病院のご案内
  1. トップページ
  2. 病院のご案内
  3. アニュアルレポート
  4. 消化器センター内科部門(消化器内科)

消化器センター内科部門(消化器内科)【アニュアルレポート】

1.スタッフ(2019年4月1日現在 院内勤務者のみ)

科長 (教授) 山本 博徳
副科長 (教授) 玉田 喜一
外来医長 (講師) 林  芳和
病棟医長 (講師) 小林 泰俊
医員 (教授) 礒田 憲夫
大澤 博之(富士フイルムメディカル国際光学医療講座兼務)
砂田圭二郎(内視鏡部兼務)
武藤 弘行(情報センター兼務)
(准教授) 森本 直樹
矢野 智則
三浦 光一
(講師) 坂本 博次
三浦 義正
三枝 充代(健診センター兼務)
牛尾  純
竹澤 敬人(茨城県西部地域医療学講座兼務)
津久井舞未子
渡邊 俊司(内視鏡部兼務)
病院助教   福田  久
高橋 治夫(内視鏡部兼務)
岩下ちひろ(臨床腫瘍センター兼務)
野本 弘章
相良 裕一
野本 佳恵
川﨑 佑輝
シニアレジデント   15名

2.診療科の特徴

Image Enhanced Endoscopy(IEE)を用いた消化管腫瘍の早期診断および範囲診断、超音波内視鏡を用いた深達度診断、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、慢性肝炎のインターフェロン治療や肝臓癌早期発見から腹腔鏡下治療、胆膵系腫瘍の進展度診断や内視鏡的ドレナージ、超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)など、広範な領域にわたって基本的診断・治療から最先端の内視鏡診断・治療まで行っている。

特に、ダブルバルーン内視鏡(DBE)による診断・治療においては県外からも数多くの患者紹介を受けている。また小腸を含めた消化管出血や総胆管結石など緊急内視鏡治療が必要な症例に対しては、24時間体制で対応し、地域の中核病院としての役割も担っている。

当科の大腸ESDは、一般には高難度の症例に対しても安全に治療を行っており、県内はもとより北関東一円からの紹介を受け入れている。

外来初診診察は若手医師が担当し、患者の症状や病態に応じた検査を組み、再診は専門性に応じて各臓器グループの専門医が対応している。入院診療は、研修医1名に対して上級医2名以上が付く診療チームで対応し、クリニカルパスの利用などにより入院期間の短縮に努めている。

また、ESDやDBEなど、最先端の内視鏡検査および治療では世界をリードする立場であり、国内外からの多くの研修・見学の受け入れを行っている。

認定施設

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本消化器病学会認定医制度認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度による指導施設
  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設
  • 日本胆道学会認定指導施設
  • 日本ヘリコバクター学会保険外除菌対応施設・認定医
  • 日本消化管学会認定暫定処置による胃腸科指導施設
  • 日本カプセル内視鏡学会認定指導施設

認定医

日本内科学会 指導医 山本 博徳 他15名
総合内科専門医 砂田圭二郎 他13名(内派遣1名)
認定内科医 山本 博徳 他47名(内派遣13名)
日本消化器病学会 指導医 山本 博徳 他9名
専門医 山本 博徳 他31名(内派遣5名)
日本消化器内視鏡学会 指導医 山本 博徳 他11名
専門医 山本 博徳 他29名(内派遣5名)
日本肝臓学会 指導医 礒田 憲夫 他2名
専門医 礒田 憲夫 他13名(内派遣5名)
日本超音波医学会 指導医 玉田 喜一 他2名
専門医 玉田 喜一 他2名
日本カプセル内視鏡学会 指導医 山本 博徳 他3名
日本胆道学会 指導医 玉田 喜一 他1名(内派遣1名)
日本がん治療認定医機構 暫定教育医 礒田 憲夫 他2名
日本消化管学会 指導医 山本 博徳 他3名
専門医 山本 博徳 他3名
厚生労働省医師臨床研修 指導医 玉田 喜一 他4名
厚生労働省臨床修練 指導医 山本 博徳 他1名

3.診療実績

1)新来患者数・再来患者数・紹介率

新患 2,120人 再診 26,914人 紹介率 85.6%

2)入院患者数(病名別)

新入院患者数:2,076 *主病名のみの抽出

肝疾患 入院数 上部消化管疾患 入院数
肝細胞癌 291 胃がん 169
急性肝炎 21 胃食道静脈瘤 43
肝硬変 15 胃潰瘍 4
肝性脳症 20 食道癌 39
劇症肝炎 2 その他の食道疾患 12
自己免疫性肝炎 7 十二指腸腫瘍 8
原発性胆汁性胆管炎 2 上部消化管出血 21
その他の肝炎・肝障害 7 十二指腸癌 17
肝膿瘍 5 十二指腸腺腫 23
肝不全 1 その他の十二指腸疾患 8
その他の肝腫瘤性病変 6
胆道・膵臓疾患 入院数 小腸・下部消化管疾患 入院数
胆嚢・総胆管結石 84 大腸癌 25
胆管癌 9 結腸癌 35
急性胆管炎 29 イレウス 35
肝門部胆管癌 13 ポイツーイエガース症候群 18
原発性硬化性胆管炎 7 小腸出血 30
急性膵炎 20 小腸狭窄 6
(うち重症急性膵炎) 2 小腸腫瘍 5
膵癌 53 クローン病 131
慢性膵炎 34 潰瘍性大腸炎 32
膵管内乳頭粘液性腫瘍 15 大腸憩室出血 32
自己免疫性膵炎 10 虚血性腸炎 26
胆嚢癌 18 直腸癌 34
    その他小腸疾患 6

