看護学部 School of Nursing

看護学部

School of Nursing

小児看護学

Child Nursing

小児看護学

小児看護学は、様々な発達段階にある子どもとその家族を理解し、子どもがよりよい健康状態で生活するための支援について学びます。小児看護において対象となる子どもは、出生から15歳(中学生)の子どもです。

1年次には小児看護について総合的に理解し、その役割を学習するとともに、子どもの成長・発達について学びます。2年次になると、子どもの最良の健康状態を保持・増進するための、健康管理のあり方や小児期の日常的な健康問題と看護援助を学びます。また2年次から3年次にかけては、健康課題を持つ子どもと家族に対する、小児各期の特徴的な疾患や看護援助について学びます。3年次の実習では、これらの学習を統合し、入院している子どもとその家族に対する看護の展開を学びます。

人工呼吸器使用時等が安全に教育を受けるための支援マニュアル~学校外看護師にむけて~(2237KB)

教員紹介

教授 横山 由美 准教授 田村 敦子 講師 小西 克恵
助教 飯島 早絵