診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

専門研修プログラムのご案内

臨床

糖尿病、高脂血症、高血圧など生活習慣病は年々増加の一途を辿り、おびただしい数の患者を生んでいます。これらの疾患の適切な管理は原疾患による合併症の抑止にとどまらず、心筋梗塞・脳梗塞や閉塞性動脈硬化症などの心血管系の疾患への進行阻止にも大きな力を発揮します。内分泌代謝科では、これらの疾患の治療を通じて患者のみなさまの予後の向上に努めています。指導医による研修医への1:1の指導を通じて研修医の知識、技能の向上とともに、臨床への興味も引き出せるように努力しています。将来いずれの診療科を専攻するにしても、避けて通れない生活習慣病の臨床を理解することはきわめて重要と考えられます。現在、当センターの糖尿病外来には約2,500名の患者のみなさまが通院しており、十分な臨床経験を積むことが可能です。
内分泌の疾患は、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などにみられます。頻度的には、バセドウ病や慢性甲状腺炎など甲状腺疾患が圧倒的に多いのですが、クッシング病、末端肥大症、下垂体機能低下症、尿崩症などの下垂体疾患、原発性アルドステロン症、クッシング症候群などの副腎疾患、副甲状腺疾患、インスリノーマ、低Na血症、高Na血症、低K血症など種々の原因による水電解質異常などの内分泌疾患も直接ベッドサイドで経験して、診断能力を高めることが大切です。私たちの科では、これら内分泌疾患の診断と治療を通じて研修医の実力を養成し、今後の診療で内分泌疾患を早期発見できる目を養うことをモットーにしております。
さらに、日本内科学会認定医、日本内分泌学会専門医、日本糖尿病学会専門医の試験に対応できる研修指導を行います。

研究について

多くの患者のみなさまに支えられる臨床研究に加えて、基礎的研究にも踏み込んで研修医の研究への関心を高めるよう努力しています。生活習慣病に付随する心血管系や腎の病変、血管生物学vascular biology、血管病態学、水電解質代謝とその異常、腎の尿濃縮機構とバソプレッシンの役割、腎のチャネル、とくにアクアポリン水チャネルの研究、心疾患における神経液性因子の動態、膵β細胞のインスリン分泌機構など幅広い分野で、研究活動を進めています。学会活動では、日本内科学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本腎臓学会、日本高血圧学会、日本動脈硬化学会、米国糖尿病学会、米国内分泌学会、米国腎臓学会などで研究成果を発表しています。また、これらの仕事を着実に論文にまとめるためていねいに指導しています。さらに、研修医の方々が将来行いたい研究分野にも幅広く対応できるように考えて他科との密接な連携をとりながら活動しています。

後期専門研修申込方法等について

連絡先:原 一雄  電話 048-647-2111 内線2200

カンファランス・連絡会

病棟カンファランス 火曜日 午後4時
病棟回診 水曜日 午後3時
総合回診 水曜日 午後4時
研究カンファランス 金曜日 午後4時

研究実績(2018年以降)