3)転科・死亡症例病名別件数

転科症例 症例数 死亡症例 症例数
総胆管結石・胆嚢炎 4 肝癌 16
膵癌 5 肝硬変 1
胃癌 3 劇症肝炎 2
食道癌 1 膵癌 11
結腸癌 3 肝不全 1
クローン病 1 胆のう癌 3
イレウス 4 胃癌 4
胆嚢・胆管癌 2 食道癌 1
胆管炎 3 上行結腸癌 1
小腸狭窄 1 その他 20
肝癌 1
肝膿瘍 1
急性膵炎 1
その他 32

4)主な検査、処置、治療件数

(いずれも内科施行分のみ)
A)消化管関係
上部消化管内視鏡検査 6,180件
  食道静脈瘤結紮術/硬化療法 53件
  内視鏡的粘膜切除術(EMR)
(胃10件、十二指腸36件)
46件
  内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
( 胃217件、食道42件、十二指腸7件、咽頭6件)
272件
内視鏡的超音波検査(含む細径プローベ)
  食道、胃 375件
大腸内視鏡検査 4,548件
  ポリペクトミー・EMR 932件
  ESD 143件
  BAESD 19件
  腫瘍径10cm以上ESD 1件
  腫瘍径5㎝より大ESD 20件
小腸内視鏡検査
  ダブルバルーン小腸内視鏡(DBERCPとダブルバルーン大腸内視鏡除く) 389件
  小腸内視鏡下の処置、治療 120件
  カプセル内視鏡 小腸 86件
B)胆道・膵臓
ERCP 602件
ERCP下の処置および治療
  経鼻胆道ドレナージ 102件
  経乳頭的胆道ステント留置術 160件
  乳頭拡張術 140件
  結石除去術 154例
  膵胆管内超音波検査 8件
超音波内視鏡検査(EUS)(胆膵) 640件
EUS下の処置および治療
  EUS下穿刺吸引術 138件
  EUS下瘻孔形成術 10件
経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD) 12件
ダブルバルーン内視鏡下逆行性膵胆管造影(DBERCP) 80件
C)肝臓
肝癌ラジオ波治療 85件
  (腹腔鏡的ラジオ波焼灼療法) (79件)
  (経皮的ラジオ波焼灼療法) (6件)
肝動脈化学塞栓術 163件
分子標的薬による全身化学療法導入 26件
バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術 7件
エコーガイド下肝生検 57件
C型慢性肝炎
  グレカプレビル+ピブレンタスビル 86件
D)その他
腹部超音波検査(外来患者のみ) 2,327件

5)クリニカルインディケーター

(1)治療成績

  • 上部消化管ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
    胃    一括切除率 99.5%(216/217)
    (断端陰性完全一括切除率 96.3%(209/217))
    食道   一括切除率 100%(42/42)
    (断端陰性完全一括切除率 85.7%(36/42))
    十二指腸 一括切除率 85.7%(6/7)
    (断端陰性完全一括切除率 85.7%(6/7))
  • 下部消化管ESD 
    一括切除率 95.4%(140/143病変:3病変はSM深部以深への浸潤のため中断、完遂140病変では一括切除率 100%)
    腫瘍サイズ平均 長径44.5㎜
  • 肝細胞癌に対する腹腔鏡的治療(ラジオ波(バイポーラ/モノポーラ)、マイクロ波含む)
    85症例、全例治療完遂、1例で術後に体壁創部からの出血を呈し、入院期間の変更を要した
  • 食道静脈瘤治療(EVL)
    53症例、全例治療完遂、入院期間の変更を要す合併症なし
  • C型慢性肝炎治療
    グレカプレビル+ピブレンタスビル SVR12:100%

(2)偶発症

上部消化管ESD
後出血率 2.9%(8/272)
(内訳:食道0/42、胃8/217、十二指腸0/7、咽頭0/6)
穿孔率 1.8%(5/272)
(内訳:食道1/42、胃4/217、十二指腸0/7、咽頭0/6)
下部消化管ESD
後出血率 2.1%(3/143病変)
穿孔率 0.7%(1/143病変)
小腸治療合併症
出血 1.7%(2/120)
粘膜損傷 0.8%(1/120)
ERCP
ERCP後膵炎発生率 4.2%(25/602)(軽症 20、中等症 5、重症 0)
穿孔 0.3%(2/602)
EUS(胆膵)
消化管穿孔 0%(0/640)
穿刺後出血 0%(1/148)
肝臓治療合併症
腹腔鏡的ラジオ波焼灼術
術後腹腔内出血 1.2%(1/83)

