各種部門のご案内
  1. トップページ
  2. 各種部門のご案内
  3. 腫瘍センター

腫瘍センター

腫瘍センターは、「がん」という疾患に対して包括的な医療を提供し、普及・発展させていく活動を行うために組織されたものです。

概要

今後も増え続けるがん、治療法が目まぐるしく変化・進歩していくがん医療に、総合的な対応を進めていく拠点として発足し、活動しています。基本方針として、(1)適切な科学的根拠のある治療を安全に提供する、(2)がん患者を中心に考え本人の意向を尊重した医療を提供する、(3)がん医療の研究を進め発展・普及させる、(4)地域でがん医療を提供できる医療人を育成する、(5)がん医療における地域との連携を構築する、を掲げています。

体制

臨床腫瘍部、放射線腫瘍部、緩和医療部、精神腫瘍部、腫瘍緩和部、Cancer Board、包括的腫瘍診療部、腫瘍看護部、腫瘍薬剤部、腫瘍診療支援部で構成されており、各部署が連携しそれぞれの専門性を統合して診療にあたっています。さらに、化学療法、放射線治療、集学的治療、緩和ケア、がん登録、がん相談、がんの教育体制、がん研究の作業部会を設置し、がん診療連携拠点病院としての活動も行っています。

特色

  • 外来化学療法
  • 手術、放射線治療、薬物療法を駆使した集学的治療
  • 充実した緩和ケア、精神ケア、相談支援
  • がん以外の疾患にも高度な対応が可能な総合力
  • 地域がん総合医学講義の配信
  • 患者・家族向けのがんサロンの開催
  • 地域医療者を対象としたがんセミナーの開催

 

がんゲノム医療部

がんゲノム医療を必要とする患者が全国どこにいても同医療を受けられる体制の構築を目的とし、平成29年12月に厚生労働省から「がんゲノム中核拠点病院等の整備に関する指針」が示され、平成30年2月には全国11病院が「がんゲノム医療中核拠点病院」に指定されました。当院においては平成30年10月1日に中核拠点病院の一つである東京大学医学部附属病院(以下、東大病院)から「がんゲノム医療連携病院」の指定を受け、同医療に関する患者情報等を一括して管理する部署として、腫瘍センター内に「がんゲノム医療部」を新設しました。

具体的には、東大病院の「Todai Onco Panelの開発に関わる臨床性能試験(がんゲノム医療の有効性検証のための基盤研究)」へ参加を希望する患者に対し、カウンセリング、診察、検査結果の説明、治療方針の決定までを当院において行うことで、東大病院と同水準のがんゲノム医療を受けられる体制を構築します。

将来的には、当院が「がんゲノム医療拠点病院」や「がんゲノム医療中核拠点病院」の指定を受けることを目標に活動していきます。

※「がんゲノム医療」とは・・・がんは様々な遺伝子の異常が積み重なることで発症し、その遺伝子の異常は患者ごとに異なることが判ってきました。「がんゲノム医療」は次世代シークエンサー等を用いた網羅的遺伝子変異解析を行い、患者一人ひとりのがんの個性(原因)を明らかにし、より適した治療薬の情報をご提供する次世代のがん治療です。

対象患者

  • 治療切除不能または再発により、標準治療による根治が難しいと考えられる方
  • 標準治療が存在する場合は、標準治療実施後、あるいは標準治療が終了する見込みである方
  • パネル検査の実施によって次の治療選択に関して利益があると考えられる方
  • 全身の状態が比較的良好である方
  • がんを含む病理標本があり、東大病院での採血が可能な方

お問い合わせ・ご相談

  • 自治医科大学附属病院(代表電話 0285-44-2111) 責任医師 がんゲノム医療部 部長 山口 博紀
  • がん相談支援センター (0285-58-7107)

関連リンク