1. HOME
  2. 特殊有床診療部門のご案内
  3. 成人先天性心疾患センター

成人先天性心疾患センター

成人先天性疾患センターは先天性疾患を持つ患者さんが小児期から成人期に至るまで継ぎ目なく継続性をもって診療が受けられることを目標にしています。

概要

成人先天性心疾患センター

従来、小児の疾患と考えられていた先天性心疾患が手術成績の向上、診断や経過観察成績の向上に伴って長期生存が得られるようになった結果、現在では全先天性疾患患者数の半数が成人年齢に達している実情(未治療だけでなく治療途中や治療後も含む)と、根治手術とされた疾患でも術後経過の長期化に伴って遺残症・続発症・合併症などの後遺症の問題から成人期になって再手術を要する場合も見られたり、女性患者さんでの妊娠・出産の問題などが明らかとなってきました。

また先天性疾患(特に手術後)では適切な診療に特殊な知識や情報も必要です。さらにこうした患者さんの経過観察・日常診療を担当する部署が不明であったため、受診をより効率的にし、院外の先生方と連携も強化する目的で2008年4月に開設されました。循環器内科、心臓血管外科の成人部門と循環器小児科、小児・先天性心臓血管外科を中心に成人先天性心疾患者さんの心臓に関する診療を行います。その他、妊娠・出産や成人に特有の心臓以外の疾患の診療については適宜当該科と連携をとりながら診療を進めます。院外で受診中の患者さんの紹介や現在受診されていない患者さんの新たな受診の際の窓口としても機能することを目的としています。 通常の経過観察や検査、薬剤による治療のほか、必要に応じて再手術などの診療や他疾患治療時の心臓に関する指導などを行っています。病院全体での先天性心疾患を有する患者さんの診療のコントロールを行っていきます。

診療は原則として循環器内科、心臓血管外科、循環器小児科、小児・先天性心臓血管外科での外来診療、循環器センターでの入院診療を中心に行います。

心房中隔欠損のカテーテル治療の施設認定を取得後、昨年から導入した、心房中隔欠損のカテーテル治療は、現在まで成人を中心とした14例の患者さんに実施し、良好な結果を得ています。短期入院・手術なしでの治療は多忙な方・女性患者さんなどにも喜んでいただいています。

当科の実績はアニュアルレポート(循環器センター内科部門参照)をご覧ください。

診療体制

循環器内科、心臓血管外科、循環器小児科、小児・先天性心臓血管外科のスタッフが兼任で診療にあたります。成人先天性心疾患患者さんの妊娠・出産やセカンドオピニオンに際しても中心となって活動を予定しています。2013年11月から専任の今井靖医師も加わり、体制設備も進んでいます。

臨床研究に関する情報公開について

インフォームド・コンセントを受けない場合において『臨床研究指針』第4,1(2)〈細則〉に基づき、以下の通り情報公開します。

詳細はこちらをご覧ください。

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