薬剤部 | 中央施設部門のご案内 | 自治医科大学附属病院
中央施設部門のご案内
  1. トップページ
  2. 中央施設部門のご案内
  3. 薬剤部

薬剤部

薬剤部では、医薬品の調剤や調製、製剤、服薬指導、TDM、情報提供などを通じて、医薬品の安定供給と適正使用への貢献を目指しています。薬あるところに薬剤師ありの理想を実現可能にするために日々努力をしております。

概要

内服薬および注射薬の調剤を主に、全病棟を対象とした抗がん剤の調製やTPNの調製、院内特殊製剤、放射性医薬品の調製を行っています。
また、入院時の持参薬確認や院内の医薬品管理、服薬指導、医薬品情報の提供、移植患者に対する個別投与設計支援、手術室・ICU・PICU・NICU・CCU・救急における薬剤師の常駐、がん専門薬剤師による薬剤師外来、緩和ケア支援、治験業務支援、地域医療支援などにも取り組んでいます。

組織体制

処方調剤室、注射供給室、注射調製室、製剤室、医薬品情報室、診療支援室に分かれて業務を行っています。

業務方針

医薬品の安全性・有効性に基づく適正使用を最優先に考えています。また、各部門との連携を密にして、チーム医療の中で薬剤師の専門性を発揮し、安全で質の高い医療の提供に貢献します。

特色

  • 移植医療に関連する医薬品の血中薬物動態解析と投与設計支援
  • 腫瘍センターにおける薬剤師外来
  • 中央手術室における医薬品管理
  • 院内特殊製剤の調製(美容外科で使用する特殊軟膏剤など)
  • 放射性医薬品の調製
  • CCU、ICU、NICU、PICU、救急における薬物療法支援
  • 感染制御、緩和ケア、栄養サポート、褥瘡ケアなどのチーム医療の活動
  • 先進医療、臨床研究用の医薬品管理