入試案内

HOME > 入試案内 > 看護学部入試案内 > キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスライフ

看護学部生の一日

寮生

私の寮生活

江馬 香織さん
(宮城県立仙台第一高等学校 出身)

初めての寮生活は、身の回りのことをすべて自分でやらなくてはいけないので最初は戸惑いました。今は、多くの友人に囲まれ楽しく過ごすことができています。寮の共有スペースであるサロンや集会室では、友人と互いに刺激しあいながら勉強に向き合うことができます。また、寮には24時間管理人さんがいてくれるので安心して寮生活を送ることができます。2年次の実習では、敷地内の病院で実習を行うことや、図書館で調べ学習や記録をすることができます。敷地内ですべて行えるので、とても便利です。今後益々勉強が難しくなっていきますが、皆で切磋琢磨していきたいです。

通学生

通学生の一日

木下 萌乃さん
(栃木県立宇都宮中央女子高等学校 出身)

自治医科大学に入学し早くも一年が経ちます。自治医科大学は図書館やサロンなど勉学に集中しやすい環境が整い、私たちは通学生だからこそ空き時間にそのような施設を最大限活用し、友人と高めあいながら学習に取り組んでいます。また勉学だけではなく部活動等にも積極的に参加しています。そこでの経験や出会いは、私にとって大きな支えとなっています。勉強はもちろん、様々なことに挑戦し、将来立派な看護師になれるよう努力していきたいです。

在学生の声

1年生

看護師としての基盤を固める1年

小野寺 将希さん
(栃木県立佐野東高等学校 出身)

梅宮+大樹1年次では看護の基礎を学ぶ科目が多くあります。必修科目に「看護学概論」や「看護技術論T・U」などの講義があり、学年が上がってから学ぶすべての看護技術や看護行為の基盤となる基礎知識を学ぶことができます。また、講義だけではなく「看護技術演習T・U」の演習科目によりより実践的な看護技術を身につけることができます。更に少人数グループに分かれての授業もあるので先生に直接質問する機会や他学生との意見交換の場となっています。この1年の学習を通して看護に対する興味・関心が入学前よりさらに高まり、今までまだまだ先の夢だと感じていたものが現実味を帯びてきたように感じています。

2年生

初めての病棟実習

堀江 玲那さん
(茨城県立水戸第二高等学校 出身)

恩田+天衣2年次での一大イベントは、約一か月間に渡る初めての病棟実習です。これまで学んだ様々な知識や技術を総動員して、実習に挑みます。実際に、生身の患者さんを受け持たせていただくと、教科書通りにいかないことや自分の力不足を痛感させられたことが多々ありましたが、実習班の仲間や担当の先生方、さらには臨床指導者の方が些細なことでも相談に乗ってくれたため大変充実した実習が出来ました。何より患者さんやご家族の方から「ありがとう」という言葉を頂き、“看護”という道に進んで本当によかったと思うことができました。

3年生

行動力・実践力を身につける1年

渡邉 春奈さん
(栃木県立栃木女子高等学校 出身)

宮川+遥3年次は実習が中心となります。病棟実習では、実際に患者さんを受け持ち、ケアを実践していきます。自分で看護計画を立案し実施するため、責任と難しさを感じましたが、その分やりがいも大きかったです。日々のカンファレンスでは、他のメンバーと意見を共有することでより広い視野と考えをもつことができます。地域におもむく実習では、保健事業への参加や健康教育の実施を通して、地域に根差した支援の重要性を学びました。対象が異なる様々なフィールドでの実習を経験することで、その現場ごとの看護職のやりがいと楽しさを実感できました。

4年生

4年間の学びを振り返り、今後の課題を見出す

長谷川 志穂さん
(群馬県立太田女子高等学校 出身)

赤羽+郁美4年次では、これまでの講義や演習、実習を通して学んだことの総まとめとして、自分でテーマを設定し研究することのできる、『看護総合セミナー』と『総合実習』があります。研究に取り組む中で、多くの知識を必要とすることや、看護の多様性に悩むことも多々ありましたが、研究にご協力いただいた患者さんやご家族、病院スタッフの皆さん、ご指導いただいた先生方の支えによって、とても深い学びを得ることができました。また、共に学び合い、高めあうことのできる仲間の存在も、大きな心の支えとなりました。4年次の学習を通して、私自身の新たな看護課題を見出すことができ、今後も学び続ける姿勢の大切さを強く感じる機会となりました。

看護学部生の1日の過ごし方

授業開始(8:50〜)

1時限の授業は8:50から始まります。1コマ90分です。
10分間の休憩を挟んで、10:30から2時限が始まります。

昼食時間(12:00〜)

12:00から13:00まで昼休みです。
学食や病院の食堂でランチを食べたり、学生サロンでお弁当をひろげて食べたりします。

午後の授業開始(13:00〜)

13:00から3時限が、14:40から4時限が始まります。

サークル開始(18:00〜)

放課後には、多くの学生がそれぞれの所属する部やサークルで活動しています。

同じ敷地内の看護学部学生寮

学生寮看護学部から徒歩約5分の場所に女子寮と男子寮があります。トイレ・エアコン完備でいずれも月額2万円(水道料込)。敷金や礼金もありません。現在、希望者のほぼ全員が入寮できます。
※大学周辺の同等のアパート家賃は約5〜6万円。

女子寮(268室)

鉄筋コンクリート7階建
≪個室≫16m2 小型キッチン・トイレ・ベッド・机を設置
≪共有スペース≫
・2つの浴室 ・各階の洗濯室(全自動洗濯機・乾燥機)
・集会室
*門限は23時・管理人が常駐
安全のため家族であっても男性は立入禁止です。

男子寮(12室)

2階建職員住宅内の居室を使用。
≪個室≫35m2
洗面・キッチン(IHクッキングヒーター)・バス・トイレなど設置

間取り