診療科のご案内

脳神経外科

質の高い医療をめざして

治療風景

当医療センターは政令指定都市さいたま市のほぼ中央に位置し、さいたま市のみならず埼玉県の中心的医療を担う病院と自負しております。

当センターの脳神経外科は、脳卒中など緊急性の高い中枢神経疾患にとどまらず、脳腫瘍、慢性脳虚血性疾患、脊髄疾患などに対して幅広い高度医療を提供することを目的とし、対象患者さんは市民の方々だけでなく周辺地域や遠方の県、海外からも来院されております。

当科の診療体制は、患者さんのかかりつけ医と緊密な病診連携を行っており、高度な脳神経外科医療が必要とされる場合の後方病院としての役割も担っています。主な治療の対象疾患は以下のとおりです。

(1)腫瘍性疾患

グリオーマや転移性脳腫瘍、脊髄腫瘍などで、特に熟練した技術が必要となる頭蓋底腫瘍やトルコ鞍部腫瘍(下垂体腫瘍も含む)に対する手術も日常的に行っております。また、放射線治療や診断についても、最新の設備を備えており、PETなどの特殊な検査も可能です。脳腫瘍手術はナビゲーションや神経生理モニタリングを使用し、安全な範囲での最大限の摘出と手術合併症の低減に努めております。

(2)脳血管障害

脳卒中の治療は救急科、神経内科と協力のもとに行なっております。当科では手術加療が必要な方の対応を主に行なっております。脳出血に対しては開頭または神経内視鏡による血腫除去を行なっております。脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術については、神経生理モニタリングを使用し、安全な手術操作に努めております。慢性脳虚血性疾患(頚部内頚動脈狭窄症や頭蓋内血管狭窄症、モヤモヤ病など)に対しても、頸動脈内膜剥離術(CEA)や、バイパス手術(high flow bypassを含む)などの積極的な血行再建術を行っております。

(3)機能的疾患

三叉神経痛や顔面けいれんなどに対して脳微小血管減圧術を行っております。

(4)脊髄疾患

脊髄腫瘍に限らず、脊椎症性脊髄症や脊柱管狭窄症などの変形性脊椎疾患や脊髄空洞症、キアリ奇形などの先天奇形まで幅広く手術を行っています。

脊椎変性疾患については顕微鏡を用いた安全な手術を心がけております。頚椎疾患については、前方手術(前方固定術)、後方手術(椎弓形成術、椎弓切除術、後方固定術)のいずれにも対応しております。胸腰椎疾患については、腰椎不安定性がない場合は極力顕微鏡を用いた後方除圧術(椎弓切除術)を行なっております。脊椎不安定性のある場合にはナビゲーションを使用し安全に配慮した椎体固定術を行なっております。手術中の出血量を極力抑えた手術を心がけており、高齢な方であっても術前のADLが保たれている方であれば、多くが術後1〜2週間で自宅退院されます。

(5)中枢神経外傷

神経外傷の治療は救急科と協力の元に行なっております。当科では手術加療が必要な方の対応を主に行なっております。急性硬膜下血腫や硬膜外血腫、脳挫傷のような疾患の緊急手術に対応しております。

また、お年寄りに多い慢性硬膜下血腫についても多数の紹介をいただいており、マンパワー、ベッド数が許す限り対応しております。

(6)脳神経血管内治療

当センター脳血管内治療の特徴は、脳卒中などの一般的な脳外科の血管内治療のみならず、経験と高度な技術を備えた専門医による血管内治療を受けることができることです。具体的には、治療が難しい大型の脳動脈瘤に対するフローダイバーター手術や、脳や脊髄の動静脈瘻(AVF)、動静脈奇形(AVM)、頭蓋底腫瘍、血管腫など比較的希な疾患の治療経験が豊富です。またこれらの疾患は、血管内治療のみならず、開頭術や放射線治療と組み合わせて、総合的に治療が行われることが多く、当センターのハイブリッド手術室を活用して専門的かつ集学的な治療を行っています。

治療風景2

ページの先頭へ