診療科のご案内

中央手術部

スタッフ紹介 (令和2年4月1日現在)

中央手術部は、部長 遠藤 俊輔教授(呼吸器外科)、笹岡 庸子看護師長(手術部)以下、麻酔科医師、看護師、臨床工学技士、薬剤師、看護助手、事務により構成されている。
他、清掃業務は外部委託を行っている。

中央手術部の特徴

現在、メイン手術室12室、日帰り手術室3室により手術を運営しているが、心臓血管外科、肝胆膵外科、呼吸器外科などを中心とする長時間の手術が多いこと、各科ともに手術件数が増加していることにより、オペ室はフル稼働している状況である。現在、手術室の増設に向けて計画中であるが、麻酔科医師ならびに手術室看護師のマンパワーにも限度があるために、限られた医療資源を効率的に使えるよう、空き枠の有効活用、効率的なスケジューリングならびに入れ替え時間の短縮などを行うことで対応している。
今年より救急指定を受け、地域の三次救急の受け入れを開始するため、外傷を中心とする重症救急患者がますます増加することが予想されている。このため、救急外来に増設された手術室ならびに、産科病棟に設置された手術室も運用するなど、最大限の手術枠を確保できるよう、現在準備を進めている。

診療実績(中央手術室手術実績)

令和元年科別手術実績(件数)
手術担当科 手術件数
1 外科 1,158
2 眼科 1,113
3 救急科 101
4 血液科 11
5 呼吸器外科 533
6 産科 246
7 歯科口腔外科 203
8 耳鼻咽喉・頭頸部外科 591
9 循環器内科 192
10 消化器内科 10
11 心臓血管外科 670
12 腎臓内科 140
13 整形外科 429
14 脳神経外科 438
15 泌尿器科 590
16 皮膚科 4
17 婦人科 274
総 計 7,074

ページの先頭へ