診療科のご案内

内視鏡部

スタッフ紹介

部長 宮谷博幸
看護師長 見供恵美子

専任の医師はいないため、消化器内科・消化器外科・呼吸器内科・呼吸器外科の医師が兼任で内視鏡検査・治療にあたっている。
消化器内視鏡に関しては、曜日ごとに責任者を定めており、そのもとで主に消化器内科スタッフが検査・治療を行っている。火曜日午前の上部消化管内視鏡検査、火曜日金曜日の下部消化管内視鏡検査は外科のスタッフが加わっている。
気管支内視鏡検査は月曜日午後および水曜日午前に呼吸器内科、金曜日午後に呼吸器外科がそれぞれ検査にあたっている。
看護師は師長、主任以外に10名である。放射線技師1名、洗浄員2名、看護補助員1名、受付2名(3名が交代)で診療にあたっている。

診療科の特徴

最新の設備と優秀な人材をそろえ、地域の中核病院として高度な内視鏡技術を提供している。また教育施設として近隣の医療機関から多くの研修生を受け入れてきた。さいたま医療センター設立の大きな目的の一つが総合医の育成であり、内視鏡部、消化器内科においても医局員は各々の研究、専門分野を持つと同時に、内視鏡検査においては助教以下の全員が上部、下部の通常内視鏡検査に加えて、内視鏡治療、ERCP等もー通りこなせるように育成していくことを目標としている。また希望があれば消化器内科・外科以外からも積極的に研修を受け入れるようにしている。 近年消化管出血,閉塞性黄疸など緊急内視鏡検査・処置の必要な症例が増加しているが,内視鏡部では指導医と若手医師がペアとなり毎日緊急内視鏡当番を決めて、24時間対応の体制を取っている。

診療成績

(2018年1月~12月)

①上部内視鏡総件数  4727件
静脈瘤治療(EIS48件、EVL26件) 74件
上部ESD(食道31件、胃・十二指腸150)181件
胃十二指腸ポリープEMR 16件
食道・胃内異物除去 20件
食道狭窄拡張術   62件
胃十二指腸拡張術  3件
内視鏡的胃十二指腸ステント留置術5件
食道ステント留置術 6件
上部超音波内視鏡 805件
(専用機785件、EUS-FNA132件、瘻孔形成術15件)
内視鏡的胃瘻造設術 35件
内視鏡的イレウス管留置術 38件
緊急止血術(上部)  225例

②小腸内視鏡検査
バルーン小腸内視鏡 (上部39件、下部40件) 79件
カプセル内視鏡(SB-3 88件 パテンシー2件) 90件

③大腸内視鏡総件数 2962件
EMR,ポリペクトミー 673件
(2cm未満616件、2cm以上57件)
大腸ESD     137件
小腸結腸止血術  107件
下部消化管ステント 6件
小腸・結腸拡張術 19件

④ERCP 総数 567件
EST     114件
(砕石を伴うもの59件、EPBD6件)
胆管ステント留置術 127件
ENBD    158件
膵管ステント留置術 71件

⑤気管支鏡 総数335件
FBS 118件 緊急7件
TBLB 176件 緊急8件
超音波気管支鏡 26件
(EBUS-TBNA19件)

カンファレンス

毎週火曜日午後5時半より消化器内科と外科の内視鏡検査に携わっている医師が参加し、内視鏡室カンファレンスルームにて、前週の施行症例を中心にカンファレンスを行い、症例に応じて治療方針の検討を行っている。

今後の活動目標

安全で確実な内視鏡治療・検査

難易度の高い治療内視鏡の件数の増加が著しいが、事故のない、安全で確実な内視鏡検査、治療を行うことを第1の目標としている。

治療内視鏡

胃・食道・大腸ESDやERCP関連手技などの治療内視鏡症例数が増加している。地域の基幹病院として高度な内視鏡検査治療を求められており、そのための人材を育成している。

機能的疾患の診断

過敏性腸症侯群をはじめとするいわゆる機能的疾患が増加し、その診断、治療に難渋することが多い。特に十二指腸乳頭機能不全症(SOD)の診断治療には苦慮することが多いが、内圧測定等を行うことでその病態の解明に努めたい

超音波内視鏡・小腸内視鏡検査の充実

当施設は県下でも超音波内視鏡・小腸内視鏡検査・カプセル内視鏡検査の件数が非常に多いのが特徴である。今後も、超音波内視鏡・小腸内視鏡・カプセル内視鏡を用いた診断・治療をますます充実させていきたい。

炎症性腸疾患

潰瘍性大腸炎、クローン病に代表される炎症性腸疾患が著しく増加している。治療法も多岐にわたっており、内視鏡を用いた確実な診断を行い、適切な治療につなげていきたいと考えている。

臨床研究

消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査

(日本消化器内視鏡学会と共同、2019年4月1日より開始)

消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査

「研究協力のお願い」をごらんになりたい方は、PDFファイルのアイコンを
クリックするとダウンロードすることができます。

消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築

(日本消化器内視鏡学会と共同、2020年4月1日より開始予定)

消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築

「研究協力のお願い」をごらんになりたい方は、PDFファイルのアイコンを
クリックするとダウンロードすることができます。

ページの先頭へ