ご意見への回答 | 病院のご案内 | 自治医科大学附属病院
病院のご案内
  1. トップページ
  2. 病院のご案内
  3. ご意見への回答

ご意見への回答

当院では、患者さま中心の医療を提供するため、皆様から貴重なご意見をいただいております。
いただいたご意見等を参考に、より良い医療の提供に努めて参ります。

(患者サービス検討委員会)

患者投書箱について

院内各所に投書箱を設置しております。ご意見・ご要望等をお寄せください。 投書箱の設置場所

【令和3年3月、4月、5月、6月分】
お忙しい病棟ということは承知しておりますが、「お待ち下さい」と言ってから、30分以上待たされるのは不安な気持ちがより一層強まります。

貴重なご意見をありがとうございました。「お待ち下さい」と伝えたあとの看護師の言動については、部署内で対応について話し合いをいたしました。医療者の感覚と待たされる側の感覚には大きな差があることを改めて強く確認いたしました。入院されている患者さんや、そのご家族が安心して治療を受けられるような環境を整えていきたいと思います。

面会ができないのは分かりますが、オンライン面会ができるようなシステムを求めます。ぜひ検討していただきたいです。

貴重なご意見をありがとうございました。コロナ禍で感染拡大を防止するため、ご家族の皆様には不安な思いや寂しい思いをさせてしまい申し訳ございません。病院としましても、新しい面会方法の在り方について検討していきたいと思います。

子ども医療センターの駐車場から出る際、垣根が高いため視界が見えにくいです。出入口付近の垣根を低くしていただけると嬉しいです。

貴重なご意見をありがとうございました。令和3年6月11日にご指摘のあった、子ども医療センター東口歩道付近の木の枝の剪定作業を実施し、改善いたしています。

入院手続きの時、看護師に今までの経緯や家族構成など細かく質問されたのに、入院したら再度同じことを質問された。

貴重なご意見をありがとうございました。入退院受付で聞き取った情報にさらに詳しく確認したい時に、同じ質問をすることがございました。今後は何度も同じことを答えていただくような聞き方ではなく、確認意図を説明するなど、工夫したいと思います。

【令和3年1月、2月分】
食事メニューが2週間で全く同じで苦痛。クリスマスも大晦日も通常メニューなのが信じられない。

ご意見をいただきましてありがとうございます。
患者給食につきましては、患者サービス向上のために調理方式を変更している移行期間でありますが、2月中旬からメニューサイクルを3週間に変更いたしました。今後も皆様に満足していただけるメニューを提供できるよう努めて参ります。 

飲食コーナーの件、テーブルの仕切の不備、もう少し注意して下さい。特にJプラザ2Fの食堂に注意して下さい。

大変貴重なご意見ありがとうございます。また、お客様に不安を抱かせてしまったこと、誠に申し訳ございません。
今回の投書を参考にJプラザ2階、レストランでは、対策を講じさせていただきました。以前からも行われておりますが、お客様同士の座席の距離を出来る限り離すようにする事に加え、椅子自体の量を減らす対策とレジカウンターにおける飛沫防止対策をさせていただきました。今後も安心してご利用いただけるように努めて参ります。

携帯電話マナーモード設定のお願いが院内アナウンスでも流れていますが、大部屋入院患者さんへの周知徹底もお願いします。

入院時の入院生活についての説明の中で携帯電話のマナーモード設定のお願いをしております。
改めて入院時に十分な説明と理解していただけるようにしていきたいと思います。

【令和2年11月、12月分】
入院中シャワーは風邪をひきそうで利用していない。朝等、体をふく温かいタオルを配布してもらえるとありがたい。

貴重なご意見ありがとうございました。
病棟では、共有の浴室にはオイルヒーターを設置し保温に努めていますが、個室のシャワー室には安全面の配慮から浴室に暖房の設置をしていません。病状によってシャワーが使えない、また様々な理由からシャワーの利用を控えている患者さんに対しては、看護師がお体を拭くことができます。担当の看護師にお体を拭くことを希望する旨を伝えてください。また看護師からも患者の皆さんからの要望がお聞きできるように配慮します。 

本日採血を受けました。ゴム手袋を付けての作業ですが、指先を直列にゴミ箱を移動する為、指先を触れてその後採血されました。多分問題ないと思います。手順の周知をお願い致します。

患者の皆さんから採血業務を行う場合は、感染予防のために専用の検査用手袋(院内で定められた紫色の手袋)を使用しております。特に採血室では感染を防ぐために患者一人ごとに新しいものと交換しております。
今回、担当技師がゴミ箱に触れた手で採血を行ったということですが、衛生的に考えても手袋を毎回交換する本来の目的から逸脱したものと考えます。採血スタッフにはこの件について周知徹底いたしました。患者様からのご指摘が無ければ発見しにくいことであり、今後こうしたことの無いよう努力してまいります。ご指摘を頂いた方には不快な思いをさせてしまい、心よりお詫び申し上げます。 

