看護学部

HOME > 看護学部 > 看護学部の紹介 > カリキュラム

カリキュラム

カリキュラム

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

【看護学部】
教育目標を達成するために以下の方針に基づきカリキュラムを編成する。

  1. 看護学の学士力を養うために、看護師、保健師及び助産師に共通する看護学を基盤とした統合的なカリキュラムとする。
  2. 学生の希望を踏まえたキャリア形成を支援し、生涯学習の基盤となる幅広い教養と科学的思考力を育成するために、カリキュラムを編成する。
  3. 健康・人間・環境・看護を主要概念とし、看護基礎科学分野、看護学分野及び総合分野で構成し、各科目をバランスよく配置する。
  4. 看護学分野を発達過程に共通する看護実践と発達過程に焦点をあてた看護実践にわけて教育する。
  5. 少人数による教育や活発な討議の機会を多く設け、学生の主体的・創造的な学習を促進する。
  6. 看護実践能力を育成するために、看護学実習を重視し、看護実践への関心を早期から高め、多様な施設や場における実習を展開する。


教養科目と看護・保健の専門科目、実習科目をバランスよく配置した実践的カリキュラムで、豊かな心をもった質の高い看護専門職の育成を実現します。
また平成20年度から、現代の看護をめぐる環境の変化、医療制度の変化に対応した新カリキュラムがスタートしています。

カリキュラムの枠組み