入試案内

HOME > 入試案内 > 看護学部入試案内 > 卒業後の進路

卒業後の進路

卒業後の進路

主に、以下のような職場で看護師・保健師・助産師として働いたり、大学院に進学したり、活躍のフィールドが広がっています。

病院・診療所

自治医科大学附属病院、附属さいたま医療センター、その他さまざまな医療機関・診療所での活躍が期待されています。卒業生の約90%が就職しています。

訪問看護ステーション

介護などを必要とする人々とその家族が、家庭において安心して療養生活が送れるよう、訪問看護を行っています。

小・中・高等学校など

児童生徒、教職員の健康の保持増進、また安全な生活のため学校保健活動を行っています。

保健所・市町村保健センター

公衆衛生の向上のため、地域のニーズに応じて幅広く活躍。市町村に設置されている保健センターでは、住民の健康相談、保健指導を行っています。

介護保険関連施設・社会福祉施設

病状が安定し、家庭復帰を目指す高齢者が入所する老人保健施設や、児童・障害者のためのさまざまな社会福祉施設で看護を担っています。

企業の健康管理室

働く人々の健康保持増進と病気の予防のため、また働く人々が安全に健康で働けるよう看護活動を行っています。

大学院への進学

本看護学部には大学院看護学研究科が併設されており、看護の専門性を高めて高度実践できる看護師や看護管理者、教育研究者にキャリアを発展させることができます。

大学院看護学研究科の博士前期課程では母性看護、小児看護、急性・重症患者看護、精神看護、がん看護の5分野の専門看護師と認定看護管理者を目指すことができます。

博士後期課程では、医療が直面している課題と多様で複雑化している地域の人々のニーズに対応できる教育研究者を育成しています。

専門看護師とは

日本看護協会より質の高い専門性と優れた看護実践能力を持つと認められたスペシャリスト。困難で複雑な健康問題を抱えた個人、家族、集団、地域などに効率よく水準の高い看護を提供します。5年以上(うち3年以上は専門分野)の実務経験と認定された教育課程のある大学院の修了が必要です。

認定看護管理者とは

日本看護協会より、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力があると認められた者。5年以上の看護実務経験と看護管理(本学は地域看護管理分野)の大学院等の修了が必要です。