病理診断部

病理診断部は患部から採取された細胞、組織片から、病変の性質を判定し、臨床各科と連携のもと、質の高い医療の提供に貢献しています。

病理診断部オリジナルサイトはこちらから

診療内容・対象疾患

病理診断部

病理診断には生検診断、細胞診、手術検体組織診断、術中迅速診断、剖検の5種類があります。生検では病変から採取された微量な組織片で腫瘍の確定や炎症の病型分類を行います。細胞診では病変部位から得られた細胞の形態所見から悪性腫瘍の診断を行います。手術症例に関しては、摘出標本から組織切片を作製して病態の確認や今後の疾病経過を予測します。また、手術中の迅速診断により術式の適正化を図ります。剖検では、ご遺体の解剖を通じて診断・治療を再検討し医療の向上に役立てます。

対象疾患

自治医科大学附属病院で施行した病理検体のすべてを中央施設部門として一元的に取り扱っています。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

診療体制

病理医スタッフ16名(うち認定病理専門医11名)、病理・細胞診技師16名で臨床全科の病理診断を行っています。

診療(治療)方針

病理検体から得られる情報を過不足なく担当医へ伝えます。

得意分野

  • 消化器(消化管・肝胆膵)疾患の病理診断
  • 呼吸器疾患の病理診断

先進医療・特殊医療

  • FISH法による遺伝子増幅検査
  • ISH法によるEBウイルス産物、HPVウイルスの同定
  • パラフィン材料からの免疫グロブリン、T細胞受容体clonalityの検出

主な検査

  • 病理組織診断(生検、手術検体、術中迅速診、剖検)
  • 細胞診
  • 免疫組織化学検査
  • 電子顕微鏡検査
  • 蛍光抗体検査
  • 分子生物学的検査

その他

臨床科と合同で症例検討会を開催し、医療の質の向上に貢献しています。

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