1. HOME
  2. 中央施設部門のご案内
  3. 光学医療センター(内視鏡)内視鏡部

光学医療センター(内視鏡)内視鏡部

光学医療センターでは消化器・呼吸器の内視鏡医療を行っています。先進的内視鏡技術を取り入れ、消化器・呼吸器疾患の早期診断・治療を目指しています。

診療内容・対象疾患

光学医療センター(内視鏡)内視鏡部

様々な消化器・呼吸器疾患に対する、内視鏡を用いた診断と治療を行っています。日常的な疾患から特殊な疾患まで、最先端の機器と技術で幅広く対応しています。特に当科で開発した小腸内視鏡(ダブルバルーン内視鏡)は症例数も多く、世界中から注目されています。

対象疾患

食道・胃静脈瘤、食道癌、逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸出血、小腸腫瘍、小腸狭搾、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸癌、胆嚢癌、胆管癌、胆管結石、胆管炎、閉塞性黄疸、膵臓癌、膵嚢胞、膵石肝臓癌、慢性肝炎、肝硬変、原発性肺癌、転移性肺癌、びまん性肺疾患、気道出血、肺炎、胸膜炎など。食道・胃静脈瘤、食道癌、逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸出血、小腸腫瘍、小腸狭搾、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸癌、胆嚢癌、胆管癌、胆管結石、胆管炎、閉塞性黄疸、膵臓癌、膵嚢胞、膵石、肝臓癌、慢性肝炎、肝硬変、原発性肺癌、転移性肺癌、びまん性肺疾患、気道出血、肺炎、胸膜炎など。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

診療体制

各分野の専門医を中心に、内科系・外科系の連繋を密にし、総合的な視野で腫瘍性疾患や炎症性疾患の診断・治療を行っています。また、救急疾患に対応できるよう24時間体制をしいております。

診療(治療)方針

「患者さんに負担のない、精度の高い内視鏡診断・治療」を目指して、チーム医療に取り組んでいます。

得意分野

  • 消化管腫瘍に対する内視鏡的治療(ESD)
  • 食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的治療
  • 譚胆道疾患(腫瘍・結石)の内視鏡診断・治療
  • 肝臓癌に対する腹腔鏡下治療
  • 局麻下胸腔鏡による胸膜疾患の診断

先進医療・特殊医療

  • ダブルバルーン内視鏡を用いた各種小腸疾患(出血・狭窄・腫瘍など)の治療
  • カプセル内視鏡を用いた小腸疾患の診断
  • 超音波内視鏡による血流評価に基づく静脈瘤治療
  • 画像強調内視鏡(BLI,i-CI,NBI)による消化管腫瘍の診断
  • 肝臓癌に対する腹腔鏡下ラジオ波焼灼療法(LRA)
  • 胆管・膵管ステント留置
  • 膵仮性嚢胞の超音波内視鏡下穿刺ドレナージ術
  • 超音波気管文鏡下生検
  • 気道ステント留置

主な検査

上部内視鏡(経口・経鼻)、下部内視鏡、小腸内視鏡(ダブルバルーン内視鏡・カプセル内視鏡)、胆・膵内視鏡、超音波内視鏡(上部・下部・小腸・胆膵・静脈瘤・肝臓)、腹腔鏡、気管支鏡、超音波気管支鏡、胸腔鏡

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