診療科・部門のご案内
  1. トップページ
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 消化器センター内科部門(消化器・肝臓内科)

消化器センター内科部門(消化器・肝臓内科)

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆道(胆嚢、胆管)、膵臓など、消化器全般の診療を行っています。

診療内容・対象疾患

診療内容

症状や病態に応じて内視鏡検査、腹部超音波検査、CTやMRなどの画像診断を組み合わせ、各種消化器疾患に適切な治療を行えるよう対応しています。早期胃癌・早期大腸癌に対する内視鏡的治療、ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の診断治療、肝臓癌に対する腹腔鏡下治療など先進的な医療にも取り組んでいます。

対象疾患

食道アカラシア、食道癌、胃・食道静脈瘤、逆流性食道炎、胃炎(急性・慢性)、胃潰瘍、胃癌、胃粘膜下腫瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症、十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍、小腸炎、小腸出血、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸癌、大腸ポリープ、家族性ポリポーシス、ウイルス性肝炎(急性・慢性)、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、肝硬変、肝癌、胆石症、胆嚢ポリープ、胆嚢腺筋腫、胆嚢癌、胆管癌、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵嚢胞、膵腫瘍、膵癌、ほか消化器疾患全般。

診療体制

外来診療は初診担当医が症状や病態に応じた検査を計画し、疾患に応じて各臓器専門医に再診していただいています。入院診療はチームで対応し、各臓器専門医グループとカンファランスを行い診療方針を決めています。

診療(治療)方針

外来で可能な検査は出来るだけ通院で行い、入院は治療に専念して頂くことにより入院期間の短縮に努めています。

得意分野

  • 画像強調法を用いた消化管スクリーニング診断および拡大画像を用いた範囲診断。
  • 消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)癌の進展度診断とポケット法を用いた内視鏡的粘膜下層剥離術
  • 小腸疾患に対するダブルバルーン内視鏡を用いた診断と治療。
  • 肝癌に対する腹腔鏡下ラジオ波焼灼術、複合免疫療法など全身薬物療法
  • 胆管結石に対する内視鏡的治療、および各種閉塞性黄疸に対する内視鏡的減黄術。
  • 術後再建腸管に対する胆膵内視鏡治療。

先進医療・特殊医療

  • 食道アカラシア及び類縁疾患に対する食道内圧測定検査と経口内視鏡的筋層切開術
  • 腹腔鏡下ラジオ波による肝腫瘍治療法。
  • ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸内視鏡検査と内視鏡治療への応用
  • 膵胆道疾患に対する超音波内視鏡下ドレナージ

主な検査等(2023年の消化器内科施行実績)

上部消化管内視鏡7,170件、大腸内視鏡3,873件、小腸内視鏡694件、内視鏡的逆行性胆道膵管造影805件、内視鏡的粘膜下層剥離術上部244件、下部113件、食道静脈瘤結紮術63件、腹腔鏡下ラジオ波焼灼術60件など。

スタッフ紹介

教授
山本 博徳
教授
森本 直樹
教授(兼)
矢野 智則
教授
三浦 光一
准教授
林 芳和
准教授
坂本 博次
准教授(兼)
菅野 敦
准教授
竹澤 敬人
講師
渡邊 俊司
講師
井野 裕治
講師(兼)
三枝 充代
講師
横山 健介
講師
福田 久
講師
岡田 昌浩

外来診療日

午前

渡邊 俊司
井野 裕治
大塚 陽介

当番医3名

森本 直樹
上野 航
大塚 陽介

当番医3名

岡田 昌浩
宮原 晶子
安藤 梢

当番医3名

山本 博徳

当番医3名

矢野 智則
三浦 光一
上野 航

当番医3名

午後

森本 直樹
三浦 光一
菅野 敦
福田 久

林 芳和
渡邊 俊司
三枝 充代 
横山 健介
小黒 邦彦

髙岡 良成
髙橋 治夫
林 宏樹
小野 友輔


坂本 博次
上野 貴
赤星 和明
田中 朗嗣

竹澤 敬人
池田 恵理子
小林 卓真 
櫻井 祐輔
石井 宏明


講座オリジナルサイトへのリンク

お問い合わせ・ご相談