原著論文

  1. Suzuki D, Yamada H, Yoshida M, Funazaki S, Amamoto M, Morimoto J, Hara K. Sodium-glucose cotransporter 2 inhibitors improved time-in-range without increasing hypoglycemia in Japanese patients with type 1 diabetes: A retrospective, single-center, pilot study. J Diabetes Investig. 2020 Feb 26. doi: 10.1111/jdi.13240. Epub ahead of print. PMID: 32100964.
  2. Matsumoto Y, Yamada H, Yoshida M, Suzuki D, Saikawa R, Amamoto M, Funazaki S, Horiuchi I, Takagi K, Hara K. Background Factors Determining the Introduction and Dosage of Insulin in Women With Gestational Diabetes Mellitus. J Clin Med Res. 2019 Jun;11(6):447-451. doi: 10.14740/jocmr3824. Epub 2019 May 10. PMID: 31143312; PMCID: PMC6522231.
  3. Yamada S, Yamada Y, Irie J, Hara K, Kadowaki T, Atsumi Y. Societal Marketing in the Treatment of Type 2 Diabetes Mellitus: A Longitudinal Questionnaire Survey for Michelin-Starred Restaurants in Japan. Int J Environ Res Public Health. 2019 Feb 21;16(4):636. doi: 10.3390/ijerph16040636. PMID: 30795554; PMCID: PMC6406782.
  4. Morino J, Hirai K, Kaneko S, Minato S, Yanai K, Mutsuyoshi Y, Ishii H, Matsuyama M, Kitano T, Shindo M, Aomatsu A, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Hoshino T, Ookawara S, Hara K, Morishita Y. Two cases of advanced stage rapidly progressive diabetic nephropathy effectively treated with combination therapy including RAS blocker, GLP-1 receptor agonist and SGLT-2 inhibitor. CEN Case Rep. 2019 May;8(2):128-133. doi: 10.1007/s13730-019-00379-3. Epub 2019 Jan 20. PMID: 30663011; PMCID: PMC6450986.
  5. Saikawa R, Yamada H, Suzuki D, Amamoto M, Matsumoto Y, Funazaki S, Yoshida M, Toyoshima H, Hara K. Risk Factors of Hypoglycemic Encephalopathy and Prolonged Hypoglycemia in Patients With Severe Hypoglycemia. J Clin Med Res. 2019 Mar;11(3):213-218. doi: 10.14740/jocmr3728. Epub 2019 Feb 13. PMID: 30834045; PMCID: PMC6396785.
  6. Ohara-Imaizumi M, Aoyagi K, Yamauchi H, Yoshida M, Mori MX, Hida Y, Tran HN, Ohkura M, Abe M, Akimoto Y, Nakamichi Y, Nishiwaki C, Kawakami H, Hara K, Sakimura K, Nagamatsu S, Mori Y, Nakai J, Kakei M, Ohtsuka T. ELKS/Voltage- Dependent Ca 2+ Channel-β Subunit Module Regulates Polarized Ca2+nflux in Pancreatic β Cells. Cell Rep. 2019 Jan 29;26(5):1213-1226.e7. doi: 10.1016/j.celrep.2018.12.106. PMID: 30699350.
  7. Yamada H, Kakei M, Hara K. Effects of Repaglinide Versus Glimepiride on 1,5-Anhydroglucutol and Glycated Hemoglobin Levels in Japanese Patients With Type 2 Diabetes. J Clin Med Res. 2018 Nov;10(11):838-842. doi: 10.14740/jocmr3618w. Epub 2018 Oct 9. PMID: 30344819; PMCID: PMC6188029.
  8. Yamada H, Funazaki S, Suzuki D, Saikawa R, Yoshida M, Kakei M, Ishikawa SE, Morisita Y, Hara K. Association between Urinary Calcium Excretion and Estimated Glomerular Filtration Rate Decline in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: A Retrospective Single-center Observational Study. J Clin Med. 2018 Jul 10;7(7):171. doi: 10.3390/jcm7070171. PMID: 29996526; PMCID: PMC6069054.
  9. Iwata M, Hara K, Kamura Y, Honoki H, Fujisaka S, Ishiki M, Usui I, Yagi K, Fukushima Y, Takano A, Kato H, Murakami S, Higuchi K, Kobashi C, Fukuda K, Koshimizu Y, Tobe K. Ratio of low molecular weight serum adiponectin to the total adiponectin value is associated with type 2 diabetes through its relation to increasing insulin resistance. PLoS One. 2018 Mar 1;13(3):e0192609. doi: 10.1371/journal.pone.0192609. PMID: 29494595; PMCID: PMC5832218.
  10. Yamada H, Kusaka I, Saikawa R, Hara K, Kakei M, Ishikawa SE. Relationship Between Angiopoietin-Like Protein 8 and Fasting Serum Triglyceride Level. J Clin Med Res. 2018 Feb;10(2):134-136. doi: 10.14740/jocmr3286w. Epub 2017 Dec 30. PMID: 29317958; PMCID: PMC5755652.
  11. Yamada H, Saikawa R, Suzuki D, Matsumoto Y, Yoshida M, Hara K:Different Magnetic Resonance Imaging Manifestations of Diabetic Chorea in a Case with Hyperglycemia and Another One with Hypoglycemia.Case Reports in Clinical Medicine 7:220-224, 2018
  12. Yamada H, Kuro-O M, Funazaki S, Ishikawa SE, Kakei M, Hara K: The Urinary Phosphate to Serum Fibroblast Growth Factor 23 Ratio, Deemed the Nephron Index,Is a Useful Clinical Index for Early Stage Chronic Kidney Disease in Patients with Type 2 Diabetes: An Observational Pilot Study. Int J Nephrol.2: 7530923,2018
  13. Funazaki S, Yamada H, Matsumoto Y, Hara K:A case of insulinoma with improved reactive hypoglycemia after operation.Journal of Clinical and Diagnostic Research 12: OD04-OD06, 2018
  14. Matsumoto Y, Yamada H, Kakei M, Ishikawa SE, Hara K:A Case of Insulin Antibodies-induced Diabetic Ketoacidosis in an Elderly Man With Type 2 Diabetes Ameliorated with Prednisolone.Journal of Clinical and Diagnostic Research:12: OD19-OD21, 2018
  15. Funazaki S, Yamada H, Hara K, Ishikawa SE: Spontaneous pregnancy after full recovery from hypopituitarism caused by lymphocytic hypophysitis. Endocrinol Diabetes Metab Case Rep:EDM180081,2018

