中央施設部門のご案内
  1. トップページ
  2. 中央施設部門のご案内
  3. 臨床検査部

臨床検査部

臨床検査部は、血液、尿などの体液を扱う検体検査部門と心電図検査、脳波検査、超音波検査などを行う生理機能検査部門から構成されています。

概要

検体検査部門では、ほとんどすべての検査を院内で行っています。とくに、遺伝子検査室は、TaqManPCR法でB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの定性・定量および結核菌や抗酸菌の検出を行い、リアルタイムPCR法で急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病のキメラ遺伝子の検出を行っています。生理機能検査部門でも、いろいろな検査を行っています。とくに、超音波検査室は、腹部、心臓、甲状腺、頸部、乳腺、下肢静脈などの超音波検査を超音波専門医および超音波検査士が行っています。

検査体制

休日を含む24時間体制で検査を実施しています。

検査方針

最新の検査機器を導入して迅速な検査を行い「診察前検査」を実施しています。また、すべての項目について内部精度管理を行っており、安全で精確な検査データを提供しています。

主な検査

検体検査部門

尿・髄液一般検査、便検査、血液一般検査、血液凝固検査、染色体検査、生化学検査、酵素・脂質分画検査、免疫血清検査、感染症検査、遺伝子検査、細菌検査

生理機能検査部門

循環機能検査(心電図、負荷心電図、ホルター心電図など)肺機能検査(スパイログラム、機能的残気量、肺拡散能力、簡易睡眠ポリグラフ、終夜睡眠ポリグラフなど)脳神経機能検査(脳波、神経伝導検査、針筋電図など)超音波検査(腹部、心臓、甲状腺、乳腺、下肢静脈など)