無侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-invasive prenatal genetic testing: NIPT)を希望する患者様へ | 診療科・部門のご案内 | 自治医科大学附属病院
診療科・部門のご案内
  1. トップページ
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 無侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-invasive prenatal genetic testing: NIPT)を希望する患者様へ

無侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-invasive prenatal genetic testing: NIPT)を希望する患者様へ

13、18または21トリソミー胎児を妊娠している可能性を母体血で判定する検査です。母体血による検査のため、検査リスクはほぼ皆無である一方、確定検査ではないため、NIPTで上記疾患と疑われる場合、診断確定のためにさらに羊水検査が必要になります。

予約のとり方

電話で予約はとれません。

・ 近医(かかりつけ医)で紹介状をもらい、当院、初診外来におこし下さい。

検査週数

10週0日-14週6日

受診から検査までの流れ

初診(月曜-金曜午前11時までに受付):お一人来院でも結構です。NIPT可能かどうか判断し、「NIPT外来」を予約いたします。

NIPT外来初回(火曜日14-16時):ご主人との来院が必須です。カウンセリング後、希望あれば検査施行します。

↓ 2~3週後

NIPT外来結果(火曜日14-16時):お一人来院でも結構です。結果説明。陰性ならば終診。陽性ならば当院で羊水検査を計画します。なお、追加検査費用はかかりません。

費用

合計18~19万円程度かかります。(今後変更の可能性がありますが、さらに高くなることはないと想定されます。)

NIPTをお受けになれない方

  • 品胎(3つ子)妊娠
  • 流産診断後(切迫流産は検査可能)
  • その他、担当医が検査不可能と判断した場合