医療情報部[アニュアルレポート] | 病院のご案内 | 自治医科大学附属病院
病院のご案内
  1. トップページ
  2. 病院のご案内
  3. アニュアルレポート
  4. 医療情報部

医療情報部【アニュアルレポート】

1.スタッフ(2021年4月1日現在)

2.診療部の特徴

日々の診療で用いられる病院情報システムの維持・管理および年度毎の改修を行っている。さらに医療・看護情報、医事会計情報などを二次利用するためのデータ抽出作業を各診療科や部門から依頼され、抽出結果を返している。診療情報管理室ではカルテ管理、診療情報管理およびがん登録のための集計作業を行っている。

3.活動内容、実績

[システム運用管理室]

システム運用管理室は、システム化要望のとりまとめ・仕様確認・進捗確認などの開発業務、70を超えるシステム・約100台のサーバー・約2,500台のPC端末、約2,200台の患者呼出機、看護支援用の1,150台のiPod Touch等のハードウェア・ソフトウェアの保守管理業務、システムの問題管理・仕様変更管理などのシステム運用、医学研究支援の各種データ抽出、病院職員への端末操作研修などの業務を行っている。また、システム開発委託契約・保守契約・システム関連機器の購入契約などの契約業務も行っている。2020年は症例報告や各種臨床研究、経営指標等のために約1,031件のデータ抽出依頼に対応した。障害対応とヘルプデスク(システム利用者からの問い合わせ対応)は、休日を含む24時間体制で行っている。

現行の病院情報システム(JUMP)は、2014年に外部コンサルタントを導入し、各種検討会・ワーキンググループで仕様書を作成、2015年にその仕様書に基づき入札公告、応札のあったメーカーから当院が提示した仕様・予算枠への対応に関する回答があり、病院情報システム拡大委員会の厳正な検討にて開発メーカーを選定して開発をスタートし、36のワーキンググループにて業務・機能検討を重ね、各種テスト、リハーサルを経て、2017年1月に更新稼働した。その後、PACS(放射線画像システム)、眼科システムが2018年に、検体検査システム、内視鏡検査システム、病理検査システム、細菌検査システム、POS(医療費支払い)システムが2019年に、周産期カルテシステム、PACS(放射線画像システム)をベースとしたVNA(医療画像統合データアーカイブシステム)が2020年に稼働した。

また、次の病院情報システム(JUMP)の更新については、費用縮減のためさいたま医療センターと極力仕様を合わせることを検討し共同でシステムの調達することとなっており、2024年の更新に向けてコンサルを導入し、共同調達のため栃木とさいたま合同の体制を作成、情報の収集・調査を開始した。

4.2021年の目標・事業計画等

2021年については、心臓超音波動画配信システムの更新稼働、放射線被ばく管理システムを新規に構築し稼働させる計画である。また、患者案内表示盤について、設置場所ごとに更新の必要性を検討しての更新稼働を計画している。データ二次利用について、データを検索するツールの操作性を向上し操作者の利便性を向上させることを計画している。

[診療情報管理室]

主な業務は、DPC調査、院内がん登録、退院前DPC検証、退院サマリー等の診療記録点検、診療情報の提供(カルテ開示)、各種データ抽出であり、専任の診療情報管理士が中心となって業務にあたっている。

本年の実績は以下のとおり。

  1. 院内がん登録は、3,653症例を登録し、全国集計へ提出した(2019症例)。
  2. 退院サマリーの退院後14日以内完成率は、毎月90%以上を維持した。
  3. カルテ開示は、69件の開示を行った。
  4. 83項目からなる病院機能指標を編纂した。
    また、当室で収集・管理しているDPC退院調査情報等から、病院活動に必要なデータの抽出・集計等を行った。

[看護情報管理室]

看護情報管理室は看護部副部長を兼務する室長と、専従の看護師長、主任看護師、計3名で構成されている。病院情報システム、看護支援システムの開発・運用管理を担当している。主な業務は看護師の業務に関わるシステムの仕様・運用に関する問題対応、操作訓練、各種マスタ管理(指示簿、標準看護計画、看護ケア用語等)、看護師向けに電子カルテ情報のデータ抽出等を行っている。看護師が使用しているノートPCやiPod touchなどの機器の管理、円滑な運用のための指導を行っている。また重症度、医療・看護必要度の検証の実施、新たな可算取得のためのシステム改修、情報システム運用マニュアルの改訂の検討を行った。

操作訓練は新入職者に対して実施、他に中途採用者、育児休暇からの復帰者に対しても実施している。また、自治医科大学附属病院看護部門への臨地実習生に対して個人情報保護を踏まえた病院情報システムの取り扱いに関する説明と操作研修を実施している。電子カルテ不正使用の防止策として、職員に対しては不定期に、学生に対しては実習終了時にアクセスログ調査を行い、個人情報保護委員会に報告をしている。

マスタ関係では各部署で行っている標準看護計画の見直し・新規作成のための支援を行っている。看護師勤務管理システムについては勤務記号の整理や勤務時間設定の変更を実施している。看護師の業務量進捗状況の可視化を図り、チーム間、部署間応援への活用を目的に導入した看護師業務量進捗管理システム(JUNIORS)運用管理をしている。

電子カルテデータ活用では看護研究・看護業務改善などに利用するために看護師の申請に応じたデータの抽出をはじめ、各部署の年度目標設定とその評価、看護部BSC策定とその評価、施設基準申請のためのデータ提供を行っている。看護師からのデータ利用申請は年々増加して年間500件を超え、現在、看護情報管理室の中心業務となっている。今後も当院における看護実践の効率化や標準化、看護の質の向上に貢献できる活動を行っていきたいと考えている。

MDC別退院患者数(グラフ1参照)

※包括対象のみ

DPC入院期間別診療科別退院患者割合(グラフ2参照)

※包括対象のみ

5.過去実績