診療科のご案内

中央放射線部

スタッフ紹介 (平成31年4月1日現在)

副部長(教授) 白井 克幸
技師長 1
副技師長 3
主任診療放射線技師 8
診療放射線技師 44
放射線医師 2
看護師 16
受付 2
トランスクライバー 1
業務補助 1

部門の特徴

 近年の医療技術の進歩と多様化する医療ニーズに応えるため、放射線部では320列MDCTや3TMRIなどの最先端装置をはじめ、血管撮影装置、PET―CT、X線TV装置など数多くの検査機器を備え、多種多様な検査を実施しています。また、平成29年度に一般撮影システムはCRからFPDに全面リニューアルされ、より迅速に安全で質の高い検査を提供できるようになりました。さらに、放射線治療においては最新のリニアック装置(Elekta社製VersaHD)が設置され、画像誘導放射線治療(IGRT)に加えて、前立腺及び頭頚部の強度変調放射線治療(IMRT)や体幹部定位放射線治療(SBRT)などの高精度放射線治療も実施しています。

診療実績

過去5年間の中央放射線部での検査および治療件数の内訳を下の表に示す。

  平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
診断 単純撮影 78,990 82,856 86,920 88,238 93,461
消化管、内視鏡 1,390 1,260 1,157 1,418 1,516
泌尿器、他 1,461 1,310 1,649 1,866 1,867
血管造影、IVR 877 672 592 677 881
心カテ、PCI 1,837 1,989 2,427 2,496 2,523
CT 40,552 41,392 44,352 45,208 47,003
MRI 11,626 11,371 12,178 12,554 13,129
核医学 心筋シンチ 378 349 290 331 395
その他シンチ 1,073 1,145 1,267 1,187 1,067
PET-CT 1,778 1,840 1,866 1,693 1,521
治療 新患数 344 354 382 296 351
のべ治療件数 7,746 7,729 7,990 6,890 7,192

カンファレンス

診断部門 毎日8:15~8:45(金曜は7:45~8:45)
治療・核医学 随時
放射線診療技師、医師、看護師とのカンファランス 随時

研究・学会活動

放射線技術学会、放射線腫瘍学会、核磁気共鳴学会、放射線技師会、各部署単位で行われている研究会などにも積極的に参加し、業務の質向上に努めています。

その他

今後も、CT、MR、PET-CT等の進歩が著しい検査装置を中心に、順次最新の装置に更新していく予定です。

ページの先頭へ