(3)死亡症例・死因・剖検数・剖検率

別添の消内入院集計ファイル参照

6)カンファランス

(1)消化管カンファ (毎週月曜日)

胆膵カンファ (毎週月・水曜日)
肝カンファ (毎週月曜日)
ESDカンファ (毎週月・火・水曜日)
消化器合同カンファ (不定期水曜日)

(2)他科との合同

消化器センター (内科・外科・病理)
肝臓グループ (放射線・外科)(月1回)
(放射線)(毎週月曜日)
胆・膵グループ (外科)(毎週月曜日)
(腫瘍)(毎週木曜日)
(外科・病理)(月1回)
消化器(主に下部) 外科・内科カンファ(週1回)

7)キャンサーボード

グループ名: 消化器外科・内科・病理合同カンファレンス

参加診療科 消化器・肝臓内科、消化器外科、病理診断部、光学医療センター内視鏡部
実績 1年間5回

グループ名:上・下部内視鏡カンファランス

参加診療科 消化器・肝臓内科、光学医療センター内視鏡部
実績 1年間60回

4.2019年の目標・事業計画等

臨床面での目標

消化管グループ:
引き続きピロリ菌除菌を積極的に行い、胃がん撲滅の一助として貢献していく。除菌失敗例(紹介症例など)に対して2次3次除菌を行なっていく。

新しい画像強調内視鏡(BLI;Blue Laser Imaging,LCI;Linked color image)を活用し、早期診断から進展度診断に応用していく。

内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic SubmucosalDissection:ESD)の先進的施設として、難易度の高い症例に対しても積極的に行い、指導者の育成や世界中からの研修・見学の受け入れも行う。特にPocketcreationmethod(PCM)を用いたESDの有用性を世界に発信していく。耳鼻咽喉科と連携した咽頭領域のESDや、GISTなどの胃粘膜下腫瘍に対する消化器外科と連携した新しい治療法であるLECS(Laparoscopy andEndoscopy Cooperative surgery)、透明なゼリーを使った内視鏡視野確保の新たな方法であるGel immersionendoscopyについても今後さらなる症例の増加を見込んでいる。特にGel immersion endoscopyについては、専用のゼリー製剤の市販にむけて、メーカーと共同開発中である。

また、ダブルバルーン内視鏡(double-balloonendoscopy:DBE)を用いた小腸の内視鏡観察、内視鏡治療は、本邦のみならず全世界に普及してきたが、より安全で効率的に検査・治療するための方法として、Crohn病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術に最適化した専用フードや、Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリープに対する阻血治療、細径DBEでも使用できる処置具の開発などをさらに発展させ、情報を発信していく。

潰瘍性大腸炎、クローン病など増加する炎症性腸疾患に対して、専門外来や入院患者の診療において第三次医療機関としての役割を担っていく。地域の中核病院として、消化管出血患者に対して24時間体制で対応していく。

胆膵グループ:
画像診断の精度向上を目的として、関係各診療科(消化器外科および病理診断部)との連携を強化しつつ、超音波内視鏡での詳細な観察並びに、超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)の正診率向上に努めている。また、内視鏡的十二指腸乳頭切除術やEUS下瘻孔形成術などの高難度手技の治療成績・安全性を向上させるための様々な工夫を行い、情報を発信していく。

術後再建腸管の胆膵疾患に対するダブルバルーン内視鏡を用いた ERCP(DB-ERCP)のhigh volume centerとして技術向上のみならず、新技術開発や臨床研究等の情報を発信していく。

肝グループ:
C型慢性肝炎、代償性肝硬変に対して最新の経口抗ウイルス治療を導入した。前治療不成功例などの難治例に対して症例に応じて最適な治療法を実施するとともに、栃木県医療圏内多施設共同臨床研究を行い、その効果、安全性を評価し論文化した。重篤な併存疾患をもつ肝細胞癌症例に対して、腹腔鏡下ラジオ波焼灼術を行い、安全確実な肝癌治療を論文発表した。また、新規治療デバイスを導入し、さらなる効果・安全性の向上を図った。肝動脈塞栓療法を含む肝関連IVRを放射線科IVRグループとの連携により多数例に施行しており、消化器外科との共同手術を連携して施行した。肝疾患における栄養状態の評価をInBody®とCTで行い、患者さんにそのデータを還元した。

全体的な目標

医師の育成のための教育としては先進的技術のみに目を奪われることなく、基本となる医学・医療の目的を常に忘れず、診断、治療における考え方を重視していく。 当科の領域のみの考えにとらわれず、他科との協力、他施設との連携も含め、広い視野で患者に最善の医療を提供していくことを目標とする。

問題点を一つ一つ解決し、高い専門性を維持しつつ、地域との連携を強め、地域医療に貢献し、患者・職員共に満足度の高い科・病院として発展していくように努めていく。

5.過去実績