病院のご案内
  1. トップページ
  2. 病院のご案内
  3. アニュアルレポート
  4. 泌尿器科

泌尿器科【アニュアルレポート】

1.スタッフ(2019年4月1日現在)

科長 (教授) 藤村 哲也
医局長 (講師) 安東  聡
病棟医長 (講師) 藤﨑  明
外来医長 (学内講師) 杉原  亨
医員 (教授) 八木澤 隆(兼)
中井 秀郎(兼)
(准教授) 高山 達也
(講師) 南木 浩二(兼)
(助教) 川合 志奈(兼)
木下 善隆
病院講師   亀井  潤
中村  繁(兼)
病院助教   小松原麻衣子
亀田 智弘
久保 太郎(兼)
清水 俊洋(兼)
新里 高広(兼)
シニアレジデント   6名

2.診療科の特徴

当科では腎細胞癌、尿路上皮腫瘍(腎盂腫瘍、尿管腫瘍、膀胱癌、尿道癌)、前立腺癌、精巣腫瘍などの悪性疾患と、尿失禁、骨盤臓器脱、尿路感染症などの良性疾患に幅広く対応している。前立腺癌、腎臓癌のロボット支援手術に加えて、2018年6月から北関東で初めて膀胱癌に対するロボット支援膀胱全摘除術・完全体腔内尿路変更術を保険診療を開始し、安定した治療成績を収めている。

去勢抵抗性前立腺癌の集学的治療、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤による転移性腎癌の治療、抗癌剤、免疫チェックポイント阻害剤による転移性尿路上皮癌の治療を得意としている。尿失禁に対する人工尿道括約筋埋込術、尿道スリング手術や難治性過活動膀胱に対する仙骨神経刺激療法にも取り組んでいる。

施設認定

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 腹腔鏡下小切開手術認定施設

専門医

日本泌尿器科学会専門医 藤村 哲也 他12名
日本泌尿器科学会指導医 藤村 哲也 他9名
日本小児泌尿器科学会認定医 中井 秀郎 他2名
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 藤村 哲也 他2名
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 腹腔鏡下小切開手術(ミニマム創内視鏡下手術)施設基準医 藤﨑  明
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医 藤村 哲也 他3名
日本生殖医学会 生殖医療専門医 安東  聡
ダヴィンチサーティフィケーション 藤村 哲也 他9名
泌尿器ロボット手術支援プロクター 藤村 哲也 他2名

3.診療実績・クリニカルインディケーター

1) 新来患者数・再来患者数・紹介率

外来患者総数 18,126人
新来患者数 再来患者数 紹介率
848人 17,275人 83.7%

2) 入院患者数(病名別)

入院患者延数 9,165人 (入院主病名数 920例)
病名 件数
【副腎】
原発性アルドステロン症 1
転移性副腎腫瘍 7
【腎・尿管】
腎癌 101
腎血管筋脂肪腫 2
腎膿瘍 3
腎結石症 27
腎動静脈奇形 2
特発性腎出血・MVR 3
腎後性腎不全 6
腎盂腎炎 16
水腎症 9
腎盂癌 58
尿管癌 39
尿管結石症 53
腎盂尿管移行部狭窄症 1
尿管腟瘻 1
【膀胱・尿道】
膀胱癌 204
大腸癌膀胱浸潤 2
膀胱結石症 3
膀胱腸瘻 1
膀胱腟瘻 1
膀胱タンポナーデ 8
間質性膀胱炎 2
骨盤臓器脱 3
尿路感染症 18
腹圧性尿失禁 1
尿道損傷 2
尿道出血 1
尿閉 1
血尿 5
小計 575
【前立腺】
前立腺癌 206
  (去勢抵抗性-86を含む)
前立腺癌の疑い 78
前立腺肥大症 10
急性細菌性前立腺炎 2
【精巣】
精巣腫瘍 12
精巣上体炎 3
精巣捻転症 2
男性不妊症 1
精索静脈瘤 6
【陰茎】
陰茎癌 1
【その他】
後腹膜腫瘍 3
後腹膜線維症 3
イレウス 2
うっ血性心不全 2
フルニエ壊疽 1
原発不明癌 1
敗血症 5
肺塞栓症 1
発熱性好中球減少症 1
性腺外胚細胞腫瘍 2
尿膜管癌 1
尿膜管膿瘍 2
小計 345
合計 920

3)-1 手術(検査入院)症例病名件数

手術症例疾患数 (泌尿器科) 494例
術式病名 件数
【副腎】
副腎腫瘍 1
【腎・尿管】
腎癌 69
腎血管筋脂肪腫 1
腎膿瘍 1
腎結石症 23
水腎症 10
多発性のう胞腎 1
特発性腎出血 1
腎盂腎炎 1
腎盂癌 14
尿管癌 12
尿管結石症 41
尿管腟瘻 1
【膀胱・尿道】
膀胱癌 110
大腸癌膀胱浸潤 1
膀胱結石症 2
膀胱タンポナーデ 1
膀胱炎 2
尿失禁症 3
膀胱脱 1
骨盤臓器脱 1
尿路感染症 1
尿道結石嵌頓 2
小計 300
【前立腺】 
前立腺癌 67
前立腺癌の疑い 88
前立腺肥大症 8
【精巣】 
精巣腫瘍 9
精巣上体炎 2
精巣捻転症 2
精索静脈瘤 6
男性不妊症 1
陰のう膿瘍 1
【陰茎】
陰茎癌 1
【その他】 
後腹膜線維症 2
フルニエ壊疽 1
リンパ節転移 1
原発不明癌 1
性腺外胚細胞腫 1
尿膜管癌 1
尿膜管膿瘍 1
小計 194
合計 494

