総合周産期母子医療センター(小児科部門)[アニュアルレポート] | 病院のご案内 | 自治医科大学附属病院
病院のご案内
  1. トップページ
  2. 病院のご案内
  3. アニュアルレポート
  4. 総合周産期母子医療センター(小児科部門)

総合周産期母子医療センター(小児科部門)【アニュアルレポート】

1.スタッフ(2021年4月1日現在)

部長 (准教授) 矢田ゆかり
(教授) 河野 由美
医員 (助教) 鈴木 由芽
下澤 弘憲
小森 咲子
相楽 昌志
シニアレジデント 3名 小児科と兼務

2.新生児集中治療部の特徴

栃木県総合周産期センター二施設のうち一つとして、県で出生するハイリスク新生児を二分する形で診療している。入院する新生児の疾患は、超低出生体重児から先天異常、外科疾患など多岐にわたる。

認定施設

日本周産期・新生児医学会基幹認定施設

認定医

日本小児科学会認定指導医 矢田ゆかり
日本小児科学会専門医 矢田ゆかり 他5名
日本周産期新生児医学会(新生児)専門医 矢田ゆかり 他2名
日本周産期新生児医学会(新生児)指導医 矢田ゆかり

3.実績・クリニカルインディケーター

1)年間入院患者数

349名(再転科・転入8名を除く)。院内出生321名(初診時から外来観察37名、母体搬送40名、母体外来紹介244名)、院外出生28名(病院等からの搬送23名、自宅分娩5名)。

2)人工呼吸器管理数・率

挿管人工呼吸管理は、108例/349例(30.9%)で行った。なお、CPAPなどの非侵襲的人工呼吸管理は38例/349例(10.9%)。

3)生存率・死亡数など

出生体重(BW)別、在胎週数(GA)別入院数および死亡数を示す。

GA(W) 入院 生存 死亡 生存率(%)
22 1 1 0 100
23 2 1 1 50
24 2 2 0 100
25 0 0 0 -
26 2 2 0 100
27 3 3 0 100
28 3 3 0 100
29 8 8 0 100
30 11 11 0 100
31 8 7 1 87.3
32 6 6 0 100
33 19 19 0 100
34 35 34 1 97.1
35 22 20 2 99.0
36 33 33 0 100
37以上 194 192 2 99.0
349 342 7 98.0
BW(g) 入院 生存 死亡 生存率(%)
<500 1 1 0 100
<1000 12 11 1 91.7
<1500 33 32 1 97.0
<2000 58 55 3 94.8
<2500 78 78 0 100
≧2500 167 165 2 98.8
349 342 7 98.0

4)死亡症例内訳

在胎35週 4674g 胸水貯留、胎児水腫、肺形成不全、肺高血圧症
在胎35週 3249g 胸水貯留、胎児水腫、肺形成不全、肺高血圧症
在胎37週 1621g 18トリソミー、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、動脈管開存症、心不全
在胎23週 599g 重症新生児仮死、小脳出血、脾出血
在胎39週 1862g 18トリソミー、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、肺高血圧症、心不全
在胎31週 1021g congenital alveolar dysplasia、肺高血圧症
在胎34週 1597g 13トリソミー、 両大血管右室起始症、心室中隔欠損症、大動脈縮窄症

5)先天性心疾患児入院例

有意な血行動態異常を呈する中等症・重症例は28例。PICU転科11例、こども医療センター小児科転棟2例、NICUから退院11例、自宅近くへの転院2例、NICU入院中死亡2例。

6)多胎入院数

86名(24.6%)。

7)外科症例数(手術例のみ)

小児外科14例。小児脳神経外科1例、小児耳鼻咽喉科1名。

8)他院への搬送

36例。全例状態安定後に搬送元等の病院に転院。うち4例は養育環境調整を主目的とした転院。

4.2021年の目標・事業計画等

総合周産期母子医療センターとして、産科部門との連携を一層充実させ、より重症な症例に対応する。また県内の総合周産期センターである獨協医大、および関連の地域周産期センターと協力・連携しながら、栃木県、北関東地域の周産期医療の充実を図る。さらに周産期・新生児医学会認定施設として、専門医の育成に力を注ぐ。

5.過去実績