学会発表

  1. 山田穂高、船崎俊介、吉田昌史、伊藤聖学、出崎克也、川上正舒、矢田俊彦、石川三衛、加計正文、原一雄: 膵β 細胞GPR40 シグナルはPLC-PKC-TrpC 経路を介してインスリン分泌を増強する、第61回日本糖尿病学会年次学術集会、2018年5月24-26日、東京
  2. 山田 穂高、梅本 富士、船崎 俊介、吉田 昌史、河野 幹彦、川上 正舒、加計 正文、百村 伸一、石川 三衛、原 一雄: HDL、apoA-Iは脂肪細胞においてパルミチン酸誘導性のTLR4のラフトへの局在変化を抑制し、抗炎症性に作用する.第91回日本内分泌学会学術総会、2018年4月26-28日、宮崎
  3. 山田穂高、鈴木大輔、犀川理加、船崎俊介、天本美里、吉田昌史、田中隆久、松本裕子、豊島秀男、原一雄: 血中ANGPTL8濃度は空腹時中性脂肪レベルと関連する.第28回臨床内分泌代謝Update、2018年11月2-23日、福岡
  4. 犀川理加、山田穂高、鈴木大輔、天本美里、松本裕子、船崎俊介、吉田昌史、豊島秀男、原一雄:当センターにおける低血糖脳症のリスク因子の検討. 第61回日本糖尿病学会年次学術集会、2018年5月24日、東京
  5. 犀川理加、山田穂高、鈴木大輔、天本美里、松本裕子、船崎俊介、吉田昌史、豊島秀男、原一雄:両側性の腎血管性高血圧に対して経皮的血管拡張術を行った一例. 臨床内分泌代謝Update、 2018年11月18日、福岡

学会活動

国内

日本内分泌学会・日本糖尿病学会・日本糖尿病合併症学会・日本内科学会
日本腎臓学会・日本高血圧学会・日本動脈硬化学会、日本心血管内分泌代謝学会、日本循環器学会 日本臨床分子医学会 日本病態栄養学会

国外

米国内分泌学会・米国腎臓学会、国際腎臓学会
米国糖尿病学会、欧州糖尿病学会

ページの先頭へ