診療科のご案内

診療科紹介

診療体制

整形外科全般を扱っていますが特に脊椎脊髄疾患、変形性関節症や原発性骨軟部腫瘍を中心に一般外傷まで幅広く扱っています。また、12歳以下の小児についてはセンターの原則に従い、原則的に診療を行っておりません。新鮮外傷などの救急疾患も治療しておりますが、外来は紹介を原則としているため、紹介されてくる難治例が診療の中心となっております。そのため対象疾患は変性疾患や骨軟部腫瘍などの高度な専門性が要求される疾患が中心です。原発性骨軟部腫瘍を扱っている関係上、整形外科としては珍しく積極的に化学療法も行っています。
本院は日本整形外科学会の研修指定病院です。
脊椎、人工関節、外傷など整形外科の一般的な治療は全て行えますが特に原発性骨軟部悪性腫瘍を得意分野としています。原発性骨軟部悪性腫瘍については本邦の約1%の患者様を手術しており、埼玉県を中心に広く隣接県からも患者様を受け入れています。
手術件数は、平成14年 174件であったのが平成25年438件と年々増加しています。割合的には変性疾患である頚椎・腰椎を主とする脊椎手術、股関節や膝の人工関節などが多くなっています。また、脊髄腫瘍や原発性骨軟部悪性腫瘍などの難易度の高い手術も増加しています。

得意分野

【骨軟部腫瘍】
原発性骨軟部悪性腫瘍は日本全国で年間3000人程度しか発生しないまれな疾患です。骨軟部腫瘍が整形外科のほかの分野と一線を画すのは生命に直結することです。よって、骨軟部腫瘍の治療においては救命が第一の目標になります。化学療法や広範切除術と呼ばれる切除法など一般整形外科では行わない治療法や治療概念が必要とされ、機能再建にも非常に高度な専門性が要求されます。また、他科との連携が重要な分野であり、病院自体の医療レベルが高くないと診療を行うことができません。そのため骨軟部腫瘍を扱っている病院は非常に限られています。当院は骨軟部腫瘍を専門的に扱う、埼玉県の中でも数少ないセンター病院の一つです。

人工関節
骨盤腫瘍に対する骨盤半載術

スタッフ紹介 (平成29年4月1日現在)

秋山 達

秋山 達
職名 教授
科長
出身大学 H8 東京大卒
得意分野 日本整形外科学会専門医、癌治療認定医、医学博士
骨軟部腫瘍を専門にしています。当センターでは骨盤、体幹部が多い印象があります。 骨軟部腫瘍の多施設研究を複数実施しています。
また、人工関節やリウマチ性疾患の手術なども行っています。

朔 伊作

朔 伊作
職名 助教
出身大学 H18 東海大卒
得意分野 日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
整形外科一般を行っています。
関節鏡・膝・スポーツ整形に力を入れています。

神田 翔太郎

神田 翔太郎
職名 助教
出身大学 H20 山形大卒
得意分野 日本整形外科学会専門医
整形外科一般を行っています。
脊椎外科に力を入れています。

福島 崇

福島 崇
職名 臨床助教
出身大学 H21 鳥取大卒
得意分野 日本整形外科学会専門医
整形外科一般を行っています。
関節外科に力を入れています。

西村 貴裕

西村 貴裕
職名 臨床助教
出身大学 H24 佐賀大卒
得意分野 整形外科一般を行っています。

税田 和夫

税田 和夫
職名 非常勤講師
出身大学 S61 東京大卒
得意分野 日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医
常勤時代担当の患者さんを診せて頂いています。

大山 素彦

職名 非常勤講師
出身大学 H9 自治医大卒
得意分野 常勤時代担当の患者さんを診せて頂いています。

遠藤 実

遠藤 実
職名 非常勤講師
出身大学 H11 富山大卒
得意分野 日本整形外科学会専門医、日整会認定脊椎脊髄病医、日整会認定運動器リハビリテーション医
常勤時代担当の患者さんを診せて頂いています。

ページの先頭へ