況をコントロール・ルームで監視することができ、またこれとは別に手術野の映像をプラズマディスプレイに表示し、臓器移植手術の進行の調整や学生・研修医の教育、学会の発表などに用いられています。2015年より医療ロボット(da Vinci)も導入され、ロボット支援前立腺全摘除術が増加しています。2016年1月からはハイブリッド手術室にて経カテーテル大動脈弁植え込み術(Transcatheter Aortic Valve Implantation:TAVI)が開始されました。