診療科のご案内

診療科紹介

診療体制

当科は総合医学第1講座の腎臓内科部門を担っており、入院、外来、透析の3部門より構成されています。入院ベッド数は15床で医局員とレジデントからなるチームによる診療をおこなっています。1チーム5-10名の患者さんを担当しています。外来診療は毎日2診体制で腎臓内科専門外来をおこなっています(当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です)。透析ベッドは19床で腎臓内科の担当医師2名と臨床工学士、看護師によるチーム医療をおこなっています。腹膜透析にも対応しています。腎移植は自治医科大学本院腎臓外科や近隣の腎移植実施医療機関に紹介しています。

治療方針

入院診療では腎疾患全般を幅広く診療しています。毎週火曜日に症例カンファレンスと教授回診をおこない科内で診断および治療方針を統一して診療にあたっています。 外来診療では地域の先生方との診療連携に力をいれ、検尿異常や腎機能低下の疑われる症例は積極的にご紹介頂き、当科で精査した後、逆紹介または併診による診療連携を実践しています。 また保存期慢性腎臓病患者診療は栄養部とも協力し、患者受診毎のきめ細やかな食事指導をおこない腎代替療法導入時期を遅らせるように努めています。 また保存期の比較的早期から透析部看護師による保存期腎不全教室および腎代替療法教室を受講してもらい、保存期腎不全での生活や3種類の腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)について詳細な説明をうけて頂いたうえで、必要な時期がきたら患者さんの希望に基づいた腎代替療法選択を提供しています。
透析部では血液透析患者さんは透析導入後に状態が安定した後は近隣透析施設にご紹介し、維持透析を継続して頂くようにしています。腹膜透析患者さんは当科外来で通院加療して頂いています。 また透析部では血漿交換療法(PEX)、二重膜濾過血症交換法(DFPP)、LDL吸着療法、顆粒球除去療法などあらゆる特殊血液浄化に対応しており各診療科と密接に連携をとりながら診療にあたっています。

得意分野

腎生検数は年間60-80件程度で推移しています。腎生検所見は病理部の先生方と症例毎に詳細な腎病理所見を解析し、腎組織に基づく集学的治療をおこなっています。その他IgA腎症に対する扁桃摘出術+副腎皮質ステロイドパルス療法、遺伝性多発性嚢胞腎へのトルバプタン導入、ファブリー病への酵素補充療法など指定難病に対する専門的治療もおこなっています。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

年間血液透析導入患者数は100例前後で血液透析に必要なブラッドアクセス(内シャント、長期留置型血液透析カテーテル)作成も難しい症例は心臓血管外科の先生方にご指導頂きながら当科で作成しています。血液透析患者さんの内シャント狭窄に対してカテーテルによる経皮的シャント拡張術(PTA)も放射線科の先生方にご指導頂きながら実施しています。腹膜透析診療にも熱心に取り組んでいます。年間腹膜透析導入数は10-20例程度で推移していて、近年腹膜透析患者数は増加しています。腹膜透析カテーテル挿入も当科でおこなっています。
透析部では急性・慢性腎不全症例への血液透析導入、合併症治療のため入院加療中の維持血液透析症例への血液透析をおこなっています。血液透析施行件数は年々増加しています。また特殊血液浄化療法は施行回数が年間150-250件程度で推移しており、ANCA関連糸球体腎炎、ループス腎炎、ギランバレー症候群等に対する血漿交換療法(PEX)や二重膜濾過血症交換法(DFPP)、ステロイド抵抗性巣状糸球体腎炎、閉塞性動脈硬化症に対するLDL吸着療法、潰瘍性大腸炎等に対する顆粒球除去療法など診療科の依頼に広く対応しています。血液科の骨髄移植治療のサポートとして末梢幹細胞・骨髄採取や、消化器内科や外科を中心とした腹水濾過濃縮再静注法(CART)のサポートとして腹水濾過濃縮も担当しています。

  • 画像4
  • 画像5

スタッフ紹介 (平成30年4月1日現在)

森下 義幸

森下 義幸
職名 教授、科長
出身大学 自治医科大学
得意分野・専門領域 腎疾患領域のドラッグデリバリー
腎疾患におけるマイクロRNAの解析
慢性腎臓病患者の身体活動

大河原 晋

大河原 晋
職名 教授
出身大学 自治医科大学
得意分野・専門領域 臨床水電解質 透析患者の体液管理

星野 太郎

星野 太郎
職名 講師
出身大学 群馬大学
得意分野・専門領域 腎臓病学
透析療法学(腹膜透析含む)
バスキュラーアクセス

平井 啓之

平井 啓之
職名 助教
出身大学 三重大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

伊藤 聖学

伊藤 聖学
職名 助教
出身大学 昭和大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

植田 裕一郎

植田 裕一郎
職名 助教(出向中:さいたま市民医療センター)
出身大学 日本医科大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

宮澤 晴久

宮澤 晴久
職名 助教
出身大学 福井大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

北野 泰佑

北野 泰佑
職名 臨床助教(出向中:JCHOさいたま北部医療センター)
出身大学 福井大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

進藤 充稔

進藤 充稔
職名 臨床助教
出身大学 日本医科大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般・バスキュラーアクセス

松山 桃子

松山 桃子
職名 臨床助教
出身大学 埼玉医科大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

睦好 祐子

睦好 祐子
職名 臨床助教 (国内留学中:日高病院)
出身大学 新潟大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

金子 昌平

金子 昌平
職名 臨床助教
出身大学 東海大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

湊 さおり

湊 さおり
職名 臨床助教
出身大学 日本大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

森野 諄紀

森野 諄紀
職名 臨床助教
出身大学 高知大学
得意分野・専門領域 腎臓・透析一般

石井 洋輝

石井 洋輝
職名 大学院生
出身大学 秋田大学
研究内容 糖尿病性腎症を調節するマイクロRNAの解析

矢内 克典

矢内 克典
職名 大学院生
出身大学 筑波大学
研究内容 老化腎障害(腎硬化症)を調節するマイクロRNAの解析

青松 昭徳

青松 昭徳
職名 大学院生(社会人)
出身大学 岐阜大学
研究内容 急性腎障害を調節するマイクロRNAの解析

杉山 倫子

杉山 倫子
職名 大学院生(社会人)
出身大学 山形大学
研究内容 慢性腎臓病患者の血糖変動の解析

非常勤講師

 上田善彦:獨協医科大学埼玉医療センター 病理診断部 教授

非常勤医員

 森 穂波 :JCHOさいたま北部医療センター
 賀来 佳男:上野原市立病院
 島野 靖正:埼玉県立がんセンター
 下山 博史:友愛日進クリニック

集合写真

ページの先頭へ