3)-2 手術術式別件数

手術数 (泌尿器科)566例
術式名 件数
【副腎】 
腹腔鏡下副腎摘出術 1
【腎・尿管】
腹腔鏡下腎摘除術 26
腎摘除術 21
ロボット支援腎部分切除術 24
腎部分切除術 5
腹腔鏡下腎尿管摘出術 3
腎尿管摘出術 12
経尿道的尿管砕石術(TUL) 38
経皮・経尿道同時内視鏡手術(ECIRS) 11
経皮的腎・尿管砕石術(PNL) 5
体外衝撃波砕石術(ESWL) 34
腎盂切石 3
尿管切石 1
腎盂形成術 2
経皮的腎瘻造設 17
尿管ステント留置 15
人工尿道括約筋植込術 2
腎盂尿管凝固止血術 1
残存尿管摘出術 1
【膀胱】 
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURB) 100
ロボット支援膀胱全摘除術 14
膀胱全摘除術 4
膀胱砕石 6
膀胱水圧拡張術 2
膀胱止血 1
【前立腺】 
ロボット支援根治的前立腺摘除術 56
前立腺全摘除術 3
経尿道的前立腺切除術(TURP) 9
【精巣】 
高位精巣摘除術 9
両側精巣摘除術 7
顕微鏡下低位精索静脈瘤手術 7
精巣固定 2
陰嚢水腫根治術 1
精管結紮術 1
【陰嚢・陰茎】 
陰茎全摘除術 1
鼠径リンパ節郭清術 1
【女性骨盤底】
TOT+TVM 1
TVM 2
【その他】
後腹膜リンパ節郭清術 3
後腹膜腫瘍切除術 1
尿膜管摘出術 2
デブリードマン 1
【検査】 
前立腺針生検(P生検) 94
腎盂・尿管ファイバースコピー 14
後腹膜生検 2
合計 566

4)化学療法症例・数

療法名 疾患名 件数
CBDCA/GEM 腎盂癌 5
尿管癌 1
膀胱癌 8
CDDP/GEM 腎盂癌 7
尿管癌 3
膀胱癌 19
腎癌 1
CDDP/VP-16 前立腺癌 1
膀胱癌 1
DEC 前立腺癌 1
DOC(Taxotere) 前立腺癌 20
GEM/PTX 尿管癌 1
膀胱癌 3
MMC(膀胱内注入) 膀胱癌 30
M-VAC 膀胱癌 1
TIP 精巣腫瘍 1
VIP 精巣腫瘍 2
BEP 精巣腫瘍 3
Modified BEP 精巣腫瘍 1
カバジタキセル 前立腺癌 6
合計 115

5)放射線療法症例・数

疾患名(原発部) 件数
腎癌 5
腎盂癌 3
尿管癌(IMRT:2件を含む) 6
膀胱癌 11
前立腺癌(IMRT:82件を含む) 97
陰茎癌 1
精巣腫瘍 2
合計 125

6)その他の療法(免疫療法)症例・数

  件数
分子標的薬 ネクサバール 4
スーテント 8
アフィニトール 3
インライタ 25
ヴォトリエント 8
免疫チェックポイント阻害薬 オプジーボ 13
オプジーボ・ヤーボイ 1
キイトルーダ 15

7)死亡症例・死因・剖検数・剖検率

死因 部検数 部検率
腎癌 3  
腎盂癌 2    
尿管癌 2    
膀胱癌 3    
前立腺癌 2    
敗血症 2    
合計 14 0 0.00%

8)主な処置・検査

処置・検査 件数
内視鏡検査 硬性膀胱鏡 48
軟性膀胱鏡 1,102
測 定 ウロフロメトリー 920
ウロダイナミクス(UDS) 2
超音波検査 腹部超音波検査 288
前立腺超音波検査 0
処置 尿道カテーテル交換(挿入・抜去) 605
腎・尿管・膀胱瘻カテーテル交換 692
膀胱洗浄 677
腎盂洗浄 613
残尿測定:導尿 18
残尿測定:エコー 1,423
注射 1,944
尿道ブジー 66
膀胱内薬注入療法 140
陰嚢水腫穿刺 16
保健指導 自己導尿・洗浄指導 32
腎ろう管理指導 3
尿カテ管理指導 43
在宅自己導尿指導管理 595
ESWL 体外衝撃波砕石術(入院) 0
体外衝撃波砕石術(外来) 34
その他 生検・手術 726
合計 9,987

9)カンファランス症例

  • 毎週火曜日に外来カンファレンス・術前カンファレンス・術後カンファレンスを開催している。
  • 毎週木曜日に病棟カンファレンスを開催している。
  • 他科とのカンファレンスは症例毎に個別対応としている。
  • 他職種とのカンファレンスは症例毎に個別対応としている。

10)キャンサーボード

なし

11)クリニカルインディケーター

  合計 前年比 内訳(主病名) 備 考








再入院 3 +3   1   2  
褥瘡 0 0          
再手術 1 0     1  
術後感染 2 +2   2      
術後合併症 0 -1        

4.2019年の目標・事業計画等

  • 新専門医制度における専攻医教育を充実させる。
  • 前立腺癌・腎臓癌・膀胱癌に対するロボット支援手術を拡充させる。
  • 腹腔鏡技術認定医による安全な腹腔鏡技術を実践する。
  • 抗癌剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤を用いた薬物治療を充実させる。
  • 関連病院と実地医家との連携を図り、地域医療を充実させる。

5.過去実績