面会禁止は仕方ないがそこで制限された分の患者の精神的なケアが皆無。

この度は貴重なご意見を頂きありがとうございました。
新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言をうけ、当院でも面会制限とさせていただいています。ご入院中の患者の皆様には、療養で不自由な入院生活に加え、自由にご家族やご友人に会えないというつらいお気持ちは十分理解しておりますが、配慮が充分ではなかったというご指摘を真摯に受け止め、日常のケアの在り方を振り返りたいと思います。患者の皆様に寄り添った看護ができるように心がけたいと思います。

保険証確認は検討が必要です。受付開始前から長蛇の列です。密を減らしましょう。

ご意見いただきありがとうございます。
保険証確認については、保険証に変更等がなければ3ヶ月に1度の確認でよいことや、採血や検査が終わった後の診察までの待ち時間で保険証確認を行っていただくことを患者さんにお伝えし、密にならないよう努めておりますので、引き続きご協力の程宜しくお願いいたします。また、お気づきの点がありましたらご意見ください。

朝食後の薬を配るのが遅い。食後1時間過ぎる事もしばしある。

この度は貴重なご意見を頂きありがとうございました。
日常看護師が行っている業務については、マニュアル化できているものとそうでないものがあります。担当の看護師の教育についても今一度確認していきます。また当院では固定チームナーシングという患者の皆様をチームで担当させて頂く看護体制をとり、患者の皆様の満足を向上させる取り組みをしています。配薬やナースコール対応等でお待たせする時間を少しでも短縮できるように改善していきます。

【令和2年9月、10月分】
食事が同じものしか出ない。毎週決まったメニューがでることが多く、食事を楽しみに入院生活をしている身としては残念です。メニューを増やしていただきたいです。改善よろしくお願いします。

ご意見をいただきましてありがとうございます。
現在、新しいメニューを取り入れ、10月からは、お食事のメニューサイクルを増やすよう、準備しております。ご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。 

待ち時間が長かったです。(1時間50分待ち)コロナ禍でもあるので、短くして欲しいです。
それと身障者用の駐車場を増やして頂きたいです。体の不自由な方が歩いて正面まで来るのが大変です。ご予約されてる方優先ですが、身障者優先もお願いしたいです。お会計待ちもすごいです...茨城から来ているので大変です。

ご意見いただきありがとうございます。
診察までの待ち時間については、長くならないように努めているところですが、採血等の検査の結果が出るまでの時間等から、診察までのお時間が長くなってしまうことがあります。医師についても待ち時間が長くならないよう努力しておりますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。また、お気づきの点がありましたらご意見くださいますよう、よろしくお願いいたします。

処置の為入院させて頂きました。ナースステーションの目の前の個室でしたが日中、消灯後も看護師さんの声が大きく時々、笑い声もきこえてきてあまり眠れませんでした。当日、夜勤の担当の看護師さんにはとても良くして頂きました。夜勤の看護師さんありがとうございます。

この度は入院という不安も大きい環境の中で、不快な思い、そして睡眠を妨げることとなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
声の大きさやトーン、又、会話なども含め充分注意するよう、看護スタッフ全員に再度周知致しました。本来であれば、患者様が安心して療養できるよう環境を整えることが私達の努めです。以後このようなことのないよう、私達一人一人が気をつけて看護にあたりたいと思います。ご意見をいただき、本当にありがとうございました。

家族(父)が入院しています 母しか面会証がありません 娘の私にも面会許可証を下さい。毎回、受付でナースセンターにでんわしてもらうのはとても手間がかかると思います。

貴重なご意見をいただきありがとうございました。
面会制限に関しては、多くの患者、ご家族の皆様から様々なご意見をいただいております。病院の中で、十分な感染対策をとるために決まり事を設けておりますが、徹底されていない部分につきましては、今後、周知方法を含めて、再検討させていただきます。

自治医大の看護学科の実習があり一週間程担当してもらいました。その中で"手洗い"と"環境整備"について教えてもらう機会がありました。両方共感染症リスクという点で貴重なファクターであると感じた一方で両方共に患者に対しての指導がないと思いました。「手洗いして下さい」は言われますが正しい手洗い方法の指導が無いため人によってバラツキが出ています。病室毎に手洗い方法の表示物が貼ってありますが...異色化してしまって目に止まりません。"栄養指導"や"とちまめ会"等指導する機会を作っていらっしゃるのでそこに"手洗いの正しい仕方"を指導する時間を作ってはどうでしょうか?一緒に考えてくれた自治医大看護学科3年生の生徒さんさすがです。立派な看護師になると思います。教えてもらったこと、大事に実践していきます。ありがとうございました。

貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございました。
病院の中で感染対策の基本となるのが、手洗いと環境整備であるという認識はご指摘のとおりです。職員にむけての手洗い指導、また、患者、その家族の皆様に関しても、患者会などを利用して感染予防対策についてお伝えしていきたいと考えております。