診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

肺癌

肺癌は罹患率、死亡率ともに急増しており、21世紀に医療が取り組まなければならない最も重要な癌の一つとされております。肺癌の特徴は、発見しにくく、転移し易いことであります。我々はこれらに対処すべく、CTやPET導入による肺癌の早期発見、診断未確定肺小腫瘤病変への胸腔鏡手術導入による早期診断治療を行っております。また進行肺癌に対しては、術前に微小転移を制御するため術前化学療法を行っております。肺癌の進行している患者さんには全身状態に応じて手術方法の選択のみでなく、術前後の抗癌剤治療を組み合わせて行なうというものです。自治医大グループの成績ではIA期肺癌術後5年生存率は80%、IB期60%、II期50%でIIIA期45%となっております。さらに不幸にも再発した患者さんに対しても緩解が得られるよう、手術・放射線・抗癌剤治療を病状に応じて選択し治療を行っております。

1)末梢小型肺癌

小さい肺癌でリンパ節転移がない場合、手術を行えばほぼ完全に治すことができます。しかし我々の経験で直径が2cm以下の肺癌であっても20%が近くのリンパ節に転移しており、これらの患者さんの多くは5年以内に再発する確率が高くなってしまいます。1.5cm以下ではリンパ節転移の確率は5%、1cm以下では0%であり、従って肺癌が小さい時期に診断し治療を行なえばよいのです。しかし小さな腫瘍では気管支鏡で診断をつけることが困難なため、胸に直接内視鏡を挿入するいわゆる胸腔鏡検査で診断し治療することが必要です。この検査は全身麻酔で行い、検査中にその腫瘍を診断し、肺癌であった場合同時に手術(肺葉切除術)を行なっています。診断までが1時間、その後の治療手術が2時間合計3時間程度で終了できます。入院期間は術前2~3日術後7日間程度です。

2)進行肺癌

肺癌が進行し、直径が3cmを超えたり、近くのリンパ節に転移したり、胸壁に浸潤していても切除は可能ですが再発率が高くなります。これは手術前の検査で診断できない微小な転移がこの時期の肺癌患者さんでは多く見られるためです。このため当科では手術後に抗癌剤治療をお勧めしています。従来と違って、最近の抗癌剤は薬剤を的確に選択すれば、副作用も少なく、抗がん効果も期待できるようになってきております。

3)再発肺癌

不幸にして肺癌が再発してしまった患者さんも現在では悲観する時代ではなくなってきております。近年登場したイレッサや新規抗癌剤などで治療すれば、改善する患者さんもおられます。また再発部位が一箇所であれば手術療法や放射線療法を併用し、緩解が期待できる方もおられます。

自然気胸

肺から空気が漏れて、肺を包んでいるボックスいわゆる胸腔に空気が貯留し、肺が小さくなってしまう状態です。漏れた空気を胸に挿入した管を通して脱気することで肺は膨らみ気胸は改善します。通常は胸を強打して起こす外傷性気胸が一般的ですが、胸を打たなくても自然に気胸になった場合を自然気胸と言います。漏れる空気の量が多かったり持続したりすれば、脱気を持続して行なわなければならず、その結果入院期間が長期に及ぶため手術が必要になります。自然気胸になる人は、脆弱な肺(ブラ)を持っており、20歳前後から80歳に至るまで発症年齢は様々です。胸部CTで原因となるブラが確認されれば胸腔鏡手術をお勧めします。通常手術は30-60分程度で終了し、術後3日程度で退院できます。

縦隔腫瘍

縦隔とは読んで字の如く、胸の中で心臓や肺以外の縦方向の隙間のことを言います。ここに発生する腫瘍の70%は良性ですが、悪性のこともあり、検診などで発見されましたら、早めに相談してください。5cm以下の良性腫瘍であれば、胸腔鏡下手術が可能で、1時間半程度の手術で術後3-5日程度で退院できます。

重症筋無力症

重症筋無力症とは運動神経と筋肉とのコンセント(神経筋接合部)に障害が生じた結果、発生する病気です。多くの方は瞼の筋肉や首の筋肉から発症するため、瞼が下がり眠たそうな目になったり、物が二重に見えたり、食物が飲み込みにくくなって診断されます。重症筋無力症の原因となる神経筋接合部の障害を来たす原因が胸腺(心臓の前に存在するリンパ免疫組織)からの指令で産生されていることが多いため、胸腺を摘出することにより70%の人が改善を40%の人が完全に治ります。

外来診療

外来患者さんの多くは肺癌の患者さんで、その内訳は手術後の定期検査の方が6割で、外来抗がん剤治療をお受けになられている方が2割、手術前の検査中の方が残りの2割です。7割以上の方が他病院から呼吸器内科を通して紹介された患者さんです。

外来日 月(午後)・火・水・金(午後)
問い合わせ先 自治医科大学さいたま医療センター 呼吸器外科 遠藤俊輔
Tel:048-647-2111 内線2230
e-mail:tcvshun@jichi.ac.jp
FAX:048-648-5188

当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。
紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

入院診療

平成18年の入院患者総数は295名で平均在院期間は16日でした。肺癌に対する手術治療の患者さんの平均在院日数は18日でしたが、胸腔鏡を用いた肺癌手術患者さんの在院日数は13日(手術後9日間)でした。

診療実績

2004年までは年間20人前後の方が肺癌の手術を受けられておりましたが、近年の増大する肺癌患者さんに迅速な治療を提供するため、呼吸器外科は新たな医師を加え、独立した診療体制に変更しました。

手術症例数

疾患別

疾患名 手術数
(2012) (2013)
肺疾患 原発性肺癌 135 130
転移性肺腫瘍 41 28
良性腫瘍 4 4
嚢胞性疾患 気胸 55 50
巨大・感染性肺嚢胞 3 2
びまん性疾患 5 7
炎症性疾患 24 21
気管疾患 0 0
胸壁・横隔膜疾患 膿胸 17 18
胸壁腫瘍 1 2
横隔膜 0 0
縦隔疾患 良性腫瘍 18 16
悪性腫瘍 11 15
重症筋無力症 2 2
胸膜疾患 胸膜中皮腫 2 1
その他 10 27
合計 328 323

ページの先頭へ