診療科のご案内

診療科紹介

診療体制

外来日 月(午後)・火・水・金(午後) 
※当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。
手術日 月曜日 木曜日 金曜日
問い合わせ先 自治医科大学さいたま医療センター 呼吸器外科 遠藤俊輔 手塚憲志 金井義彦
Tel:048-647-2111
FAX:048-648-5188

治療方針

迅速で的確な診断と最適な治療法の提供

肺腫瘍の大きさや位置に応じて、気管支鏡や胸腔鏡を用いて迅速で正確な診断を心がけております。治療が必要な場合、患者さんと十分に話し合い手術に限らず、ベストな治療法を選択できるような診療体制を心がけております。

患者本位の医療

当院(さいたま市)は自治医科大学病院(栃木県)と密接に連携をとって肺癌治療に取り組んでいるため、患者のみなさまの居住地や治療法に応じてどちらの施設で治療を受けても支障がないようにしております。

総合的な医療の確立

合併症を持った肺癌患者さんの治療を積極的に取り組んでいることです。患者さんの病気はひとつとは限らず、糖尿病や心臓、肝臓などに障害を持った肺癌患者さんが多くいます。このため私たちは従来の縦割り医療から脱却し、複数の科と協同で総合的に肺癌治療を行っております。手術はできる限り負担の少ない胸腔鏡手術を選択しております。昨年当科で手術を受けた約224人のうち23人10%の方が重大な合併症を有しておりました。弁膜症や狭心症合併15例(冠動脈バイパス術や冠動脈血管内治療併用など7例)、腎不全で透析を併用していた方5例、頚髄症性脊髄症の手術を併用した方2例、胆石胆嚢炎治療を併用した方1例でした。

得意分野

肺癌に対する内視鏡手術

内視鏡手術
早期の肺癌であれば、数個の穴を胸に開けて行う胸腔鏡で肺癌を手術することが可能です。主に肺癌に対して肺葉切除や区域切除を行った患者さんの70%の方が胸腔鏡で手術を受けられております。内視鏡で手術を行うことができれば、通常の手術と比較し手術後の痛みも軽度で、早期の社会復帰も可能となります。

スタッフ紹介 (平成26年4月1日現在)

遠藤 俊輔

助教授
職名 (併任)教授
出身大学 筑波大学
(昭和58年)
得意分野 外科専門医・指導医
胸部外科学会指導医
日本内視鏡外科学会指導医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
呼吸器専門医(外科)

坪地 宏嘉

坪地宏嘉
職名 准教授
副科長
出身大学 東北大学
(平成7年)
得意分野 外科専門医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
呼吸器専門医(外科)

遠藤 哲哉

職名 助教
出身大学 昭和大学
(平成15年)
得意分野 外科専門医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医
呼吸器専門医(外科)

真木 充

職名 臨床助教
出身大学 弘前大学
(平成22年)
得意分野 呼吸器外科全般

ページの先頭へ