1. HOME
  2. 中央施設部門のご案内
  3. 鏡視下手術部

鏡視下手術部

 鏡視下手術部は、鏡視下手術のトレーニングとマネージメントを行う診療科横断的な中央部門として2007年10月設立されました。

診療内容・対象疾患

鏡視下手術部

本学実験医学センター医療技術トレーニング部門と共同で、ブタを用いた鏡視下手術トレーニング(JMU鏡視下手術シミュレーション)を年6回開催。鏡視下手術機器、録画システムの統一的運用を行っています。2013年11月から手術支援ロボット(Da Vinci Si)のトレーニングを開始しました。

対象疾患

消化器・一般外科、呼吸器外科、産婦人科、泌尿器科などの鏡視下手術対象疾患。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

診療体制

鏡視下手術実施各科との連係を重視して、運営しています。

診療(治療)方針

「安全で快適な鏡視下手術」を目指して、鏡視下手術機器、手術室の整備を行っています。JMU鏡視下手術シミュレーション、手術支援ロボットトレーニングを核に、鏡視下手術のスキルアップを図っています。

得意分野

  • 鏡視下手術システムの構築
  • 鏡視下手術録画システムの構築

先進医療・特殊医療

  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術
  • ロボット手術
  • 腹膜播種治療

スタッフ紹介

教授(兼)
細谷 好則
准教授(兼臨床腫瘍科)
山口 博紀
准教授(兼)
髙山 達也
准教授
佐久間 康成
准教授
竹井 裕二

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