診療科のご案内

地域医療連携部

ごあいさつ

地域医療連携部 部長 寺井千尋
当センターが地域に根ざした病院、かつ高度急性期病院としての機能を維持するには、地域の医療機関との緊密な連携が必要です。地域医療連携部は院内外に対する集約的な窓口として機能するために、病診連携室、総合相談室、退院支援室の3室を置いています。
 地域の限られた医療資源を有効に使うには、当センターが重症の患者さんを受け入れ、安定したらかかりつけの医院やリハビリを行う病院などにバトンを渡すという役割分担が重要です。患者さんのスムーズな社会復帰や円滑な退院・転院のために、患者さんや家族の支援として医療福祉相談、退院・転院を調整する退院支援を行っています。また当センター診療体制の対外広報を行い、医療関連の最新情報を院内各職種へ届けるためのサポートにも取り組んでいます。さらに当センターが地域がん診療連携拠点病院に指定されたことから、がん相談支援センター業務の充実に努めています。
 今後、国により地域包括ケアシステム構築が推進されるとともに、地域医療連携部の果たす役割はますます大きくなると思われます。

地域医療連携部 部長 寺井千尋

組織図

組織図

各室紹介

【病診連携室】

病診連携室は、診療が円滑に進むよう、院内外の集約的な連携窓口としての役割を担っています。主に地域の医療機関への当センター診療体制に関する情報提供、患者紹介への対応及び紹介元医師への来院報告送付、並びに他院からの情報提供、緊急受診、転入院の依頼に関する対応を行っています。

担当業務
  • 他病院からの緊急受診、転院、情報提供に関する依頼や問い合わせに対応
  • 紹介元への来院報告送付
  • 紹介患者初診外来スケジュールの作成
  • 紹介・逆紹介に関する統計資料並びに脳卒中地域連携パスに関する資料作成

【総合相談室】

病気になると、健康な時には思ってもみなかったような問題や不安がいろいろと生じてきます。総合相談室では、医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)が、病気や障害によって引き起こされた心理・社会的問題について患者家族の皆様と共に考え、解決への援助を行っています。また、医師・看護師をはじめ院内他職種や地域の関係諸機関との連携をとりながら、治療・退院計画を側面から支援し、退院後の社会生活の安定を図っていきます。

担当業務
  • 医療費の支払い等経済的問題について
  • 社会保障・社会福祉制度の利用について
  • 退院後の在宅サービスの利用について
  • 転院・入所先の選定について
  • 治療中の不安や心配事について
  • 家庭や職場等社会生上の不安について

【退院支援室】

退院支援室では、病院から在宅医療へ移行する患者の皆様やご家族の方が安心して療養生活を送れるように、退院調整看護師が医師、病棟看護師、リハビリテーションスタッフや社会福祉士等とともにチームによる支援を行っております。更に、在宅で医療を担う訪問看護ステーションやケアマネージャーなどとの連携を図り、急性期病院として地域医療の役割が担えるよう努めてまいります。

担当業務
  • 退院に向けた看護、介護の相談や調整
  • 退院後に自己管理が必要な医療処置の継続についての支援
    (在宅点滴、人工肛門や人工膀胱、創傷管理、自己注射、吸引や酸素、呼吸器管理他)
  • 電動ベッドや車いすなどの介護用品の相談
  • 外来患者の医療処置や介護相談
  • 訪問看護ステーションやケアマネージャーとの医療や看護、介護の連携
  • 往診医や調剤薬局と点滴や処方の相談や配送の依頼

ページの先頭へ